スマートフォン用の表示で見る

六義園

地理

六義園

りくぎえん

六義園は、東京都文京区にある都立庭園

造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられていた。

1695年、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、柳沢吉保自ら設計、指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げ、六義園は吉保の文学的造詣の深さを反映した繊細で温和な日本庭園である。

庭園の名称は、中国の古い漢詩集である「毛詩」の「詩の六義」、すなわち風・賦・比・興・雅・頌という分類法を、紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来している。

庭園は中之島を有する大泉水を樹林が取り囲み、紀州和歌の浦の景勝や和歌に詠まれた名勝景観が八十八境として映し出されている。

明治時代に入ってから岩崎弥太郎の所有となったのち、1938に東京市に寄付され一般公開されることになった。

1953年3月31日に国の特別名勝に指定。

基本情報

開園
1938年10月16日
面積
87,809.41m²*1
樹木数
6,020本
主な植物
マツ、モミジケヤキ、イイギリ、ミズキ、クスノキ、スダジイツツジサツキシダレザクラサクラムラサキシキブ
開園時間
9:00 - 17:00 (入園は16時30分まで)
休園日
年末・年始(12月29日〜翌年1月1日)
入園料
一般及び中学生 300円、65歳以上 150円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
無料公開日
みどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)

アクセス

*1:2010年5月31日現在