スマートフォン用の表示で見る

ACIDMAN

音楽

ACIDMAN

あしっどまん

Biography

『音の力。詩の力。』
埼玉県私立西武文理高校時代に出会い、当時四人組として、すぐさま結成。受験休業を経て、大学進学後、 下北沢を中心に、1997年ライブ活動開始。1999年、Vo.シイバシタケシ脱退後、オオキがヴォーカルも担当、 現在のスリーピースの形になるが2000年、復活後はライブ本数が一月に1, 2回のペースに急増。ようやく本 気モードに突入。現在、東京を中心に精力的なライブ活動を展開中。
『深淵・迷走・創造・騒々』
rockを基軸に、様々な音楽を独自の解釈でブレンドした独特世界。異色の正統派。詩とメロディーは一曲入 魂の激音と共に鳴り響く。展開著しく、時に裏切り、時に平たん。静。動。スリーピースの可能性へ挑戦 中。ACIDMAN is three life !!!

ACIDMAN

Discography

Second line&Acoustic collection

Second line&Acoustic collection

LIVE TOUR “ALMA

LIVE TOUR “ALMA" in 日本武道館 [DVD]

続きを読む

予備知識

『アシ?』『アシッド』『ACI』『ACID』(カタカナを推奨)

ライブで観る、生のACIDMANのことは『生アシ』と言われる

バンド名の意味は、『気難しい男』。決して「酸男」では無い。

ACIDMAN」の前身とも言われている高校時代のバンド名は「LSD」だった。

ACID」と「LSD」という言葉からクスリと誤解されやすいが、全く関係はないらしい。