スマートフォン用の表示で見る

kanon

キーワードの候補

4件

ゲーム

Kanon

かのん

概要

いわゆる「泣きゲー」。

家庭用ゲーム機 DreamCastPlayStation2 にも全年齢対象化されて移植された。また、PSP版も発売される予定である。

コンシューマー版は主人公を除いたフルボイス。PSP版では主人公にもボイスが追加されることが予告されている。

PSP版祐一役はアニメ京アニ版)と同じ杉田智和が担当。

Story

ある、雪の舞い落ちる冬の日…。

俺は駅前のベンチで、いとこの少女、
水瀬名雪と7年ぶりに再会した。

今いる場所。
そこは、昨日まで暮らしていた俺が
生まれ育った街ではなかった。
急な引っ越しの決まった俺を、快く迎えてくれた
名雪とその母親の住む街。

そして、俺にとっては、
子供の頃の微かな記憶の中にある、
思い出の街…。

製品情報 Standard Edition 全年齢版

製品情報

Dreamcast版、Playstation2版はインターチャネル(旧NECインターチャネル)、PSP版はプロトタイプからの発売となる。

Kanon Kanon 全年齢対象版 Kanon Kanon ~Standard Edition~ Kanon オリジナルサウンドトラック Kanon ~Standard Edition~ 全年齢対象版

音楽情報

タイトルの意味

タイトルは響き重視で、意味は後づけである。

ユーザーに"Kanon"という言葉を考えてくれてたほうがいいとの意向であるため、Key側は意味を提示したくないそうである。

リスト::ギャルゲー//タイトル/か行

アニメ

Kanon

かのん

VisualArt’s/Keyのゲーム「Kanon」を原作とするTVアニメ。キャストは全年齢版に準じる。

2002年と2006年の2度製作された。

第1作目は東映アニメーションが制作し、2002年1月〜3月にフジテレビ他にて放送された。全13話。DVD全巻購入特典として第14話が制作されている。

第2作目は京都アニメーションが制作し、2006年10月〜2007年3月にBS-i(現・BS-TBS)にて放送された。全24話。keyword:京アニKanon も参照。

Kanon

かのん

兵庫県神戸市三宮の商業ビル・センタープラザ本館3階北側にあったメイド喫茶

名前の由来はパッヘルベル作の「カノン」から。パソコンゲーム「Kanon」とは関係ない。

2008年6月30日をもって閉店。


同義:cafeKANON神戸KANON

音楽

Kanon

かのん