スマートフォン用の表示で見る

asa-chang

音楽

ASA-CHANG

あさちゃん

パーカッショニスト、ドラマー、元東京スカパラダイスオーケストラ

【以下2007/12/21追記】


ヘア・メイキャップアーティストを目指して、上京。

渡辺サブロオ氏のアシスタントを経て、SASHU所属のヘア・メイクへ。

80年代中〜後半にかけて、Olive、anan、キューティー等、ファッション誌や、

小泉今日子本木雅弘山瀬まみ等の当時のカッティング・エッジアイドル、タレントの仕事を数多く手掛けるも、

89年に東京スカパラダイスオーケストラパーカッション兼バンド・マスターとしてデビュー。

その自ら創始した東京スカパラダイスオーケストラがブレイクを果たすが、93年に脱退、フリーランスに。


スカパラ在籍時から、その特異なライブ・パフォーマンス、プレイは注目されていたが、

独立後の数々のセッション・ワークにより、ドラマー、パーカッショニストとしてその存在を知られるようになる。


いわゆるラテンパーカッション系だけでなくインド・アジア系から玩具類、ガラクタ、シンセ音などを散りばめ、

楽曲にアプローチする彼独特のプレイスタイルを確立し、ドラマーとしても躍動感のある唯一無二のそのビートは、

パワフルさと繊細さを兼ね備え、数多くのアーティストからの信望を集めている。

ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する様々な活動は、多くの注目を集めている一方、

作曲・アレンジもこなすプロデューサーとしても活躍している。


また、1998年に自分の作品を発表していくユニットとして

プログラマーギタリストである浦山秀彦と「ASA-CHANG巡礼」を結成。

自らレコード・メーカー、レーベルを探す中、コーネリアス小山田圭吾の目に止まり、

TRATTORIAから1st ALBUM「タブラマグマボンゴ」をリリース。

トライバルかつアブストラクトな独自の波動に満ちた内容で、音楽業界を震撼させる。


1999年、bloodthirsty butchersトリビュート・アルバム「We Love butchers」(UNIVERSAL VICTOR)で、

butchersの名曲「2月」をカヴァー。この作品によって名作「花」の構想が生まれる。


そして2001年3月、2nd ALBUM「花」をリリース。

各方面から絶大な評価を得る。

表題曲「花」は同年公開された映画「けものがれ、俺らの猿と」(原作・町田康、監督・須永秀明、主演・永瀬正敏)の

エンディング曲となる。


その評価は国内だけにとどまらず、2002年5月にはイギリスレーベルLeaf」より、

シングル「花」、「タブラマグマボンゴ」と「花」コンパイルした

アルバム「JUNRAY SONG CHANG」がリリースされる。

イギリス国内ではJohn Peel Sessionでのヘビーローテーション

BBC制作の番組のタイアップに「hana」が選ばれ、

レーベルLeaf」始まって以来の「BEST SELLING CD」となり、ヨーロッパから絶大な評価を受ける。


以降、数々のイベント等に出演しながら、次作品の楽曲を創作中。


LIVE SUPORT

YOSHIKA: “ 1st tour 〜timeless〜”('06.3')

小島麻由美: “愛のポルターガイスト”Tour('03.2'〜03.3)

コジマロックンロール・キャラバン”Tour('05.9')

UA: “空の小屋”Tour('02.11'〜03.1)

chara: “Junior Sweet”Tour('97.10'〜98.3)

“DUKA”&Auroraband('98.9'〜98.10)

“MADRIGAL” TOUR 21('01.10〜'01.11)

Beautiful days” TOUR ('03.6〜'03.7)

Misia: COLLEGE TOUR'98('98.10'〜98.11)

Mother Father Brother Sister TOUR'98('98.10'〜98.12)

Cornelius:('94〜'96)

TOMOVSKY:('97〜)

EL-MALO:('95〜)

本木雅弘:「イカルスの恋人rambling boat」Tour'97('97.8)

THE99 1/2:LIVE PARTY!!MORE(THAN100)('97.3)

清水弘貴:('97〜)

ピラニアンズ:('93〜'96)

麗蘭:('97)

ハニワオールスターズ:('93〜)

avex TK DANCE CAMP'95[trfH jungle with T安室奈美恵globe

桃乃未琴:('00〜)

玲葉奈:('00〜)

ハナレグミ:('04〜)

FISHMANS:THE LONG SEASON REVUE

土岐麻子:('06〜)

田中邦和トリオ:('07〜)

MISIA:「星空のライブ IV CLASSICS 」('07)

ほか多数


PRODUCE,ARRANGE

市井由理:「ジョイ・ホリック

KAZMI with Rikies:「WHO」(アルバム)

小島麻由美:「二十歳の恋」(アルバム)

本木雅弘:「イカルスの恋」(アルバム2曲)

暴力温泉芸者:「ネイション オブ リズムスレーブ」(アルバム3曲)

栗原 淳:「月の王」(アルバム)

ブロンソンズ:「SUPER MAGNUM」(アルバム3曲)

広瀬香美:「Thousands Of Covers Disk.1 」(アルバム1曲)

かの香織:「ウォーホールと私」(マキシシングル)

Nelories:「STARBOOGIE」(アルバム)

安達祐実:「BiG」(アルバム1曲)

ムーンライダーズ:「月面讃歌」(アルバム2 曲)

DASSEN 3:「DAS BACK AGAIN」(アルバム2曲)

TOMOVSKY:「LEISURE」(アルバム2曲)

小島麻由美:「ロック ステディ ガール」(シングル)

UA:「泥棒」(アルバム2曲)

日暮愛葉:「ユメミタイ(cherish my life)」(シングル)

一十三十一:「Synchronized Singing」(アルバム2曲)

つじあやの:「CALENDAR CALENDAR」(アルバム1曲)

一十三十一:「girlfriend」(アルバム)

ほか多数


REMIX

エレキハチマキ:for the unknown paradaise

        (マキシシングル「ICECREAMMAN」より)

ペンギンノイズ:コールド スプリング フィーバー

        (マキシシングル「サンキュー」より )




ASA-CHANG巡礼

Album

Single

DVD




ASA-CHANG&ブルーハッツ●

Album

  • 「わたしのうた」畠山美由紀 with ASA-CHANG&ブルーハッツ(2007.10.3 rhythmzone)
  • ASA-CHANG&ブルーハッツ/真冬の夜のブルーハッツ Live in Shibuya 2006(2006.11.22 nowgomix Records)

DVD

  • ASA-CHANG&ブルーハッツ/真冬の夜のブルーハッツ Live in Shibuya 2006(2006.11.22 nowgomix Records)