スマートフォン用の表示で見る

門倉貴史

一般

門倉貴史

かどくらたかし

日本のエコノミスト神奈川県横須賀市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。

大学卒業後は株式会社浜銀総合研究所に入社。その後、株式会社第一生命経済研究所経済調査部主任エコノミストを経て2005年7月からBRICs経済研究所代表となった。2007年同志社大学大学院非常勤講師

著書『日本人が知らなかったVISTA株』(翔泳社)で、BRICsに続く経済発展が見込まれる国々として、ベトナムインドネシア南アフリカトルコアルゼンチンを総称したVISTAという造語を提唱した。さらに、日本において初めて地下経済の研究に取り組み、地下経済に関する著作も多数発表している。またワーキングプアの啓蒙書も多数発表。