日本新党

社会

日本新党

にほんしんとう

1992年に、当時熊本県知事を退任したばかりの細川護煕設立した政党

新進党に合流し、現在は存在しない。

なお、2005年に結成された新党日本と名称が似ているが、全く別の政党である。

無党派層」の圧倒的支持を受け、新党ブームの火付け役となった。それだけでなく、新生党新党さきがけなどと共に、自民党批判的な保守層中道層を取り込んだ。

1993年の宮沢内閣不信任後の総選挙で大勝し、非自民・非共産の八党連立連立政権細川護煕内閣が誕生。

自民党及び社会党二大政党が中心の「55年体制」が崩壊した。

細川内閣総辞職後の羽田内閣でも新生党などと連立するが、社会党との軋轢で連立が解消され、羽田内閣総辞職し、自民党社会党及び新党さきがけによる村山内閣が成立した。

その後、解党し、所属議員新進党に合流した(若手議員の一部は離党してグループ青雲民主の風を結成してのちに新党さきがけに合流した)。