長宗我部盛親

一般

長宗我部盛親

ちょうそかべもりちか

宮内少輔、長宗我部元親の四男。

天正16年(1588年)秀吉小田原攻めに父とともに参加し、下田城を落城させる。

慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いでは東軍に属す腹づもりだったが、手紙が届かず奇しくも西軍に属してしまう。戦後、井伊直政を通じて徳川家康に謝罪したが家臣の讒言により兄津野親忠を殺したことより、所領を没収される。

慶長19年(1614年)恩賞土佐一国に応じて、大阪入城するも翌年夏の陣で敗戦、捕らえられ六条河原で斬首される。享年40歳。