日野晃博

ゲーム

日野晃博

ひのあきひろ

ゲームクリエイター株式会社レベルファイブ代表取締役社長。

1968年7月20日生まれ。福岡県出身

代表作に「レイトン教授」シリーズ、「イナズマイレブン」シリーズ、「ダンボール戦機」シリーズ、「機動戦士ガンダムAGE」など。

略歴

専門学校を卒業後、システムソフトリバーヒルソフトを経て、1998年10月にレベルファイブ設立ソニー・コンピュータエンタテインメント発売のRPGダーククラウド』と『ダーククロニクル』の開発を担当する。

その後、スクウェア・エニックスの大作『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』の開発をレベルファイブが受注。日野はディレクターを務め、2004年11月に発売された。

2005年、九州福岡にあるコンピュータゲーム開発会社の団体 GFF(GAME FACTORY'S FRIENDSHIP)の会長に就任。

2007年、初の自社販売タイトル『レイトン教授と不思議な町』を発売。大ヒットとなり、「レイトン教授」はシリーズ化された。

2008年、『イナズマイレブン』を発売。ゲームを原作にTVアニメや漫画へとメディアミックス展開を推進、これが功を奏して大ヒットとなり、一躍ヒットメーカーとして注目を浴びるようになった。

2011年、『ダンボール戦機』を発売。TVアニメ機動戦士ガンダムAGE』のストーリー・脚本を手がける。

2012年、『機動戦士ガンダムAGE』ゲーム版、『タイムトラベラーズ』を発売。