左翼というのはプライドたりえるのだろうか このページをアンテナに追加 RSSフィード

初めてきた方は、このサイトについてをご覧ください。
ミラーサイトも一緒にご利用ください。


人気blogランキングにご協力お願いします!

2006-12-12 それが世の中というものだよ

[]それが世の中というものだよ 14:52 それが世の中というものだよを含むブックマーク それが世の中というものだよのブックマークコメント

自民党造反議員が復党することについてガチャガチャしたことを聞いたので。


正直な話、「これでは何のために自民党に投票したのか分からない、騙された気分だ」とか言っている奴はホームラン級のアホである。


これは間違いない。

今までの自民党の言動見てたら、一遍派手に追い出した奴らを戻すなんて当然予想ついてなきゃならないわけで。

あなたはをそれをひっくるめて自民党に投票したんじゃなかったのか?

ってな感じですよ。

それを「騙された」なんていうのは、「自分がアホです」と公言しているようなものだ。

せいぜい、「いい授業料だと思って次からはそゆこと考えてから投票しなさい」

というしかない。


杉村タイゾーが、小泉氏に「議員は使い捨てとゆうことを覚悟しなきゃいかん」とかいわれて

「そんな〜ひどいよう〜」とか言ったとか言わないとか聞いて僕はひっくり返ったんだが。

太蔵君、もしかして、きみ、次も公認いただけるとか思ったわけ?

もしかして次は小選挙区一個もらえるとか比例上位にしてもらえるとか思ってたわけ?

あまーい。あまいよ。あますぎるよ。

自民党の言うことに何でも反対してりゃ政権が転がり込んでくると思っている小沢さんくらい甘い考えだよ。

偶然当選できてよかったね。でも君、別に利権持ってないし特にいらないから次はバイバイね、また雑用係に戻ってね

ってそういう党だって事くらい分かって君は自民党に入ったんじゃなかったのか?


ここで僕は自民党をかばいたい訳でもけなしたい訳でもない。

ただ事実を述べているだけだ。

自民党は利用価値のある人間にはどこまでも暖かいし、入れる利用価値と入れることによるデメリットを天秤にかけてデメリットのほうが大きくなった瞬間に放り出す。

それは、一国を支配するには当然過ぎるほど当然のリアリズムだ。

そこには善も悪も美も醜も無い。

いまのところ、自民党公明党は蜜月の仲のように見せているが、

選挙の結果、例え与党が過半数とっても

民主党議員数+公明党議員数>自民党議員

になった瞬間に公明党自民党を裏切って民主党につくだろう。

その方が創価学会の力が国政に及ぼしやすいし、人権擁護法案など公明党はより民主党に近い。

「今まで協力してきた」だの「義理」だの言う概念は初めから公明党にはない。

それを自民党も重々承知しているが、それを汚いとか節操がないとかそしる考えは自民党は全く持ってないだろう。

自民党だって衆参両院で単独過半数がとれ次第、公明党を切る気は満々だからだ。

それが分かっているから、公明党自民党をそこまで勝ちまくらせる気はないし、ひそかに民主党を応援してたりする。

そういう魑魅魍魎国会議員は汚いとか筋を通せとかウダウダ言う奴は分かってない。

何も分かっていない。


理想は金をくれるのか?

節操は票を集めてくれるのか?

清廉でいれば権力が手に入るのか?


国会議員力学はこれしかないんだ。

僕らにできることは、そういうことを分かった上で国会議員をうまく利用するか、

青臭いことをいって自爆するしかないんだ。

うん。














別に今日マンガ喫茶で読んだカイジが面白かったからこんなこと言ってるわけじゃないぞ?→人気blogランキングへ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/meiwakoko/20061212