スマートフォン用の表示で見る

大山加奈

スポーツ

大山加奈

おおやまかな

バレーボール選手。ポジションはウイングスパイカー

1984年6月19日生まれ、東京都江戸川区出身。身長187cm、体重84kg。

ひまわり→成徳学園中学校→成徳学園高等学校*1東レアローズ(2003-2010)


妹の大山未希東レアローズに所属していたバレーボール選手で、現在はビーチバレーの選手。高校・東レの同期に荒木絵里香、2つ下の後輩に木村沙織がいる。

日本人離れした破壊力のあるスパイクが持ち味。ニックネームは「パワフル・カナ」。

高校3年生で全日本代表に選ばれ、2002年バレーボール世界選手権釜山アジア競技大会に出場。

2003年、東レ・アローズに入団し、第10回Vリーグ新人賞を受賞した。また、同年のバレーボールワールドカップでは、栗原恵とともに19才コンビとして注目を浴びた。

2004年、アテネオリンピックに出場。

その後は、持病の腰痛に長く苦しめられた。椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症と診断され、2008年8月には腰の大手術を行った。2009年3月にV・プレミアリーグに出場できるまで回復したが、同年12月に腰痛が再発して戦列から離脱。 懸命にリハビリに励んだが、2010年6月に現役引退を表明した。

2010年8月、東レから日本バレーボールリーグ機構に出向。

2011年7月、Vリーグ機構から東レに復帰。