スマートフォン用の表示で見る

B747-400

一般

B747-400

ぼーいんぐななよんななだっしゅよ

ボーイング社のB747のうちの1機種。

従来のB747に比べ大幅にハイテク化されコクピットの計器の数が減り、2人の乗員で操縦できるようになった。(従来では3人必要だった)

ほかにも翼の空気抵抗を減らし航続距離を長くするため翼の先端にウィングレットと呼ばれている小さな翼がついている。(このほかにも随所に改良が加えられている)

ちなみにB747-400には国内線仕様機のB747-400Dがあり、そちらにはウィングレットがないなど細かな違いがある。

ANAでの愛称はテクノジャンボJALではスカイクルーザーと呼ばれている。(B747-400Dもまとめて呼ばれている)

2006年4月から伊丹空港への4発機就航が禁止された為、日本でも次第にその居場所を失っていくものと思われる。