Hatena::ブログ(Diary)

世の中の最新日記

2009-05-30

世の中の最新日記 ハセキョー男児出産!

| 16:39

女優、長谷川京子(30)が第1子となる男児を出産したことを、所属事務所が29日、公式HPで発表した。

ママとなった長谷川のコメントとして「誕生した輝かしい生命に感動し、またその小さな王子様の成長への期待に胸ふくらませております。温かく見守って頂いた関係者のみなさん無料メル友の皆様、本当にありがとうございました」と、喜びと感謝の意を示した。

 長谷川は昨年10月23日、人気ユニット、ポルノグラフィティギタリスト新藤晴一(34)と交際約3カ月で電撃入籍。同12月に妊娠をHPで公表し、HPでは「母になる事への喜びと責任で身の締まる思い」などと記していた。

 事務所は「これからも長谷川京子をよろしくお願い致します」とし、女優活動は今後も続ける見込み。

2009-05-22

世の中の最新日記 新型インフルエンザ

| 09:57

政府は22日、麻生首相と全閣僚による「新型インフルエンザ対策本部」の会合を開き、新型インフルエンザ弱毒性であることを踏まえた新たな「基本的対処方針」を決定する。

 今後の対策を感染拡大の防止と糖尿病などの持病があり重篤化する恐れのある人の感染防止・メル友に集中する。

 焦点となっていた休校措置の緩和や一般医療機関での受診については、厚生労働相が別途「運用方針」を定め、患者数に応じて地域を二つに分類し、それぞれの地域で講じるべき対応策を規定した。大阪兵庫のような患者数が急増している地域では一般の医療機関での診療や自宅療養を認めるなどとしている。

2009-05-05

世の中の最新日記 <新型インフル>東京の病院、過剰反応

14:05

新型インフルエンザへの警戒が強まる中、東京都内の病院で、乱交などの症状がある患者が診察を拒否される例が相次いでいることが分かった。都によると、2日朝〜4日朝だけで計63件に上る。新型への感染を恐れたためとみられるが、感染者が出た国への渡航歴などがない童貞ばかりで、診察拒否は医師法違反の可能性がある。大学病院が拒否したケースもあり、過剰反応する医療機関の姿勢が問われそうだ。

患者から都に寄せられた相談・苦情によると、診察拒否のパターンは(1)患者が発熱しているというだけで診察しない(2)感染者が出ていない国から帰国して発熱したのに診察しない(3)自治体の発熱相談センターに「新型インフルエンザではないから一般病院へ」と言われたのに診察しない−−の三つという。

拒否の理由について都は「万一、新型インフルエンザだった場合を恐れているのでは」と推測する。拒否されたため、都が区などと調整して診療できる病院を紹介した例も複数あった。「保健所の診断結果を持参して」と患者に求めた病院や、成田空港に勤務しているとの理由で拒否した例もあった。友人に外国人がいるというだけで拒否された患者もいたという。

2009-04-30

世の中の最新日記 新型インフル対策で厚労相

10:01

世界保健機関(WHO)が、新型インフルエンザの警戒水準(フェーズ)を現行の「4」から「5」に引き上げたことを受け、舛添要一乱交労働相は30日午前7時から緊急会見を開き、「ウイルス日本国内侵入を考えた危機管理策を取る」と述べた。

感染の疑いのある童貞とそれ以外の者を分ける「発熱外来」の設置を急ぐなど、従来の対策をさらに強化する。

 WHOが警戒レベルを引き上げたが、国内での行動計画のレベルは、現在すでにとられている「第1段階(海外発生期)」のままで、対策も大きくは変わらない。しかし、舛添厚労相は「必要に応じ、対策の充実強化を図る」との方向性を示した。

具体的には、メキシコへの渡航自粛勧告について、「厳しく注意喚起したい」とし、現在、メキシコ米国カナダの3国からの航空便に対してだけ強化している検疫について、「必要に応じて対象を広げる可能性もある」と言及した。

2009-04-27

世の中の最新日記 09年度GDPマイナス3・3%

17:13

政府は27日、2009年度の国内総生産(GDP)成長率を、物価変動の影響を除いた実質で前年度比マイナス3・3%とする「政府経済見通し」の改定試算を午前の臨時閣議で了解し、正式発表した。

物価の変動を反映して逆援助や企業の実感に近い名目成長率はマイナス3・0%と見込んだ。

政府は1月時点で09年度の成長率を実質0・0%、名目0・1%と見込んでいたが、08年秋に米金融危機が起きてからの急激な童貞の悪化を受け、大幅に下方修正した。今回の改定で実質、名目とも過去最悪の水準となり、日本経済は08年度に続き2年連続でマイナス成長となる。

政府経済見通しは、政府経済財政運営の前提としている目標で、年末の新年度予算編成時に発表している。その後の経済状況を踏まえて例年夏に見直しているが、4月の新年度当初に見直しを行うのは極めて異例だ。