尹黙

社会

尹黙

いんもく

中国後漢から三国時代の人物(生没年不詳)。字は思潜(しせん)。益州梓潼郡涪県の人。子に尹宗。

益州の生まれであったが、広い学識を得るため荊州に遊学し、司馬徽や宋忠?から学問を学んだ。

あらゆる書籍に通じ、中でも『春秋左氏伝?』に詳しかったという。

益州に戻ると劉備に仕え、蜀(蜀漢)の成立後は皇太子劉禅の学問の師となった。

丞相?諸葛亮が北伐?をすると軍祭酒として随行した。234年?諸葛亮が死去すると、成都に戻り、太中大夫に就任して、しばらくして死去した。

リスト::三国志関連