スマートフォン用の表示で見る

連歌

読書

連歌

れんが

日本の伝統的詩形のひとつで、複数の人間で和歌の上句と下句を交互に作り繋げていくものである。句の繋げ方には規則があり、また句数によって歌仙、百吟などいくつもの形式がある。「万葉集」が起源とされる。