スマートフォン用の表示で見る

JBCスプリント

スポーツ

JBCスプリント

じぇいびーしーすぷりんと

生産者団体主催(JBC実行委員会)による日本初のダート距離統一JpnI競走。

ダート1200メートル、3歳以上、斤量については施行時期により、10月の場合は3歳55kg、4歳以上57kg。11月の場合には3歳56kg、4歳以上57kg。それぞれ牝馬は2kg減の条件。1着賞金8000万円。

JBC地方競馬の持ち回りで開催され、中距離JBCクラシック(2000メートル)と短距離JBCスプリント(1200メートル)、牝馬限定のJBCレディスクラシック(1800メートル)*1の2つのGI競走が行われる。

持ち回りで開催されるレースとなっているが、現在開催能力がある地方競馬主催者と競馬場施設は実質ホッカイドウ競馬*2南関東四競馬浦和競馬を除く)と盛岡競馬、それに2005年、2009年開催の名古屋競馬、2008年の園田競馬程度となっている。今後は西日本開催の増加が望まれる。

歴代優勝馬一覧

回数年月日競馬場距離優勝馬所属性齢騎手
第1回2001年10月31日大井ダ1200ノボジャックJRA牡4蛯名正義
第2回2002年11月4日盛岡ダ1200スターリングローズJRA牡5福永祐一
第3回2003年11月3日大井ダ1190サウスヴィグラスJRA牡7柴田善臣
第4回2004年11月3日大井ダ1200マイネルセレクトJRA牡5武豊
第5回2005年11月3日名古屋ダ1400ブルーコンコルドJRA牡5幸英明
第6回2006年11月2日川崎ダ1600ブルーコンコルドJRA牡6幸英明
第7回2007年10月31日大井ダ1200フジノウェーブ大井牡5御神本訓史
第8回2008年11月3日園田ダ1400バンブーエールJRA牡5松岡正海
第9回2009年11月3日名古屋ダ1400スーニJRA牡3川田将雅
第10回2010年11月3日船橋ダ1000サマーウインドJRA牡5藤岡佑介
第11回2011年11月3日大井ダ1200スーニJRA牡5川田将雅
第12回2012年11月5日川崎ダ1400タイセイレジェンドJRA牡5内田博幸
第13回2013年11月4日金沢ダ1400エスポワールシチーJRA牡8後藤浩輝
第14回2014年11月3日盛岡ダ1200ドリームバレンチノJRA牡7岩田康誠
第15回2015年11月3日大井ダ1200コーリンベリーJRA牝4松山弘平
第16回2016年11月3日川崎ダ1400ダノンレジェンドJRA牡6ミルコ・デムーロ

第3回は大井競馬場の改修工事に伴い1190mにて実施された。2006年のJBCは11月2日3日に川崎競馬場にて開催されたが、同場のコース形態上1200メートルの競走が実施できないため距離を延長し1600メートルのJBCマイルとして実施された。また、2010年の船橋競馬開催のJBCスプリントは1000メートルで実施された。

*1:開催当初は格付け表記無し。

*2:開催実績はないものの、門別競馬場のフルゲートが16頭であるため、開催能力はある。