スマートフォン用の表示で見る

恋愛至上主義

読書

恋愛至上主義

れんあいしじょうしゅぎ
  • 恋愛をすることが何よりも良いとする価値観のこと。いわゆる「ロマンティック・ラブ」を至上の価値とすること。
  • 「お見合い」によって結婚することが主流だったが、女性の社会進出に伴い「自由恋愛」が結婚理由の上位になり、恋愛することが解放された。
  • 恋愛それ自体がマーケットとして価値を持ち、いわゆる「モテる方法」や「カップルで行く場所」などが消費の対象になるようになったことを批判するときによく使われる
  • もてない男・女たちが自らのルサンチマンから、使うことが多い。
  • 非モテ」と親和性があると考えられる。



このキーワード編集待ちキーワードです。 説明文の追記などをして下さるユーザーを求めています。

希望内容:明治以来の文学における恋愛至上主義についての補筆が為されると嬉しいです。