スマートフォン用の表示で見る

LFA

一般

LFA

えるえふえー

レクサスが、2010年から2012年にかけて限定生産・販売した2人乗りのスーパーカー

「究極の国産スーパーカーを作る」というコンセプトの元、レクサスが持ちうる全ての最新技術が開発に投入された。


フロントミッドシップ方式やトランスアクスル方式を用い、更にはラジエターなども後部に配置することにより、FRでありながらも48:52のリア寄りの前後重量配分を実現し、走行性能の向上に寄与している。

エンジンは専用設計された560馬力&トルク48.9kgfのレブリミット9000rpmの超高回転型の自然吸気V10気筒エンジンが搭載され、これにアイシン製6速セミMTが組み合わされ、さらにはドライサンプ式の採用により重心高450mmという低重心を生み出している。

シャシーにはカーボンモノコックが採用され、これにより高い剛性を保ったまま、1480kgの軽量ボディーを得ることに成功している。


価格は3750万円と非常に高価なものとなっており、世界56か国で限定500台が販売され、完売に至っている。

ほぼ全てを職人によるハンドメイドにより作られているため1日1台のペースでしか生産ができず、全ての顧客に行き渡るまでに25か月を要している。

500台中50台はサーキットでの走行を重視した高性能仕様「ニュルブルクリンクパッケージ」として発売されており、同車はニュルブルクリンク北コースでの確認走行において、量産車メーカーの市販車としては当時最速の7分14秒64の記録している。


エンジン型式 1LR-GUE

最高出力 560ps(412kW)/8700rpm

最大トルク 48.9kg・m(480N・m)/7000rpm

種類 V型10気筒DOHC

総排気量 4805cc

内径×行程 88.0mm×79.0mm

圧縮比 12.0

過給機 なし

燃料供給装置 EFI

燃料タンク容量 73リットル


サスペンション形式(前) ダブルウィッシュボーン

サスペンション形式(後) マルチリンク

ブレーキ形式(前) ディスク

ブレーキ形式(後) ディスク

タイヤサイズ(前) 265/35ZR20(95Y)

タイヤサイズ(後) 305/30ZR20(99Y)

最小回転半径 6.1m