スマートフォン用の表示で見る

田中賢介

スポーツ

田中賢介

たなかけんすけ

プロ野球MLB選手(内野手外野手)。

1981年5月20日生まれ。福岡県出身。右投左打。トレードカラーはピンクで、本人のリストバンドなどにもピンクをあしらっている。その縁もあり、ピンクリボン運動と連動したトークショーが毎年恒例の行事。

2006年5月、スランプになったホセ・マシーアスの代わりに二塁手として出場。攻守で著しい成長を見せ、ファイターズ快進撃の原動力にもなった。ヒルマン野球の公式の一つ、「ひちょりが出塁して、ケンスケの送りバント」は定番となった。

2007年のオープン戦では、リードオフマンを試験的に担当するが、いまだ模索中である。

2008年はフォーム改良も心がけた。すでにホームランは6本と昨年よりも強打ぶりが現れている。

2010年より、稲葉篤紀キャプテンを務める一方で、選手会長に就任し、首位打者宣言を行なったが、タイトルは獲ることができなかった。来年の巻き返しが一層期待される。

2011年は2盗時に足を痛めてしまい、シーズン後半を棒に振った。

2012年からキャプテン稲葉篤紀から受け継ぎ、さらに元STVアナウンサー・西森ちほと結婚するなど公私ともに充実。同年6月1日現在、打率.320を記録しリーグ2位。本人はランディー・バースプロ野球記録を目指すと公言している。(北海道新聞2012年6月2日記事)

2012年、FA権を行使して、メジャー挑戦しサンフランシスコ・ジャイアンツマイナー契約マイナーリーグ左翼手へコンバートされた後、7月にMLBデビューした。

*1:3球団の競合。