スマートフォン用の表示で見る

iPhone 4

コンピュータ

iPhone 4

あいふぉーんふぉー

iPhone 4

2010年6月7日(米国時間,日本時間8日)のWWDC(世界開発者会議)でAppleが発表したiPhoneの新機種。iPhoneシリーズの第4世代*1

OSiOS 4」を搭載したスマートフォン*2米国や日本では6月24日に発売。米国での価格は16GBモデルが199ドル、32GB モデルが299ドル。

iOS4」は、同時に複数のアプリケーションを実行できるマルチタスクに対応。アプリケーションフォルダー分けが可能になり、より多くのアプリケーションインストールすることができる。アプリケーションに広告を配信する「iAd」も実装。

ディスプレイは3.5インチ、解像度は4倍の960×640ピクセル。カメラを5メガピクセルに強化し、LEDライトも搭載。ハイビジョン動画の撮影や編集が可能になった。インカメラを使ったビデオ電話「FaceTime」機能も備えている。

互換性もあり、iPhone 4iPhone 3GSiPhone 3Gに対応。カラーはブラックとホワイトの2色*3

従来の機能との違い

(従来のiPhoneについては⇒http://d.hatena.ne.jp/keyword/iPhone?kid=196008

外観

iPhone 3GS」よりも高機能化しつつ、より薄くスマートな外観。

側面にはステンレスを使い、質感が高く、高級感がある。新色となるホワイトもラインアップした。

サイズ

115.2(W)×58.6(D)×9.3(H)mm、重さは137g。

iPhone 3GSより3mmほど薄くなったが、重さは2g重くなった。

ボリュームボタン

シーソー式から、独立した2つのボタンに。

SIMスロット

右側面にマイクロSIMのスロットを配置し、レイアウトも変わった。

セカンドマイク

上部に小さな穴があいていて、差し込み口になっている。

絵文字ボタン

日本語入力の左下のボタン。クリックすると顔文字が表示される。

マルチタスク機能

真ん中のホームボタンを2回押すと、画面の下に起動中のアプリケーションが表示。

フォルダー機能

フォルダーは、好きなアプリをグループ化できる機能。

その他説明

プロセッサ

iPad」に採用した「A4プロセッサー」を搭載。

クロック数

1GHz

メインメモリ

512MB

バッテリー

充電式のリチウムイオン。ユーザーによる取り外し不可能。

通話時間

最大7時間(3G

連続待ち受け時間

最大300時間

強度

化学的に強度を高めた結果、プラスチックの20倍の剛性、30倍の硬度を持つ」特別設計ガラス(ゴリラガラス?)を使用

詳しくは↓

http://japanese.engadget.com/2010/06/25/drop-iphone-4

互換性

iOS 4ソフトウェアアップデートにより、iPhone 4iPhone 3GSiPhone 3Gに対応。ただし、利用できる機能はデバイスによって異なり、例えばマルチタスキングは、iPhone 4およびiPhone 3GSでのみ利用可能。

*1:第一世代:iPhone 第二世代:iPhone 3G 第三世代:iPhone 3GS

*2:多機能電話

*3:ホワイト版は黄ばみの問題(あくまで噂レベル)で発売延期が繰り返され、2011年4月28日にやっと販売にこぎつけた

iPhone 4
目次
  • iPhone 4
  • 従来の機能との違い
    • 外観
    • サイズ
    • ボリュームボタン
    • SIMスロット
    • セカンドマイク
    • 絵文字ボタン
    • マルチタスク機能
    • フォルダー機能
  • その他説明
    • プロセッサー
    • クロック数
    • メインメモリ
    • バッテリー
    • 通話時間
    • 連続待ち受け時間
    • 強度
  • 互換性