Hatena::ブログ(Diary)

kondouraな時間salvage

2019-01-01

2019年迎えまして引っ越し!

新年あけましておめでとうございます!

さて、あまり活用してはいないココなのですが、2019年春に終了とのことで、

この機会にはてなブログへと引っ越しいたしました。

https://kondoura.hatenablog.com/

しばらくはこちらもこのまま見れるようにと思いまして、自動では飛ばない設定になっております。



はてなブログでの更新もやはりこまめに出来ないかとおもいますのですが、今後こちらでの新規アップはしない予定になりますです。

ではでは!皆様ますますのご活躍を願いまして、一区切りで〜


アンテナさんのコメントみるまでまったくノーマークでした〜!ありがとうございます〜!)


f:id:kondoura:20190101001243j:image

ドブログはじめた時の1枚目貼り付け画像にてとりあえず〆

2018-12-23

とりあえず 今年のラスト仕掛かり解消〜

うし電車〜

近所なのに走っているの知りませんでした。

f:id:kondoura:20181223183709j:image



LED灯との戦いも無事(なんとか)攻略しました!

仕掛かり品、解消作戦の本年ラスト記録にて〜



f:id:kondoura:20181223193928j:image


西武の371型です。

国電被災車たたき直しは各私鉄でありますが、西武でも311型など17m級の旧国が居たようです。(見てないので・・)

その追加みたいな?で、国電クモハ11をそのまま取り入れたのが371型。

てなことで、FABクモハ11+クハ16のキットからしたててみました。


f:id:kondoura:20181223164225j:image


クハ側。

実車ペアのクハはクモハ11電装解除車だったようで、一部の車両にはパンタが有ったところにはベンチレータがありません。

模型は・・まあそれらしくでクハ16から。

手すり穴など違う部分はなるべく埋めたりしてます。

台車はクモハがDT10、クハは長軸のTR11です。順次コロ軸化されたようで、クハだけ加工してみてます。

クモハのプレーン軸受け穴には片町線旧国同様、今回もパイプ材入れました。

クハはピポット軸でしたので、集電シューを車軸にあててます。

しかし・・未完成・・・。もう少しのところで止まっております。

西武レタリング入れてからでないと最後のコート出来ない→窓ガラスも保留→室内も保留〜。

そのうえ、クモハのテールライトレンズを補修で片側取り外しましたのでパーツも確保しなければです。


このいつものお立ち台、「ここどこ?」的に似合わないのはしょうがなし〜。

(きっと飯能近くはこんな感じだったんだよ・・、うん、そうだよ・・と自分に言い聞かせて・・)

箱に入れっぱなしなので劣化ほぼ無しなのは良いのですが、続きのシーンをなかなか作れませんです。




f:id:kondoura:20181223165244j:image

FABの旧国、クモハ11+クハ16でもう一セット組みました。

そのクモハ11はそのまんま国鉄仕様にて。一応南武線かな・・・ですが、このシーンですと青梅線でしょうか。

(都合に合わせて妄想も改変)

こちらは室内まで仕立てませんでした。一応モーター抱かせて動力車です。



そして、手元にありましたサハ17もそのまんま国電仕様にて。

実車なじみも無いのでどうしよう・・・、黄色いフリーにしようか?とか思ってましたが、地方私鉄にも似あわない。

(弘南に居たようですが、編成仕立てるネタ車輌も無いですので・・)

台車は長軸TR23のタイプです。


f:id:kondoura:20181223165646j:image




そして、こちらもなじみ無いのですが、同じくFABモハ32(旧)から仕立てました

クモハ14飯田線風。

身延線では低屋根スカ色になってちょっと遅くまで活躍してたみたいですが、普通屋根の

飯田線仕様は早めに引退。なので地味な茶色です。

こちらはトレーラー仕様にしました。室内も無し。

台車は指定通りでイモンDT11。


そんなことで、この3輌で暫定的に編成です。

今回も編成間連結器は通電カプラーにしてますが、この旧国は通常カプラー仕様に戻せるようにしてます。

なのでもしイモン密連カプラー(プラの)が発売されましたら交換できます。



f:id:kondoura:20181223170341j:image




そして、上ので使わなかったクハ16とモハ32(2輌セットでしたもう一両)で、

青い地方私鉄の編成したてました!

f:id:kondoura:20181224123546j:image

f:id:kondoura:20181223170540j:image


富士急の7031+7061

実車はネタと同じく国電からの編成です。

乗ったことは・・・もしかしたら有るかも?ぐらいな記憶です。(幼かった・・)

夜遅くに大月で初めて見た富士急は、この色が衝撃でした。(かっこいい!)

でも、車内はなんか古くさいクロスシート〜。これだけです。

それよりも、翌日に初めてスケートをした時の暗黒記憶が・・・・

こんな刃物を足につけてむりやり氷に立たせるなんてと・・・

二度とやらない!と誓ったのに、その後幾度もやらされるなんて・・(おもに授業などで)。

脱線しました〜

富士急、同じクモハ14からの7032編成が居たのですが、こちらは正面おでこが丸いタイプ。

なので、FABの32からはこの一両しか作れなかったです(残念・・。なので1両は茶色飯田線風)

この編成は室内&室内灯も完備です。

うむ、ワイパー付け忘れている。

インレタはNゲージ阪急用から。なんか実車も小さいので丁度よいかなです。

(ただし、ギラギラメタリックすぎ・・・)


f:id:kondoura:20181223172137j:image




そんなことで、今年も残り一週間ほど〜

なんとか仕立てあげれた状況であります。

国電ではじまり、国電にて締め・・な2018でした。

ではでは!皆様よいお年を〜



f:id:kondoura:20181226234029j:image


あそこで試作品展示のDE10・・・、見たかった・・・

2018-12-13

ことしもあとわすかに・・

大宮、いろいろと気になるのですが我慢〜

アートプロでこんなのも出るみたいなのですが

f:id:kondoura:20181213123933j:image

f:id:kondoura:20181213123931j:image


12mmでカトーの入れ換え機。がっつり自連が魅力であります〜

ほんと・ジレンマ(・・・・寒い・・・)




最近、いよいよ歳を感じたりしております。

たとえば〜

車のデザイン違いがわからない____

なんか饅頭みたいにふっくら丸っこいのにやたらとんがり切れ目ライトや

がっつりグリルやら、オラオラ系ばっかり。

窓も小さくて見ずらそう。

正直、「ほら、宇宙船?みたくかっこよくデザインしましたよ。」みたいなやりすぎなのがイヤなんです。

印象は全体に「浅い、そして薄い」との言葉がしっくりします。

そんななか、新ジムニーみたいに無駄無く機能性で「かちっ!」は大好きです。

ホームページから画像お借りして(怒られるかな?・・。カトーのイラストとなんか相性よさそうなので・・貼っちゃいました)

f:id:kondoura:20181213125406j:image



同じデザインことで「歳だな〜」なのですが、

電車の違いがわからない・・・・

京王や都営や東急や・・

黒マスク系は一緒(一番東急のがセンス無い・・。まあ前からですが・・)

相鉄の20000?も色は良いのですが「なぜフロントグリル????」

ハイブリットなのか〜???ですし、ライトの目が嫌い。(最近のメトロ車も同じく)

そして新しい特急〜・・西武のアレ。ポラギ●ール?に水族館みたいな窓。

乗客は展示動物状態〜

いけてるデザイン画をしたてたらこんなになりました〜な、某競技場(はじめの)みたいなイメージ。

こんな気持ち悪さは南海の鉄人特急以来であります(←赤いのは一周回って有りでした)


う〜ん、なんか愚痴グチになってしまいスミマセン〜

で、仕掛かり解消計画はつづけてまして、もうすぐ今年最後の結果がでるかな〜であります。

その仕上げしてて、ほんとにひさびさ、LED配線してました〜

ここで「ほんと、歳だ〜」が出るんであります。


見えない・・・・


0810の極性が・・、接点が・・・、見えないんです〜。

老眼もだいぶダメになってますですね〜。

じ〜っと30秒ほど力込めて

「マイナスが上・・かな?」

なんて視力検査そのものです。


f:id:kondoura:20181213123132j:image


これが解決できれば無事テールランプ点灯となるのですが、

一組作るだけでヘトヘトになりますです。

(その後、電気音痴なのも超えなければ・・)

f:id:kondoura:20181213123413j:image


今年中にぜひとも仕上げてなんとか完成数にカウントしたいものです。

(ふたたびロッキーの気持ちに!)

2018-10-02

阿里山森林鉄道が島秀雄記念優秀著作賞を受賞!

f:id:kondoura:20181002180757j:image


うれしいお知らせいただきました!

昨年の阿里山本が受賞。

写真のすばらしさあり、歴史的なこともあり、編集作業では読者側から堪能していたかも?でした。


今年は国内の林鉄!

助六木曽森林鉄道うぐい川線であります。かんがえましたら連続して林鉄ですね。

その前は西と北の炭坑ものなので、最近は2年しばり?

いえいえ、まったくそのようなこと無しでこうなっておりますです。

f:id:kondoura:20181002181051j:image



以前、kmcでもシェフさんはじめ皆さんが作品にしてますウグイ川線ですが、より深い資料出現に

あれこれつくってみたくなってしまいますです。


たとえば、今さらながら樽が沢って坊主岩のすぐ横だったのか〜とか・・

(一体で回り込んでつくれるかも?___・・・無理か・・)


f:id:kondoura:20181002210529j:image

しかし、坊主岩あたりって、リオグランデサザン・OPHIRあたりと頭の中で重なってしまうのは

なぜなぜ?

(ここで頭の中にかかる音楽はジョンデンバー ロッキーマウンテンハイ)




ではでは、受賞報告でありました


f:id:kondoura:20181002182032j:image

2018-09-21

何年ぶり?

来週末のコチラ向けに

f:id:kondoura:20180921215935j:image

f:id:kondoura:20180921215932j:image


新しいモジュールをしたててみました。

f:id:kondoura:20180922120254j:image

f:id:kondoura:20180921215026j:image

KBMCはひさしぶりの下電展示

f:id:kondoura:20180929233418j:image



写真集の新刊もあります!サカイ

f:id:kondoura:20180921220102j:image

2018-05-28

仕掛かり解消2018 その3


f:id:kondoura:20180602123637j:image


仕掛かりの江ノ電800をでっちあげてみました。

ほんとは訳あり機関車のレストアをしてたのですが、少々部品に問題がありましてストップ。

そこで手元にありましたこの箱をしあげることに・・・。

f:id:kondoura:20180528134106j:image


基はアートプロから出てましたエッチング板で、レイルロードの1/87バージョン。上田丸子電鉄モハ2341・42です。

山梨交通のモハ7・8として生まれ、廃止後に上田へ。海の無い所で活躍してたのが、最後に嫁いだのが湘南の軌道線でした。

最初モーターを減らされ、パワー不足になった上に車端2つ扉が乗降時間に影響でてしまい、

運用から敬遠されたとかで車庫で昼寝状態。同じ連結車の600とは差がでてしまいます。

藤沢駅が高架になるため再度モーター増設化。パワー不足は解消されましたが3ドア化されるまではやはり予備選手状態だったようです。


模型は箱までは組んでましたが、妻面に大穴を開けた所でストップでした。

(↑これで江ノ電確定)

以前は台車とかが無いなあ・・・だったのですが、最近調べましたらヤマ模型のが使えるかも?(枕バネが違うのですがまあ良しで。あと都合よく4〜5%ほど縮んでるみたい)とかで採用。

ホワイトメタルの側なので、内側に真鍮材から台車ワクを仕立ててます。

距離は17mmと20mmがありましたのでそれぞれ2両分づつ用意しました。

今回使ったのは20mmので、画像は17mmの方。



f:id:kondoura:20180528133340j:image

f:id:kondoura:20180528133343j:image


インレタとか室内とかが未だなのですが、とりあえず形になりましたので記録。

(あとモーターとかも少し置き方変更しなければダメかもなど)

江ノ電ではこの後3つドア化改造されたり、正面ライトなど下ろされたりでいろいろと崩れてしまうので、

(そのかわり活躍しはじめましたが)

せめて模型では一番好きなスタイル〜にて。

じつは乗工社玉電キットも2両確保しているので、将来仲間を増やせたらなあ〜とか・・

(そちらは仕掛かりではないのでマダマダ先です)

ちなみに17mmの台車はそれ用であります。


久しぶりに引っ張り出しました玉電80でイメージ。

すでに渋谷駅モジュールは解体処分済みなので動かすことも出来ないのですが。車両だけしか残ってません。

(カトーのユニトラックも貸し出したまんまなのでほんとに16.5mmレール無いんです。われながらビックリ)


f:id:kondoura:20180529130423j:image



そういえば昔、乗工社Nゲージ素材で江ノ電のコレがあったような・・

小田急の荷電も。動力はだしか電気機関車利用?)

ふと想い出し〜

f:id:kondoura:20180528155225j:image

f:id:kondoura:20180528134830j:image

f:id:kondoura:20180602115457j:image


KBMC泉さんのモジュールお借りしてなんちゃってシーン!?

f:id:kondoura:20180901233317j:image

2018-04-29

仕掛かり解消2018 その2

エイドリア〜ン〜〜

最終ラウンドまでアポロと戦いきった、ロッキー

そんな気分かも?で

仕掛かり第2段がだいたい形になりましたので記録・


f:id:kondoura:20180502101641j:image


前回の片町線から続きでまたしても色もの国電南武線101系

最近はFABからも出ているようなのですが、これはマスターピース製です。

仕掛かりのまま、タイムカプセルに格納したのが2005年だったようです。

しかも「やっちゃいました・・」の難易度高い状況でした

(大きな声では言えないですが・・、すでに間違いも・・)

http://d.hatena.ne.jp/kondoura/20050920/1127199917



正直、まともに完成させるのはもうダメだろうなあ・・でした。

ザックリ屋根を取り去って木製で仕立てるのがせいぜい・・。

で、前回の片町線を仕立て上げました時に、これもパテとかでなんとかできないだろか・・とか思い立ちました。

丁度三月末の池袋にてお会いしました素材に慣れたモデラーさん方々に話を聞き〜(ありがとうございました〜!)、

ホームセンターで試しに何種類か確保してみましたのが↓になります。

(ほんとはタミヤので・・とのお話だったのですが、ちょうど手に入りましたので!)


f:id:kondoura:20180429174919j:image


具合を確認しまして金属用をつかうことにしました。

これ、固いのでググ〜っと伸ばすとかは難しいです。

手でもむのも一苦労ですし、デブコンと同じにおいとべた付きです。

が、固まりますとけっこうな強度。

f:id:kondoura:20180430144229j:image

黒くなった車体、まずはボコボコ屋根上をキレイに整えて。

この後、パテを盛りつけ。


f:id:kondoura:20180429175635j:image

内側にもパテ。

屋根真鍮板の表裏からパテでサンドイッチ。

しかし、固い。薄く伸ばすのが辛いです。

水ぬらすと伸びるようですが、軟弱にもなるそうで、固さに負けずなるべくがんばってみました。


硬化した結果、強度はバッチリ。ただし重量もアップしてしまいました。トレーラーの軽量化には少々やっかいです。

とにかく、粉だらけになりつつあとはひたすら整えて・・。

(ほんと、地味にじっくりと。下手に力こめますと車体が凹んだりゆがんだりなので緊張です)



良いかな?の確認のため、一度サフェーサーを噴いてみました。

f:id:kondoura:20180429180542j:image




てな感じで、ここからようやっと通常の工作再開となったのでした。

ここからもアレコレ手間を加えております。(モロモロのパーツ穴が巨大なので一度パイプ埋め。しかも大きさ的に二重だったり・・)

床下機器はエッチング素材から折って箱にするのですが、なぜか山折・・・・。

これだけは残念だなあでした。(折った角がひどい甘さ・・・)


南武線の6連は、少数派でしたMc101+M100+T101+M101+M100+Tc100としました。

中間を省けば鶴見線の3連にもできます。

実車は写真など撮ってませんでした。かろうじて秩父1000系だけです。

MMユニットが逆(Mc100とM101から)なのと、冷房化やらの改造で機器が少し違います。

f:id:kondoura:20180504083023j:image


資料画像↓

http://d.hatena.ne.jp/kondoura/searchdiary?word=%2A%5B%BB%F1%CE%C1%2F101%B7%CF%5D





カナリヤイエローの車両はほぼ101系103系(関東の総武線赤羽・南武・鶴見線?)だけですので、この機会に採用しました。


f:id:kondoura:20180429181459j:image

f:id:kondoura:20180430110121j:image

f:id:kondoura:20180430110113j:image

固定編成ですので、車両間は通電カプラー。

屋根裏を隠す意味も含めまして、今回はIMONの室内灯仕込んでます。

ちらつかない、光がムラなく平均的に広がるのが売り。キャパシタ入りで通電切っても5分ほどは明るいままです。

方向幕も透明プラ材(CDケース切り継ぎ)の導光材で光らせてみてます。

けっこう明るかったです。(もう少し暗いほうが良いかも?ですが、もう直せない・・)

行き先は立川稲城長沼

あと、つり革もついてましたので仕込んでます。

f:id:kondoura:20180429182052j:image

f:id:kondoura:20180429182058j:image

f:id:kondoura:20180429182341j:image


椅子なども付けてますが、明かりで丸見えの室内は握り棒や乗客などがいないとビミョー。寂しい・・です。

一応走りはちょっとだけ確認しましたが、ちゃんと安定走行できるかどうかの確認しなければ・・・です。

トレーラーが重いのに1M5T。しかもモーターは前回より小型(同じのは生産終了で手に入らず)

長い時間の連続走行での負荷、影響ありかなしか・・・

f:id:kondoura:20180429191137j:image



次の仕掛かり解消は・・・、いよいよ機関車か?