スマートフォン用の表示で見る

天保の大飢饉

サイエンス

天保の大飢饉

てんぽうのだいききん

日本の天保4年(1833年)から天保10年(1839年)にかけて発生した大飢饉江戸四大飢饉の1つである。全国的な大雨、洪水と、それに伴う冷夏などが原因で、東北地方を中心に全国的な飢饉となった。