スマートフォン用の表示で見る

蜂須賀小六

社会

蜂須賀小六

はちすかころく

豊臣秀吉の家臣(1526〜1586年)

本名は蜂須賀正勝

もともとは野武士集団の筆頭であった。

墨俣で一夜城を築き上げる時に秀吉の配下となる。

以後は秀吉の下で外交や内政で活躍した。