パン作り このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-01-17-水 梨のジャム作りました このエントリーを含むブックマーク

梨&リンゴのジャム

 雨の雰囲気がして目覚めた朝でした。朝に聞く雨音は何となく沁みてくるような心地よさがあります。今日は何しようって思うことの出来るのんびりとした休みの日の朝の幸福感、たまりません。

 日がな一日雨降りさんでした。雨の日の家仕事、今日午前中は冷蔵庫にあった梨を煮ながら、食器棚の整理をしました。食器棚と言っても全部ではなく、コーヒー椀の類の棚です。普段は奥の方まで手を伸ばさなくて、手前の物だけを使ってしまいますが、折角あるのだから使い勝手のいいように並べようかなと思って。上から下の棚まで全部のコーヒー椀皿の類を出してみると、思ったより少ない気がしました。コーヒーのカップに比べそのソーサーになるお皿の部分が何といっぱい。たくさんあると思っていた割には少ないのは、欠けたり割ったりしてしまったんだね。もうコーヒー椀5客とか揃えたい気持ちは全くありませんので、少なくなっても構わないのですが。そういう風に考えるのも歳の所為なのかな。何も捨てたものはないので断捨離とは言わないのでしょうが、ごちゃごちゃしていて何が入ってるのか分かりにくかったものが、整頓できて気持ちはスッキリです。次はその下の部分、ごちゃごちゃと入り乱れて入っている何やかや。たまに片付けてはいるもののいつも時間が無くなって中途半端な片付け方で終わってしまうところ。やる積もりです。

f:id:maana628:20180117104253j:image:w360

 ジャム作りには欠かせないレモンです。これは先日末っ子のお嫁さんの実家からいただいたものです。切ると何ともきれいで思わず写真を撮りたくなりました。

f:id:maana628:20180117121045j:image:w360

 梨は正味1kgありました。梨だけではペクチン質が足らないかなと思ってりんごを少し足しました。紅玉の皮を剥いて135gプラスです。グラニュー糖を30%ほどとレモン汁を入れてコトコト40分ほど煮ました。ペアガラスの窓に文字が書けるような水蒸気。ほの甘い香りが漂っていました。

2018-01-16-火 一人時間 このエントリーを含むブックマーク

ココア食パンサンド

 今年はずーっと毎日書いているので、それも習慣化してしまって、今夜はもうそろそろ日にち変更線に近付いているのですが、こうしてPCの前に来ました。習慣って恐ろしい。何でも良い習慣が付くのはいいことですから、恐ろしいと言うのは使い方が違いますね。二つのことをしていると思うと気持ちがいいのは、貧乏性だからでしょうか。日記を書いている時間ストーブを点けて洗濯物を少しは乾かせていると言う、この二つのこと。因みに今部屋干ししているのは今日の分とは違って明日干す分です。洗濯機は夜に1回回しておきます。

 今夜は末っ子夜ご飯を食べに来てくれたので、PCの前に来るのが遅い時間になりました。冷凍庫にある手巻き寿司用のお刺身賞味期限間近で、二人だけでは食べきれそうもないので助けてもらったのでした。長男は手巻き寿司は食べないので、わたし邦ちゃん二人です。そして今日もまだ邦ちゃんのお腹調子が良くないので、若い人に食べてもらえてよかったです。邦ちゃんのお腹の調子が良くないのはちょっと心配画像サンドは邦ちゃんの要望作りました。これなら食べれそうって。

 今夜は手巻き寿司のメニューでしたので、邦ちゃんは生ものは止めておくという事で、卵焼きを作って、それと納豆にしましたが、お刺身をお皿に広げていると、少しは手が伸びたようです。でも全然本来の食欲とは違うので、やはり心配です。長い間連れ添ってきた連れ合い健康って、わが身よりもなんか気になるものなんだなって思いました。普段ちっともそんなこと思いませんが。ま、そんなこと思う日があってもいいかも。

f:id:maana628:20180116140819j:image:w360

 仕事帰りの遠回りの寄り道でのランチタイムケーキセットでお昼ご飯はよくありません。けどたまにします。ここはオアシスなのです。今朝は二度寝入りしてしまいまして、座って朝ごはん食べられず慌てて出勤してしまいました。自分がいけないのですが、仕事中お腹空いたぁ…と独り言。仕事中からランチはここって決めて頑張りました。とっとと家に帰って食べたらいいものを、わざわざ遠回りの寄り道ランチ。惹きつけられる何かがあって、引き寄せられてここに来ます。「明けましておめでとうございます、今年もよろしくお願いします。」とマスターとご挨拶

2018-01-15-月 小豆粥 このエントリーを含むブックマーク

ココアのプルマンとパウンドケーキ

 日差したっぷりとあって青空の晴天、気持ちの良い冬の一日でした。朝起き掛けにちょっとだけ腰に違和感があったので、用心してお布団を干すのは止めておきました。お日様の温かさが勿体ない気もしましたが、無理は止めようと。少しずつ用心することも覚えてくる年齢です。無理した後のコワさを知らしめられる年齢です。

 東側に窓があるリビングでの朝は、太陽がいっぱい入り込んで、冬の朝にはありがたいのです。昨夜から水に浸しておいた金時豆を煮ながらの朝が始まります今日は何をしようかなと思いを巡らす、なんて贅沢な時を過ごせているのでしょう。そうだ、今日は小正月小豆粥でも作ろうかなと思いました。朝に食べたら体も温まっていいのかも知れませんが、夜に作ることにしました。

f:id:maana628:20180115190901j:image:w360

 仕事から帰宅した邦ちゃんが、「なんか今朝からお腹調子が悪いんやわ」って。昨夜から食べたものを思い出してもお腹に中るような生ものはありませんでした。「なんやろね、夜はお粥にしたからちょうど良かったわ。」そんなわけで、たまたまお粥が邦ちゃんのお腹の調子にも良かったようです。腹八分目で、お粥も少しだけにしていました。わたしは美味しくてお代わりしました。早く治りますように。

f:id:maana628:20180115201310j:image:w360

 プルマンを焼きました。何か入れるものあるかな、何味にしようかな・・。昨夜もそうでしたがココアに気持ちが行くようで、ココアを入れたプルマンに決めました。そんな風にアレンジが利くように、基本のパン作りを教えていただいた先生に今更ながら感謝しています。もう何年になるんでしょうか、教えてもらっていた頃から。パン作りも進化してきているのかも知れませんが、わたしは習った当時のままのパン作りです。

f:id:maana628:20180115202328j:image:w360

 プルマンと同時に焼いたパウンドケーキです。これまたココアを入れて。チョコチップも入れて、あとはレーズンです。昨日焼いたブラウニーとどう違うんだろう。作り方に若干の違いがありますが、平らに焼くか型に入れるかで、ほとんど一緒かな。どんだけココアに気が行ってるのでしょう。

2018-01-14-日 ドレスコード白 このエントリーを含むブックマーク

ブラウニー

 日曜日はいつもより仕事が早く終わります。午前中には帰ることが出来るので、終わった後がちょっと楽しみなのです。急いで行けばモーニングも間に合う時間です。仕事を終えて駐車場の車の中、外は寒くても車の中は温室の様に暖かです。その日の気分で、本屋さん、お店・・、邦ちゃんが待っていそうなら寄り道なしのことも。日曜のお昼は何か自分で好きなように食べているので、邦ちゃんのお昼をそんなに気にかけることをしなくていいのは有り難いです。

 今日は、久しぶりの友達に会いました。車の中からメールして、彼女もちょうどいいタイミングだったようなので行くお店の駐車場で待ち合わせました。お店の中に入って待っててもいいのですが、駐車場に止めた車の中で気持ちよくお日様と仲良しになっていました。運転していた席でそのまま目を閉じられる心地よさったらないわ。そこに仕事を終えた解放感もありますし。

 半年ぶりぐらいに会った彼女には息子さんの結婚の話も聞きたかったのです。一月ほど前にハワイ親族だけのシンプルな式を挙げたそう。写真を見せて、と言って彼女のスマホを貸してもらって拝見しました。ドレスコードが白という事だったそうで、写っている方たち全員が白の装いなのでした。ハワイでは正装がアロハだと聞いていたので、びっくりしました。ホワイト&ホワイト、みんな白色でとてもきれいでした。結婚式に招かれて白い色はタブーだと思っていたのですが、そんなこともないんですね。このドレスコード白と決めたのはお嫁さんだそう。幸せそうな写真をいっぱい見せてもらえて、久しぶりに話が出来て彼女との時間は、わたしにはないシャープさが気持ちいい。

f:id:maana628:20180114225410j:image:w360

 夜遅くなって作りたくなって焼いたブラウニーです。作りたい病が発生しました。

 くるみが少し残っていたのでそれと、ラム酒に漬けたレーズンたっぷり入れました。チョコ森永板チョコ使用しました。

2018-01-13-土 甘酒しるこ このエントリーを含むブックマーク

甘酒しるこ

 今日は一日中家の中で過ごしました。

 1年ぐらい前から米麹を使って甘酒を作っています。なくなったら作ると言う風で、冷蔵庫に切れていることはあまりありません。最初のうちはお粥と麹を混ぜていたのですが、もち麦入りのご飯と麹で作るようになってからは、ずっとそれを作り続けています。もち麦のプチプチ食感が何とも美味しくて、病みつきになったままです。夏場はともかく冬場でも冷蔵庫から出してそのまま、温めることなくいただいています。仕事から帰ってすぐにいただくのは、ほんとに体にしみわたるように美味しさが広がります。

 NHKの番組グレーテルのかまど」でこの前見た「甘酒しるこ」が気になってました。常備している甘酒とお餅なので、直ぐに出来ます。お餅を小さく切って焼いて、こればかりは甘酒はお鍋で熱々にしました。

 「グレーテルのかまど」は15代目ヘンゼル役である瀬戸康史がいつも留守でいない姉のグレーテルのメモを見ながら、グレーテルの為にスイーツを作ると言う設定。出来上がったらいつも帰ってくるのですが、姿は見れません。お姉ちゃんの為にかいがいしくおやつを作って待っていてくれる、こんな弟がいたら幸せだわ。

 この番組、最初に偶然観たのが「樋口一葉おしるこ」でした。樋口一葉の若い日の出来事を吸いつくように見ていました。と言っても樋口一葉は若くして亡くなりましたが。物語の中からであったり、人物の思い出の中からだったり、その登場するスイーツに因んでのエピソードが、レシピを挟んで描かれていて好きな番組です。

 ちなみに「甘酒しるこ」と言うのは、漫画聖☆おにいさん』にでてくるのだそう。作者の中村光さんにとっては「甘酒しるこ」と言うのは、ごく当たり前なずっと食べてこられた郷土料理なんだそうです。甘酒とお餅、わたしにとっては思いもよらなかった組み合わせですが、ほっこりと体も心も温まって来る、和むスイーツでした。この冬、これから登場すること間違いなし。きっとこれから毎年も。