北勢線

地理

北勢線

ほくせいせん

三岐鉄道の路線

西桑名駅阿下喜駅間 20.4km

2003年4月1日、近畿日本鉄道近鉄)から三岐鉄道が経営を引き継いだ。762mm軌間のミニ電車*1。最高速度45km/h。

駅の統廃合、線路の路盤・レール強化によりスピードアップ・所要時間短縮を目指している。

長年の懸案事項であった冷房化は、変電施設の整備に伴い導入が開始された。

2006年8月4日、1編成(モ272+サ147+ク172)が冷房化。以後2009年度までに全車冷房化の予定である。

2006年4月11日の大雨により橋梁が損傷し東員〜大泉間でバス代行輸送を実施したが、仮橋桁を作り暫定運行後、2006年7月7日橋桁の復旧により、2006年7月豪雨を乗り越え現在は平常運行となっている*2

駅名よみ
“えき”は略
西桑名駅にしくわな
馬道駅うまみち
西別所駅にしべっしょ
蓮花寺駅れんげじ
在良駅ありよし
星川駅ほしかわ
七和駅ななわ
穴太駅あのう
東員駅とういん
大泉駅おおいずみ
楚原駅そはら
麻生田駅おうだ
阿下喜駅あげき


リスト::鉄道路線

*1特殊狭軌。いわゆるナローゲージ

*2:最新の運行状況を保証するものではありません。