スマートフォン用の表示で見る

C#

コンピュータ

C#

しーしゃーぷ

2000年6月にMicrosoftが発表したプログラミング言語

Delphiを作ったAnders Hejlsbergがアーキテクトをつとめ、C++DelphiJavaなどの影響を受けて作られた。

C#のコードはコンパイラによりMSIL(MicroSoft Intermediate Language)に変換され、 MSILのコードはCLR(Common Language Runtime)上で実行される。

ヨーロッパ標準化団体であるECMAにより、ECMA-334 C# Language Specificationとして標準化されている。

主なプラットフォーム .NET Frameworkだが、MonodotGNUといったオープンソース実装も存在する。

余談。「しーしゃーぷ」であるからには、正確には「C♯」と表記すべきかもしれないが、実際には1バイトで表現できる半角ハッシュを用いて「C#」(シー・ハッシュ)と表記される。

余談2。C#の「#」は「+」を4つ並べたイメージ、すなわち「C++++」から。