スマートフォン用の表示で見る

東北地方太平洋沖地震

サイエンス

東北地方太平洋沖地震

とうほくちほうたいへいようおきじしん

2011年3月11日14時46分頃、三陸沖で発生した地震。英名「The 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake」(気象庁)。

太平洋プレートと北米プレートのプレート境界域における海溝型地震である。

西北西-東南東方向に圧力軸をもつ断層型。岩石が破壊された震源域は岩手県沖から茨城県沖までの南北約500km、東西約200kmの広範囲に及ぶ。

このような規模の地震は869年の貞観三陸地震(M8.3〜8.6)に続いて、約1000年ぶりに発生した可能性も指摘されている。

名称については気象庁が「平成23年(2011年東北地方太平洋地震」と命名した。なお、この地震に伴う災害の呼称について、3月中はNHK東北関東大震災、民放などが東日本大震災としていた。4月1日の閣議で正式名称が「東日本大震災」と決まった。


地震の被害については東日本大震災を参照。


発生時刻(JST)2011年3月11日14時46分18.1秒
震央地名・震源経緯度三陸沖、北緯38°6.2′ 東経142°51.6′ 地図
深さ24km
マグニチュード(Mw)9.0

前震

本震の2日前となる2011年3月9日の11時45分頃、三陸沖を震源とする、震源の深さ8km、マグニチュード7.3の地震があった。

第1波

14時46分、震源の深さ24km、マグニチュード9.0(暫定値。モーメントマグニチュードMwによる発表)の地震が発生。

宮城県栗原市築館で最大震度7を記録。震度7を記録したのは新潟県中越地震以来、7年ぶりで、日本の地震の中で3回目である。(前2回は兵庫県南部地震(Mj7.3/Mw6.9)、新潟県中越地震(Mj6.8/Mw6.6)。)

気象庁は日本観測史上では最大規模の地震であると発表、1900年以降世界で起きた地震の中で4番目に強い地震となった。

高度利用者向け緊急地震速報第1報では、「3/11 14:46:19発生 三陸沖でマグニチュード4.3、深さ10kmの地震が発生、最大予想震度2」との情報が配信されたが、最終報で「3/11 14:46:17発生 三陸沖でマグニチュード8.1、深さ10kmの地震が発生、最大予想震度7」と急激に上方修正された。

数分後、気象庁が最大震度6強を発表、それと同時に大津波警報津波警報津波注意報を発表。さらに数分後最大震度が7に修正された。

第2波以降

この地震に続いて、15時8分に最大震度5弱、同時9分に最大震度5強余震と思われる地震が発生。

宮城沖M8.4の地震発生から29分後、茨城県沖で最大震度6弱、深さ80km、M7.4の地震が発生、東北地方から関東地方にかけての広い範囲に甚大な被害をもたらした。北米プレートの端に沿って、このベルト上で多くの余震が発生している。

津波

大津波警報津波警報津波注意報およびが出されていた沿岸は以下。

大津波警報

津波警報

津波注意報

震度分布

震度7

宮城県

震度6強

宮城県

宮城県南部宮城県中部

福島県

茨城県 茨城県北部茨城県南部
栃木県 栃木県北部栃木県南部

震度6弱

岩手県 岩手県沿岸南部
岩手県内陸北部
岩手県内陸南部
宮城県
福島県 福島県会津
茨城県
栃木県
群馬県 群馬県南部
埼玉県 埼玉県南部
千葉県 千葉県北西部

震度5強

続きを読む

波及が指摘される主な地震

これらの地震は発生場所・地震の種類などが違うことから直接の関係はない(余震ではない)とされているが、地殻変動などから波及した可能性も指摘されている(誘発地震)。ただし、地震の波及効果については研究途上のため未だ解明されておらず、多くの専門家も関連性について「分からない」と回答している。