スマートフォン用の表示で見る

荘内銀行

一般

荘内銀行

しょうないぎんこう

沿革

1878年(明治11年)12月1日
第六十七国立銀行として創業。
1881年(明治14年)
第百四十国立銀行合併
1941年(昭和16年)4月7日
六十七銀行、風間銀行、鶴岡銀行、出羽銀行が合併し、株式会社荘内銀行 設立
1941年(昭和16年)12月
新庄銀行の営業を譲り受け
1942年(昭和17年)4月
安田銀行 鶴岡、酒田支店の営業を譲り受け
1943年(昭和18年)10月
荘内貯蓄銀行吸収合併
1951年昭和26年)2月
日本勧業銀行 鶴岡、酒田特設出張所の預金・業務を継承
1961年昭和36年)8月
富士銀行 米沢支店を継承
1996年(平成8年)2月
東邦銀行 山形支店の営業を譲り受け
1999年(平成11年)5月
仙台銀行 山形支店の営業を譲り受け
2009年(平成21年)10月1日
金融持株会社であるフィデアホールディングス 株式会社を設立し、傘下に入る。


リスト::銀行