Hatena::ブログ(Diary)

生き方としてのファシリテーター 〜1日24時間がワークショップ〜

2016-04-05

kimkayuri2016-04-05

ふくてっく さんとの出会い

専門的ボランティアとして、福祉住宅などのことに取り組む
特定非営利活動法人のふくてっくさんとの出会いがありました。

ふくてっくさんのホームページでもわかるように、
専従スタッフをおかず、ボランティアだけでも、とても充実した
活動をしておられます。

今回はわたしの高校時代の同窓生が、そのメンバーであり、設計士であり、福祉住宅コーディネーターでもある ひーよんの紹介により、
Eトコでの見学&学習会となりました。

わたしもオブザーバー参加させて頂きました。
これからも、いろんなことで、協力提携していきたい団体です。

感謝
f:id:kimkayuri:20160402144753j:image
f:id:kimkayuri:20160402170732j:image

2016-03-25

kimkayuri2016-03-25

よりみち堂でちらしすしに茶碗蒸し

児童養護施設卒園した若者の夕食会です。

今夜はまーくんが担当して、
すっごいごちそうです。
ちらしすしに茶碗蒸し、あさりのおすまし、
文旦入りのお酢のもの、シュークリームに、はっさくのデザート、

あー、美味し!
f:id:kimkayuri:20160323191652j:image

繁昌亭の大入り袋

大入り袋は結構な大きさでございます。
f:id:kimkayuri:20160325205659j:image

天満天神繁盛亭に着物で

今日は、ひさしぶりに、ywCAのイベント参加。

募金委員会主催の繁盛亭での落語とおそばの会。

よう笑いました。

悲しいことやつらいことはいろいろありますが、
やっぱりこうして、笑わなあきまへん。

こちらも久しぶりで紬の着物を着ていきました。
繁盛亭では、着物で行くと大入り袋がいただけます。
f:id:kimkayuri:20160323170106j:image

2016-03-22

kimkayuri2016-03-22

里子の送別会

我が家の里子が、18才になり、卒業と共に、
就職も決まり、グループホームで生活することになりました。

近しい仲間が集まって、送別会を行いました。

これは、お手製のポテトサラダの差し入れです。
ニンジンでつくられた、桜咲く、です。

就職先も、グループホームも、我が家から自転車で10分〜15分の 近いところにあります。
そのうえに、定時制高校に通うことになりました。
学校はグループホームの4軒隣という絶好の場所です。
仕事と学校とグループホームと、トリプルの新生活が始まります。

2016-03-20

kimkayuri2016-03-20

こども食堂in庄内

親友が大阪豊中は庄内で、
いろいろ活動しています。

最近はこども食堂も始まっているようです。

2016-03-14

kimkayuri2016-03-14

ホテルの部屋から眺める瀬戸内海

いつものホテルは
港にくっついています。

へやの窓から、
夜と夜明けと朝に撮影した眼下の風景です。

とっても情緒溢れる光景です。

船を中心にした生活とそのリズム。
その毎日、に思いを馳せます。
f:id:kimkayuri:20160313193117j:image
f:id:kimkayuri:20160314062813j:image
f:id:kimkayuri:20160314082057j:image

朱華園の尾道ラーメン

尾道の有名なラーメンやさん。
いつも長蛇の列なので、入ったことがありませんでした。

今夜は雨の日曜日で、
閉店間際でもあったのが幸いして、すぐに入れました。
でも、メニューはすでに売り切れ続出。

わたしはシンプルに中華そばを頂きました。
細目の麺に、チャーシューがたっぷり。
こってりスープがおいしい尾道ラーメンでした。

瀬戸内の柑橘類 レモンやネーブルその他

瀬戸内海広島県にある、たくさんの島々。

たとえば、レモンは国内産の半分を生産しています。
無農薬で注目されています。

瀬戸内海の温暖な気候で育つ柑橘類が、
商店街でも売られていましたた。
f:id:kimkayuri:20160314162723j:image
f:id:kimkayuri:20160313180716j:image

尾道城です

映画の町、尾道には有名なものがたくさんあります。

これは知りませんでした。

尾道城です。

見えますか?
f:id:kimkayuri:20160314162514j:image

尾道の奇跡 エスポワールにて

尾道にある母子生活支援施設のエスポワールに、
こさせていただいています。
毎年この季節に来て、3回目になります。

一日は、おかあさんのための学習会、もう一日はスタッフ研修会。
今回は加えて、中学生のためのお話会も実施したました。

ここ、エスポワールさんは、わたしが「尾道の奇跡」と名付けるほど、
母子の回復に成果をあげている施設です。
生活保護からの脱出100パーセント、というのがその一例です。

スタッフのみなさんがとっても、良い働きをされています。
また、施設をかたちづくっていきた、先人の知恵というべき文化があります。たとえば、学習会や研修会には、お茶・お菓子・ドリップコーヒーが準備されています!すごいでしょ!

大変充実した二日間をすごしました。
ひとつひとつが、とても感謝です。

Connection: close