Hatena::ブログ(Diary)

Blog Mhichil

Sat 7-3-15 Burnett, The Secret Garden

Immersion Reading で読む『秘密の花園』

Frances Hodgson Burnett, The Secret Garden [Kindle版]


f:id:michealh:20150307094837j:image:w280:right

 バーネト(Frances Hodgson Burnett)の『秘密の花園』 The Secret Garden (1911)を Immersion Reading で読んだ。すばらしい朗読にめぐり逢うことができた。Vanessa Maroney の声はヨークシャ方言をふくめ実によく物語を浮かび上がらせる。

 よく知られた児童文学の古典。作家の梨木香歩福音館文庫創刊10周年記念小冊子で<わたしの一冊>として『秘密の花園』をえらび、「光を求める生命の力」という文章を寄せている。その前半部分。


孤児になった女の子・メリーが引き取られた屋敷には、「秘密の花園」があった。屋敷の使用人たちは皆その存在を知っていたが、表立って口にすることはなかった。が、いったんその「誰にも顧みられない」花園の話を耳にするや否や、メリーは取り憑かれたようにそのことしか考えられなくなる。その再生に、いつのまにか自分の再生もかけていたのだろう。メリーはどのようにして「秘密の花園」とかかわり、そしてまた、どのようにして再生させていったのか。


この屋敷には千もの部屋があり、うち百は開かずの部屋。庭園の中にも開かずの花園がある。

 梨木の文章の後半。


メリーが、従兄弟・コリン、友人たち、周囲の大人たちと文字通り「体を張って」ぶつかり合い、協力し合っていくさまは、まるで光に向かって変化・成長せざるをえない植物のありようのようだ。生きとし生けるもの、それぞれ皆が持っている「光を求める力」が、やがて奇跡を起こす。表には出てこないが、今はこの世にいない人たちとのかかわりもまた示唆的で、興趣深い。細やかなエピソードに至るまで、まるで魔法のような生命の神秘が全編を覆っているので、ぜひ完訳版でこの名作を味わっていただきたいと願っている。


メリーの変化を植物のそれになぞらえ「光に向か」うとしたのは梨木の慧眼。死者との交わりに対する感性も梨木ならでは。さらに、太字にした部分、全編を覆う「魔法のような生命の神秘」の指摘は印象的。

 ところが、「ぜひ完訳版」を、とは無理な願い。本書は第3章から急に難しくなる。引き取られる先ヨークシャの方言が頻出するから。英語にフランス語ラテン語が混じるより読解は難しい。(福音館文庫版『秘密の花園』は464頁。)

 Vanessa Maroney の朗読は同方言を始め、登場人物による声を使い分け、物語の雰囲気を高める。見事という他ない。この朗読に対応するテクストとして ICU Publishing (2011) 版の The Secret Garden (Illustrated)を使ったが第26-27章のあたりで朗読に本文が対応しないなどの不具合が Kindle Fire HD では起きた。テクストは Lee-Anne Phillips が編集した The Secret Garden [Illustrated] (「挿絵附き」の注記が角括弧)のほうが X-Ray 附きだし、Book Extra で関連情報がいろいろ見られるのでよいかもしれない。どちらの Kindle 価格も百円なのでぼくは両方買った。(Vanessa Maroney の朗読は Commuter's Library 刊で定価は千円ほどだが、www.audible.com で買えば、Kindle 本の購入者には安くなる。)

 本書は児童文学としては殆ど文句のつけようがないほどの作品と思うが、一点だけ気になることがある。著者の Christian Scientist (*)としての世界観は、庭園の治癒力およびコリンの科学的実験という本作の柱の部分を支えるだけに、意外にも発表当時それほどの人気を博さなかった一因になっているかもしれない。(*クリスチャン・サイエンス19世紀後半に米国で興ったキリスト教系の新宗教。病の霊的な癒しを強調し、1990年代までは医療やワクチン接種を拒否していた。)


〔研究ノート〕

Immersion Reading のペア……Immersion Reading (朗読と本文とが同期する読書体験)に対応した Kindle 本と Audible オーディオブックの組合せの選び方について。Audible のサイトの 質疑応答頁 に選び方の指針がある。〔註。現在は対応機種が増えている。〕


Any Whispersync for Voice-ready Kindle book and any Whispersync for Voice-ready Audible book is also able to be used for Immersion Reading on the Kindle Fire HD 8.9", Kindle Fire HD 7", Kindle Fire 2nd Generation.


この説明を真に受ければ Whispersync for Voice 対応と書いてある Kindle 本と Audible オーディオブックとを選べばそれでよいように見える。ところが、現実にはそれぞれ複数の版が存在することがある。そうすると、それぞれで選択をすることになるが、任意のものを選んで組合せられるかというと、そうでもないことがある。Whispersync for Voice 対応の、ある Kindle 本を先に購入して、同対応の Audible オーディオブックを選ぼうとすると選べないオーディオブックがあることがある。つまり、Whispersync for Voice 対応の本と録音とについて、結びつけられる組合せとそうでない組合せが存在するということだ。

 この問題はどうやれば解決するか。まだ判らない。Audible の会員になれば、Whispersync for Voice 対応のオーディオブックから、それと組合せられる Kindle 本へのリンクが表示されるらしい。


ヨークシャ方言……例えば第4章で召使のマーサの 'Canna' tha' dress thysen!' という質問にメリーは「あなたの言葉が判らない」と答える。これくらいなら判るかもしれないが、もっと難しくなると現代の英国人でも判らなくなり、よくヨークシャ北部の人に尋ねたりしている。語彙だけでなく文法にもヨークシャ方言の特徴は表れる。方言というと標準語に比べて一段下に見られがちだが、この方言は英文学では特別の地位があり、『嵐が丘Wuthering Heights の wuthering (うなるような音を立てて激しく吹き荒れる風の形容)などは誰でも知っている。ヨークシャ方言協会もあり、この方言は奥深い。






記事一覧 引用文献略語表
Geam Mhichil
Profile  Bookmark
このブログをはてなアンテナに追加  RSS  Mobile

517294



アーカイヴズ
sean-nos | song | ceol (音楽)
CD | DVD |
Gaeilge | English
focail (語録) | dan (詩) |
etc | Russia
梨木香歩

(過去の記事の表示が乱れた場合は、URL の末尾の 'p1' などを消去して再読込みしてみてください)

最近のコメント

1. 01/14 tongariyama
2. 01/14 michealh
3. 01/14 tongariyama
4. 02/25 invs
5. 12/24 michealh
6. 12/24 熊谷
7. 02/19 michealh


関連リンク:
エラハタス
RnaG (アイルランド語ラジオ)
Against The Grain (Blog of RatzingerFanClub)


cairde:
踊る阿呆を、観る阿呆。
クラン・コラ・ブログ(アイルランド音楽の森)



<< 2015/03 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


ブログ
ブログ1: はてなブログ
ブログ2: tumblr ブログ
ブログ3: こちら
(1は詩・音楽・アイルランド関連の話題、2は写真・音声・引用のクリッピング、3は短信や書評、CD評、アイルランド語など)


 目次(一部)

はてなブログを始めました
メタボとは本当に怖いのか
「その日」の前後のひとの歩み
物語は詩に、あるいは歌に近づく
高城剛の提唱する魂の健康とは
Kindle用のアイルランド語辞書
「星守る犬」と人間とのかかわりをえがく
ミニマリストの宇宙観
All about Harriet (少女探偵フレーヴィア・シリーズ第六弾)
’Geronimo!’ と11歳の聡明な少女探偵は叫んだ
「命がけの実験」(梨木香歩)を読む
笑いの神話化 Mythologie de rire
ルピナス探偵団の記念碑
二十世紀の黄昏を生きる少年少女たちの推理とは
創作の背後にあるもの
神聖な眠りにおちる主婦
タマリンドの木のかげに
動くことには魅力がある
途方もなく広がる沃野──ケルト口承文化
どんな歴史書にも書いていない常民の生活史
フランシスコ会によるヘブライ語詩編の現代日本語訳
2006年度T・S・エリオット賞を受賞したヒーニの第12詩集
イェーツ以来最高の詩人といわれるヒーニの第1〜第8詩集
日本に対して真の独立国としての自覚をうながす
創作の苦しみが断章に
梨木香歩のイングランド体験
月と闇と海と━━ある写本師の物語
横山秀夫、入魂の一作
デンマークのフェミクリミの旗手によるミステリ・シリーズ第一作
池澤夏樹がなぜ民俗学の著作を入れたか
1950年代と60年代のSFを雑誌を通じて描く労作
知を超えて Beyond Intelligence
Morpurgo, ’Cockadoodle-Doo, Mr Sultana!’ を読む
梨木香歩「熊野古道 闇の向こうを目指して歩く」を読む
安岡治子「ドストエフスキーと正教」を読む
安岡治子「ロシア文学における東と西」を読む
題名に込められたなぞ
政治漫画をとおして政治認識と政治分析にひとつの視点をつけ加える
激動の百年を雄弁に語る風刺漫画
イスカンデルの代表作。絶えずあさっての方角から球が飛んでくる愉しさ
梨木香歩「風と双眼鏡、腰掛け毛布」第1回「大の字のつく地名 大洗」を読む
環境問題を高校レベルの数学で定量的に理解する
今こそ世界史の教養が必要
現代詩をめぐる小池昌代らの対談+佐藤優のキリスト教観
SF詩特集号で飛浩隆「La Poésie sauvage」を読む+高塚謙太郎の考察+広瀬大志・伊藤浩子「女人結界」
イェーツの幻の物語(1897年版『秘密の薔薇』)
イェーツの唯一の全詩集
キーティングのアイルランド史を読む
ケルトに関する幅広い論集
興味深い注が多いヨハネ黙示録
語法を通してパウロに迫る翻訳
岩波版の新約聖書第三分冊
眼を開かせる「ルカによる福音書」訳注
眼前の霧が開けるような訳文と註釈
少年少女にこそ、まだ希望がある
梨木香歩作の蟹塚の縁起物語に木内達朗の絵を添えた絵本
宮沢賢治の文章に木内達朗の油彩画を添えた絵本
熱狂の時代をくぐり抜けたシェリー
談話分析のクラシック
明快な英文を書くために
シャンプーが毛髪の健康を阻害する
記紀神話に隠された女神の来歴
進化の「あがり」をめぐるスリリングな短篇
棋士はいつも内なる火と闘っている。外の火など……
想像の本質を数学的に解き明かす
地球は人類の揺り籠だが、我々が永遠に揺り籠に留まることは無いであろう
人間は知らないものを見ることはできない
コーモラン・ストライク・シリーズの第2弾は文芸業界ミステリ
ひょっとすると Harry Potter シリーズより面白いかも
中国詩歌における対偶性
するどくディキンスンにせまる訳詩集
イェーツの幻の物語(1897年版『秘密の薔薇』)
ケルトの死生観に関する論集
「オレンジ色の猫」って何色の猫?
半世紀前の自分に追いつき『かもめのジョナサン』の真の姿が世に出ることに
文字と音声との不思議な呼応を詠む笹井宏之の歌百首
本に鴉色の光を注ぎ、言語を植物と共に空へ持ち上げる管啓次郎の詩「シアトル」
持ちやすく愛着がわく本(池澤夏樹訳『古事記』)
Maile Meloy の ’The Proxy Marriage’ を読む
欽定訳聖書に関する最も詳細な註釈書
Google が evil になった日を描いた ’Scroogled’
小笠原豊樹の新訳によるマヤコフスキーの代表作
日本の歯科医療を問う
雪が降り、積もるような夢枕獏の文体
ミツバチが騒ぐ谷間で
対訳形式でイェーツの詩54篇を収録(附記 「自己の燃焼」について)
17人の訳者による饗宴
イェーツの複雑な諸相
アヴァロンと「政治家休業日」
iPS細胞の医学応用を実現させるために
すきとほった風ばかり
バランスのとれたディキンスン訳詩集
宇宙から光線は絶え間なく地表に注ぎ、
A=B に二種類あるアイルランド語って?――コピュラに関する最上の説明の書
現代詩の愉悦、ここにあり
現代詩の極北はロックする
本とわたしの関係は、深い井戸をめぐるように
本物の辞書を作るには百年かかる
アメリカ文学を読む際の必携辞書
プラトーノフ『ジャン』


記事一覧(全部)