スマートフォン用の表示で見る

早坂文雄

音楽

早坂文雄

はやさかふみお

作曲家 1914年-1955年

1934年 札幌にて,伊福部昭三浦淳史らと「新音楽連盟」結成。

1935年 オーケストラ曲「2つの讃歌への前奏曲」を日本放送協会懸賞募集に応募。当選。

1937年 「古代の舞曲」でワインガルトナー賞受賞 1939年5月,斎藤秀雄指揮新交響楽団により初演。

1939年秋上京。映画会社東宝の音楽監督になる。映画音楽作曲も手がけ始める。

1940年 オーケストラ曲「序曲ニ長調」,1941年 オーケストラ曲「左方の舞と右方の舞」発表。

戦後は清瀬保二,松平頼則らと「新作曲派協会」を組織。”汎東洋主義(パン・エイシャニズム)”を自ら提唱し,戦前から研究を進めていた雅楽等,アジアの音楽を土台とした独自の作風を推し進める。

黒澤明監督「野良犬」「羅生門」「七人の侍」,溝口健二作曲「雨月物語」「近松物語」等々多くの映画音楽も手がける。