竹久夢二

アート

竹久夢二

たけひさゆめじ

たけひさ・ゆめじ。画家・詩人。1884年(明治17年)−1934年(昭和9年)岡山県邑久郡本庄村(現:瀬戸内市)出身。。


数多くの美人画を描き、「夢二式美人」と呼ばれる独特の作風を確立した。挿絵も手がけており、その優雅な女性像は、当時の少女の憧れの的であった。大正浪漫を感じさせる雰囲気で今も人気が高く、全国各地に彼の作品を扱う美術館がある。