スマートフォン用の表示で見る

内閣官房長官

社会

内閣官房長官

ないかくかんぼうちょうかん

内閣官房を所管する国務大臣内閣の事務を統括し、内閣の重要案件について調整を行う。

政府としての見解などの発表も行うため、『内閣スポークスマン』とも呼ばれる。

実質的には内閣総理大臣を補佐する役目を果たす。自民党においては、内閣総理大臣への登竜門といわれており、実際内閣官房長官経験者の多くが後に内閣総理大臣に就任している。

2009年9月16日現在(鳩山由紀夫内閣)の長官は平野博文衆議院議員民主党)。※現政権自民公明連立政権