読本

読書

読本

とくほん

江戸時代中期〜後期。挿絵が少なく、読むことを主体にした本。『椿説弓張月』、『南総里見八犬伝』など。