スマートフォン用の表示で見る

MW

マンガ

MW

むう

 手塚治虫の作品のひとつ。主人公・結城美知夫は、幼少時、南西諸島において、年長者に男色を教えられ、また米軍基地にあった毒ガスMWをわずかだが吸い込み、寿命が縮まった。

 その「うらみ」を晴らすため、基地に潜入し、毒ガスMWを風船いっぱい分盗んだ。

これを分析、大量生産して、自分の死にあわせて全世界の滅亡を企図するが・・・