法学教室

読書

法学教室

ほうがくきょうしつ

法律系出版社・有斐閣からだされている、学生向けの法律雑誌。月一回発行。2004年度より紙面を刷新し、特集を中心とした従来の構成から、「基礎講座」「論点講座」「判例講座」「展開講座」「演習」などの連載による構成に変わった。定価1200円程度。2004年10月号よりamazonからも買えるようになった。

出版社/編集部からのコメント

本誌は豪華執筆陣による下記の4つ「講座」と「演習」から成り立っております。

【基礎講座】「法」を体系的に学べます。

【論点講座】「法」をより深くテーマごとに学べます。

【展開講座】判例を素材に「法」の適用を学べます。

判例講座】法科大学院の科目に出会えます。

【演習】自分で考えて、自分の力をチェックできます。

 そして、そのほかにも巻頭言・KEY WORD・時の判例・最近のおもな判決等興味深い記事が多数あります。

この雑誌について

法学教室は,わが国において最も権威があり,信頼されている学習法律雑誌です。

 50余年の伝統をもつ実用法律雑誌「ジュリスト」の姉妹誌として昭和55年に創刊して以来,法学部の学生に広く親しまれており,公務員司法試験をめざす人,会社員,法学研究者法曹実務家など,法律学を学ぶ人たちには欠かせない道標の書として好評を博しております。

 本誌は、法科大学院の開設に合わせて本年4月号より大リニューアルを施しました。新生「法学教室」は法科大学院―次代の法曹―を目指す人のやる気をサポートすることを目指しております。法科大学院を目指す学部学生を読者の中核と想定しつつ、法科大学院の学生、公務員、会社員、さらには、社会に出た後法律を学び直そうと思っている方、法律学に興味を持っている方々にも読んで頂けるものになりました。ついては、内容も入門的なものから、より法律学を深く理解するのに役立つもの、法科大学院での講義を意識しているもの、時事的なもの、実務的なものまで幅広く収録しております。