天明の大飢饉

天明の大飢饉

(サイエンス)
てんめいのだいききん

日本の江戸時代中期の1782年(天明2年)から1788年(天明8年)にかけて発生した飢饉。江戸四大飢饉の1つで、江戸時代最悪の飢饉であった。悪天候や冷害、岩木山や浅間山の噴火などによる農作物の不作による飢饉であった。また、1783年のアイスランドのラキ火山の噴火などが原因とされる世界的な異常気象も飢饉の原因の1つとされている。

新着ブログ: 天明の大飢饉