スマートフォン用の表示で見る

SC-88Pro

音楽

SC-88Pro

えすしーはちはちぷろ

通称ハチプロ。ローランドMIDI音源である。その高機能さ、サンプル品質からいまだにこれを使う人は多い。事実上のGS音源における基準ともいわれる。

前機種のSC-88に比べると音色が増え、インサーションエフェクトといわれる強力なエフェクトを搭載している。

特に、歪み系のエフェクトは秀逸で、設定によってはワウも同時にコントロールできるため、フィルタを使用するよりもリアルなエレキギターの響きを得ることができる。

(ただし、同時使用できるインサーションエフェクトの種類は1種類のみ。複数を組み合わせたプログラムも存在する。)


ハーフラックサイズで、さらに高さも1.5Uと中途半端なので、マウントには向かない。

以前の機種と同じく音色サンプルはすべて32KHzであるためか、多少こもった音に聞こえる。

SC-88Proに3オクターブの鍵盤をつけたSK-88proも存在する。

また、SC-88Proの液晶表示、各種操作ボタン、MIDI-OUT/THRUを削除した廉価版として、SC-88STProも存在する。

隠し機能として、XGシステムのメッセージを受け取るとXGシミュレートモードになるという機能も搭載している。

現在、後継機としてSC-8820(SC-D70SK-500)、SC-8850SD-80(SD-90)の五種類が存在する。


主なスペック

関連語句

SD-90SD-80SC-8850SC-D70SC-8820SK-500SK-88proSC-55


ちなみに、冨田勲といえばモーグだが、Rei HarakamiといえばSC-88Proである。彼の素晴らしいアルバム群は、全てSC-88Proのみ(!)で作られている。