スマートフォン用の表示で見る

live

キーワードの候補

3件

音楽

Live

らいぶ

ドイツAbleton社が開発する音楽制作ソフトウェアAbleton Live

ドラムやベース、ギターなどの音声ファイルを組み合わせたパターンを、画面上に配置することで直感的に楽曲を作ることが出来る。

Mac OSXとWindowsに対応。現在の最新バージョンは9.1。日本の代理店は株式会社ハイ・リゾリューション。

特徴

楽曲制作向けの「アレンジャービュー」、ライヴ演奏向けの「セッションビュー」という二種類の画面が最大の特徴。二つの画面はシームレスに連携することができ、セッションビューでリアルタイムに試したアイデアを、そのままアレンジャービューにレコーディングすることも可能。

さらに、これらのパターンや音声ファイルにコンピュータキーボードMIDI鍵盤などを割り当てることで、リアルタイムに再生することができる。この再生結果はシーケンス情報として記録されるので、まさに楽器を演奏するかのような感覚で楽曲を作成できる。

種類

  • 体験版キーボード等の関連商品に付属する「Live Intro」・「Live LE」(無料版)
  • 一般的な機能を備えた「Live 9」
  • 一般の機能に加え、追加でパックやエフェクトが同梱されいてる「Suite 9」

バージョン経緯

Live 1

  • 2001年10月30日、リリース。

Live 2

  • 2002年12月22日、リリース。

Live 3

  • 2006年10月10日、リリース。

音声ファイルをMIDI鍵盤の任意のキーレンジ、つまり複数のキーに割り当てることができるようになった。単なる再生だけでなく、音声ファイルのメロディー演奏も可能になった。

Live 4

  • 2004年7月28日、リリース。

MIDIシーケンサー機能が加わり、リズムマシンとしての用途に特化したサンプラーImpulseと、音階楽器向けのオーソドックスなサンプラーSimplerを標準で搭載し、VSTiにも対応。これにより、ループベースでの音楽製作を超えた幅広い表現力を得た。

Live 5

  • 2005年7月24日、リリース。

「Create・Produce・Perform」をコンセプトに、音楽制作から編集、パフォーマンスまで、すべての音楽活動を完全にサポートすることを目標とし、大幅な改良が加えられた。DAW機能の拡充(フリーズ機能、ブラウザビューの操作性の向上など)と、MP3の読み込みと自動テンポマッチに対応、長尺のファイル用のワープアルゴリズム「Complex」を実装し、DJ用ツールとしても本格的な機能を装備。エフェクターの追加や、エフェクターをグループ化する機能など、総合的な音楽制作ツールとしての地位を築いた。Live 6 29 Sep 2006[10]

Live 7

  • 2007年11月29日、リリース。

Live 8

  • 2009年4月2日、リリース。
  • 2010年9月22日、Live 8.2リリース。
  • 2012年4月2日、Live 8.3リリース。

Live 9/Push

  • 2013年3月5日、リリース
  • 2013年9月、Live 9.1リリース。

ABLETON DAW Live9 Suite

ABLETON DAW Live9 Suite

MASTER OF Live 9

MASTER OF Live 9

Live
目次

音楽

Live

らいぶ

「NEWS」の2010年9月15日に発売されたアルバム。もしくは、それに収録されている楽曲のひとつ。

収録曲*1

  1. 恋のABO
  2. LIVE
  3. 生まれし君へ
  4. Supernatural
  5. 秋の空
  6. 2人/130000000の奇跡
  7. Dancin' in the Secret
  8. ワンダーランド
  9. さくらガール
  10. BE FUNKY!
  11. D.T.F
  12. 内容のない手紙
  13. エンドレス・サマー
  14. Shere
  15. Forever(Unpligged Ver.)

*1:14曲目と15曲目は通常盤のみの収録。

音楽

LIVE

らいぶ