スマートフォン用の表示で見る

超人ロック

マンガ

超人ロック

ちょうじんろっく

少年漫画のタイトル。作者:聖悠紀。作者の代表作。

不老不死の超能力者ロックを主人公にしたSF漫画

21世紀の近未来から、1000年以上先の遠未来まで、人類の発展を背景にした様々なストーリーが展開される。

何度もアニメ化されており、劇場用映画(1983)の他にOVAシリーズも製作された。

歴史

1967年、作者がアマチュア時代に、同人グループ「作画グループ」の肉筆回覧誌に第一作「ニンバスと負の世界」が掲載される。

1977年みのり書房の雑誌「ランデヴー」に「新世界戦隊」が連載される。ロック商業誌初登場。

1979年少年画報社の週刊少年キングでの連載が開始される(以後1988年のキング休刊まで)。

その後、色々な雑誌を渡り歩きながら、2010年時点でも新作が発表されている。

詳細は→コミック『超人ロック』の歴史

余談

  • コミックは休刊と復刻を繰り返しており、少年画報社版、スコラ版、ビブロス版、メディアファクトリー版、等ファンが混乱するほど存在する。
  • 超人ロックを掲載・連載した雑誌はその殆どが休刊の憂き目にあっている事から、ファンからは「雑誌クラッシャー」「ロック最大の超能力は掲載誌を休刊させること」云々と言われる事も。