堕落論

読書

堕落論

だらくろん

堕落論 (集英社文庫) 堕落論 (新潮文庫) 堕落論 (角川文庫クラシックス)

坂口安吾が、昭和21年(1946)4月、雑誌『新潮』に発表。

文芸評論家奥野健男は、「堕落論」を次のように評価している。「戦争下の無我の美しさをうたいしかしそれは死の美学であり、生きるためには人間は堕落せねばならぬ、墜ち切ることにより真実の救いを発見せよという訴えは、当時の若者たちにとって、戦前戦中の倫理観をいっさい否定し、戦後への主体的な生き方を教える革命的宣言として広く深い影響を与えた。」(『日本近代文学大事典』)

http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/42620_21407.html青空文庫