スマートフォン用の表示で見る

pygame

コンピュータ

Pygame

ぱいげーむ

Python用のSDLをゲーム作成用にラッパしたライブラリ

マルチメディア関連の処理が容易にできる。

また、スプライト管理用のクラスも用意されているため、

楽にコリジョン(当たり判定)の処理などを行うことができる。

 

以下、sample.bmpを表示するサンプルソース

import pygame

# Main
def main():
	pygame.init() # Pygame初期化
	pygame.display.set_mode((640, 480), 0, 32) # スクリーンサイズ
	pygame.display.set_caption("画像表示") # キャプション
	_gScr = pygame.display.get_surface()
	tBuf = pygame.image.load("sample.bmp").convert() # 画像読み込み
	# Loop
	while True:
		_gScr.blit(tBuf, (0, 0), tBuf.get_rect()) # 画像セット
		pygame.display.update() # 転送
		for e in pygame.event.get():
			if e.type == pygame.QUIT: return
		pygame.time.wait(10) # ウェイト

if __name__ == '__main__':
	main()

関連書籍

Game Programming With Python (Game Development Series)

Game Programming With Python (Game Development Series)