パン作り このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-07-29-日 いつもと違う台風 このエントリーを含むブックマーク

プルマン

 コース取りがいつもと違う台風が、やって来ると危険なので、昨日は庭のテントを片付けました。夜ぐらいに最も迫って来ると言う予報でしたが、全然気にならなく眠りこけていました。今朝はその雨も上がり、久しぶりのさわやかな風を感じていました。せっせと庭の草や木の片付けをしている邦ちゃんをよそ眼に、アー気持ちいいねー。それにしてもほんとによく働く邦ちゃんです。今朝はかなり早く起きたつもりだったのに、邦ちゃんはとっくに庭の木の剪定などをしていて、汗びっしょりでした。

f:id:maana628:20180728075144j:image:w360

 これは昨日飲んだゴーヤジュースですが、今朝も一仕事終えた邦ちゃんと二人でゴーヤジュースをまず1杯です。二人で調度ゴーヤ1本使います暑い夏にはこれ!なのです。

f:id:maana628:20180728074729j:image:w360

f:id:maana628:20180728074204j:image:w360

f:id:maana628:20180728074200j:image:w360

 夏野菜定番さんたち、毎日畑で待っています。

f:id:maana628:20180728174807j:image:w360

 どんどん採れるナスで、昨日はナスのミートグラタン作りました。をたくさんあるのでつい大きくカットしてしまいました。

f:id:maana628:20180728175750j:image:w360

 畑の玉ねぎ、ニンニクを入れてミンチを炒めてミートソーストマトは水煮缶を使ってしまってから冷蔵庫に程よいのがあったことを思い出してしまいました。味付けは塩、コショウコンソメ

f:id:maana628:20180728181734j:image:w360

 あーあ、たくさん作ってしまいます。昨日と今日で食べました。ナスの皮が口の中で残ってしまうので、次するなら、皮を剥いた方が良いのかも。

f:id:maana628:20180729182019j:image:w360

 一度にたくさんできるからと言って嫌な顔をしてはいけません。こんな風にどんどん食べられるのはほんの束の間のこと。お盆辺りにはキュウリもなくなります。今日はキュウリのたたきにしました。たたいて手で裂いて直ぐに生姜ミョウガをたくさんまぶしてから、ごま油や酢などで味付けです。

f:id:maana628:20180729181237j:image:w360

 オクラは茹でて味付けのしていないものが冷蔵庫にあるので、豚肉で巻いて焼きました。レモンはちみつ味です。茹でたり切ったりして準備しておくと、手軽に作れます。あ、作れてよかったで終わることはなく、ご飯の支度は毎日のことです。追い立てられるのではなく先々やっていればいいのでしょうが、何時でもそうはいきません。時間に追い立てられるように、気持ちを込めることなくやっつけで作ってしまう日もあります。でもやはり、どうせするのなら楽しく出来ればいいのでしょうね。

2018-07-26-木 ピザをいただきました このエントリーを含むブックマーク

畑のトマト

 先日の火曜日職場の健診があってその後に、か〇ちゃんのお宅にお呼ばれでした。健診なので朝から口にしたのはお水だけで、程よくお腹が空いていました。健診の後、グイッとパックのジュースでのどを潤して、遊びに行きました。

f:id:maana628:20180724105538j:image:w360

 幼稚園児のお兄ちゃんに会うのは久しぶりです。予め作って冷凍していた生地解凍してからの作業だそう。二人並んでとても楽しそうに生地を伸ばしていて、思わず写真を撮りたくなりました。素敵な光景です。

f:id:maana628:20180724114746j:image:w360

 可愛いちびちゃんたちとお母さんとで作ってもらったピザのあるテーブル。「この前教えてもらったんです。」と言うドレッシングが格別だからか、サラダもとても美味しくて、一気にいただいてしまいました。朝食抜きの体には余計浸みます手羽先の焼いたのもいいお味で、わたしはこんな風に焼いたことあるかなって反省したり。そしてピザ、美味しすぎです。なんて貧しい語彙・・。なんて言ったらいいんだろうか、ただ美味しいのではなくて、ジワーッとしみじみ美味しい。泣き虫赤ちゃんの時から見ているので、一緒にテーブルを囲んでいることもなんか楽しいのです。

f:id:maana628:20180724130142j:image:w360

 ピザでお腹いっぱいになったところで、ちびちゃんたちはじっとしていません。わたしもじっとしているより体にはいいので、リビング狭しとせっせと一緒に遊びまわります。お兄ちゃんの方はかなり力も付いてきていて、こちらもうかうかしていられないほどです。

 自身コーヒーが飲めないのに、わたしにコーヒーを、素敵なカップに入れてくれました。ウィークエンドシトロンのようなコクのあるレモンケーキ図書館から借りてきたんですって言って、見せてもらったページにあったケーキです。これ、お土産にもいただいてきました。

f:id:maana628:20180724130206j:image:w360

 わたしの方がうーんと年上なのに、この癒される感じったら・・。暫く会ってないとたまらなく会いたくなる存在です。新しいレシピの本を見たり、頑張っている姿がまた刺激になりました。今日も、彼女との出会い感謝です。

  

f:id:maana628:20180724142340j:image:w360

 このナス、上の方に天狗の鼻の様なのがあります。天狗ナスっていうそうです。今年の畑のナスは全部この天狗ナスです。身が柔らかくて大きくなります。

f:id:maana628:20180725171736j:image:w360

 昨日は焼きナスにしました。焼いても、天狗の鼻が残ります。

 

2018-07-24-火 孫、ハーフバースデー このエントリーを含むブックマーク

バターロール

 1週間ぶりの日記になります。この前の週末の土曜日、二人目の孫のハーフバースデーでした。生まれて6カ月経った日のお祝いです。この頃では若い人の間で流行っているそう。ていうか、子供の初バースデーって元々若い人だけど。

 末っ子夫婦の家にそれぞれの両親を呼んでくれました。大人6人赤ちゃん一人でタコパーの始まりです。この猛暑の中、タコパーをしてくれると言う・・ありがたや。

f:id:maana628:20180721190712j:image:w360

 一人目の孫は遠く九州に居るので、なかなかこういう機会にも参加できずですが、車で30分ほどの距離なら何かと一緒にお祝いすることが出来て、嬉しいことです。今日この日のありがたさに感謝しましょう。すくすくと育っている孫と息子夫婦を、笑顔で見ていられる幸せ享受しています。

 自分の子供を愛おしく育てている息子夫婦のその様子を見て、我が身を振り返ってみてもなかなか思い出せないのですが、どうしてでしょう。その時その時に一生懸命でどんどん忘れてしまっているのでしょうか。わたしは息子3人をどういう風に育てていたのかなんて、夢を見るような遠い感じがします。きっと、歳を取ったってことなのかもしれません。あはは

f:id:maana628:20180722081519j:image:w360

 日曜の早朝と言えども暑い中、邦ちゃんが収穫してくれました。

f:id:maana628:20180722082629j:image:w360

 さっそく朝食にゴーヤジュース作りました。夏はこれ!と言えます。体の中からスーッとしてきて、エネルギーをもらえそうです。先ずは1杯。美味しーー!

f:id:maana628:20180722124249j:image:w360

 お昼は冷めんに野菜を載せていただきます。今年、オクラは何本も植えて穫れすぎるので、さっと茹でたものをつゆに浸けてお浸しにして冷蔵庫の中で常備食です。ネバネバが体に効いてくれることと思いながら。

f:id:maana628:20180722182830j:image:w360

 ピーマンもたくさん採れます。採ったその日は先ずサラダで、ごま油を少しまぶしてナムル風にいただきます。ゴーヤのサラダも毎年夏が来ると食べたくなる定番の物になっています。

f:id:maana628:20180722182942j:image:w360

 夕食のメインは鶏肉とピーマンの炒め煮でした。畑の野菜たち、大活躍です。暑さに文句も言わないで育ってくれて、こんな風に恵みをもたらしてくれています。

f:id:maana628:20180722181448j:image:w360

 常備食のナスの炒め物です。冷蔵庫に入れてひんやりしたところをいただくのが、最高の夏の食べ方です。畑の野菜で常備食だらけの冷蔵庫の中。もうそれだけでお腹いっぱいのご馳走になります。これも、歳を取ったってことでしょうね。

2018-07-17-火 海の日休みに このエントリーを含むブックマーク

そば茶ソフトクリーム

f:id:maana628:20180714111117j:image:w360

 白山展望台です。空青く、はるか遠くに白山が見えました。雪が残っています。この海の日連休邦ちゃん実家帰省にお供しました。その途中、昨年もそうしましたが白山白川郷ホワイトロードを通って来ました。

f:id:maana628:20180714103401j:image:w360

f:id:maana628:20180714102253j:image:w360

f:id:maana628:20180714102755j:image:w360

 白川郷展望台からの眺めと「ブナのこみち」です。ブナの原生林が茂っているのですが、歩けるようになっている小道もありました。四季折々楽しめるのでしょうが、今は真夏の涼です。吹き抜ける風が下界よりは涼やかです。きっと紅葉や新緑も楽しめるのでしょう。

f:id:maana628:20180714115056j:image:w360

 姥が滝(うばがたき)と親谷(おやだに)の湯です。姥が滝は日本の滝100選に選ばれているそう。この天然の温泉に、入っている方がいました!気持ち良さそうでした。この温泉の上には足湯があって邦ちゃんは浸かっていました。

f:id:maana628:20180714121158j:image:w360

 駐車場に止めてから随分歩いたように思われました。眼下に流れる川の水を見ながら何とか頑張って歩いて行きました。ホワイトロード、今年も歩かされます。自然の中は気持ちいいから、まいっか。吹き出す汗もまた爽快かも。お互いに老体、大丈夫?などと気遣いながらの。

f:id:maana628:20180714130012j:image:w360

 ホワイトロードの最後の楽しみ、ランチタイムは去年と同じ温泉宿「湯宿 くろゆり」にやって来ました。何食べようかね、二人同じもの飛騨牛の丼にしました。温泉水を使ったお味噌汁がお代わりしたいほどです。牛丼も美味。小鉢ウドのきんぴらがありました。「美味しいね。」

f:id:maana628:20180714134047j:image:w360

 食後邦ちゃんは温泉へ、わたしのんびりコーヒータイムです。この宿、のんびりしていていいです。中宮温泉で自然湧出、天然かけ流し胃腸に良い飲める温泉とされているようです。朝早くからの運転もここでリフレッシュしたことでしょう。わたしは何よりぼーっとコーヒー片手が最高です。

f:id:maana628:20180716062650j:image:w360

 実家に帰って、あくる日未明に邦ちゃん兄弟釣りタイム。夜明け前の3時ごろに出掛けたようでした。釣果は大量のキスわたしたちが持って帰る分のキスを処理してくれているところです。アイスボックスに氷を詰めてもらって持ち帰りました。邦ちゃん兄弟は釣りの後ビシッと最後までするのがとても素敵だなっていつも思います。

 お墓参りしたり、邦ちゃんの兄嫁さんたちとショッピングしたり、家事をしなくていいのんびりタイムを過ごさせてもらいました。いつもよりかなり早くに寝ることも出来て、贅沢させてもらえます。

f:id:maana628:20180715202057j:image:w360

 夜ご飯に近くの「まぐろや」に連れて行ってもらいました。

f:id:maana628:20180715191737j:image:w360

 予てから邦ちゃん、その他みなさん絶賛お勧めのどぐろにやっと会えました。申し訳ないのですが…わたしには少し濃いお味でした。これはのどぐろの炙り、ご馳走さま。大人6人子供1人でスポンサー義母です。邦ちゃんの実家と言う温かさに感謝です。

f:id:maana628:20180716103525j:image:w360

 帰省から戻る途中、ドクダミ茶が欲しくて寄った道の駅でしたが、欲しいものはありませんでした。ふと見つけたお菓子を邦ちゃんが懐かしがっていたのでそれを買って来ました。

f:id:maana628:20180716164925j:image:w360

 いがらもち。昔よく食べていたそうで、帰りの車の中で頬張っていた邦ちゃんです。わたしは家に着いてゆっくりお茶いただきました。中身はこしあんで、お米を張り付けた粒々でイガイガ感を出しているのかな。郷土のお菓子ってどこか郷愁と云うか温かみがあってなんかいいです。道の駅のお菓子、どれも美味しそうだったなぁ。

f:id:maana628:20180716175720j:image:w360

 夜、、キスをから揚げにしていただきました。残りはエスカベッシュに。

 家に着く前に畑に寄って、大きくなり過ぎてしまったキュウリナストマトオクラなどの収穫を済ませてきました。たぶん家に着いてしまったら暑すぎてもう動けなくなるような気がして。 ほんとに暑くて参ります、この猛暑

でも、暑い暑いと言ってるだけのわたしなど、たいして苦労などありません。西日本豪雨によりもたらされた災害とその後の片付けを余儀なくされる方々や、その手伝いを去れるボランティアの方々のことを思うと。

 こんなわたしの、ただ何もしないでも噴き出る汗など、何のしんどさにも値しないものですね。

2018-07-04-水 大井川鉄道の旅 このエントリーを含むブックマーク

大井川鉄道へ

 週末に大井川鉄道に乗り寸又峡へと行きました。わたしが二十歳だったころ、発刊されたアンアンノンノをよく読んでいました。旅の特集には胸をときめかせていたように思います。「寸又峡」(すまたきょう)と言う名が目に焼き付いた記憶は鮮明です。信州が大好きで、そこに載っている場所に憧れては一人旅していました。その中の一つ、寸又峡には行くことがありませんでした。何故心に残っているのかも、なぜそこには行かずにいたのかも、大した理由はないと思われます。

 土曜日の早朝出発して、車は新金谷駅前のパーキングに入れました。大井川周遊きっぷを買って、新金谷から千頭で一旦下車して千頭から奥泉までガタゴト揺れていきました。奥泉からは寸又峡温泉行のバスに乗り換えです。朝5時に家を出てそのバスの終点駅に着いたのが11時ごろでした。

 バス亭のそばのお店で山菜そばなど食べて、つり橋に向かって歩きました。

f:id:maana628:20180630121023j:image

 大間ダム湖に架かっている「夢のつり橋」です。こうして写真を見てると、よく歩けたなぁ、なんて思ってしまうほどです。この日は空いていたようで、混み合うときには2時間ほどの時間待ちもあるとか。人数制限があって、一度に渡れるのは10人でした。若い二人ずれのカップルが多い中、老人ふたりでドキドキしながらそろりそろりと歩きました。死ぬまでに渡りたい世界のつり橋トップ10入りしているとか。人造湖エメラルドグリーンが美しかった。

f:id:maana628:20180630182411j:image:w360

 宿には早めに入り、明るいうちから温泉にのんびり浸かりました。ひとりじめ露天風呂は最高でした。夕食では運ばれてくるご馳走を目の前にし、「今日はこれで夏越しの祓やな」などと言いながら、半年無事に過ごせたことや家族にとってもいいことがあったねと言いながら、わたしも少しお酒をいただいたりして。

f:id:maana628:20180701064006j:image:w360

 宿の朝、朝食前に新聞を読もうと降りてきました。朝刊が来るのは8時半ごろだと言うことで、前日の新聞を読んでいました。いつもと違う静岡新聞で、珍しくもありです。宿に泊まると、たいてい朝にはその辺りを散策するのですが、この日は私はしなくて邦ちゃんはやはりちょっと歩いたようです。

 8時過ぎに宿を出てから始発のバスで大井川鉄道奥泉まで、そこから南アルプスあぷとラインと呼ばれる井川線に乗り井川を目指します。

f:id:maana628:20180701095002j:image:w360

f:id:maana628:20180701101647j:image:w360

f:id:maana628:20180701101725j:image:w360

 車窓の風景はただ感嘆するばかり。乗っている鉄道そのものからも先ず、いつもと違う何かに誘われてはいるのですが、窓に広がる風景はどんどん日常からあっさり切り離してくれます。風も気持ちいい。

 終点の井川には5月に土砂崩れがあったため不通でしたので、一つ手前の閑蔵駅まで行くことにしました。そのまま乗っているだけではもったいないので、奥大井湖上駅途中下車して、接岨峡温泉駅と言う次の駅まで1時間ほど散策するコースを歩くことにしました。

f:id:maana628:20180701104608j:image:w360

 接岨峡温泉駅では何年か前に来た時には日帰りで温泉に入ったことがありました。 秘境の駅にまたも来たんだなぁと言う思いでした。ここからもっと奥の最終地点まで井川線に揺られ折り返し、千頭駅までまた車窓を楽しみました。

 千頭から新金谷までのSLはたまたまトーマス号に空席があって、それに乗ることに。走っている沿道では畑の作業中の人河原で遊んでいる子供たちや道路のふちに並んでいる人たちや大勢の方が、手を振っていました。トーマス号が走っているのを写真に撮る人たちも大勢いたことだと思います。こちらも笑顔で手を振って応えます。あっという間に終点の新金谷に着きました。車内は小さな子供連れの家族が殆どでした。わが孫も親に連れられていつかこのSLに乗る日があるのかも知れません。

 前日に止めたパーキングに着くと、ここに止めたのが昨日とは思えないほどもうちょっと前のような気がしていました。邦ちゃんと二人、週末の平凡で楽しい旅がありましたとさ。この平凡に心からの感謝