Hatena::ブログ(Diary)

わらしべ++

2015年07月05日(日)

BOSEのワイヤレススピーカー購入

あれこれ悩んだ挙句、定番BOSE Soundlink Mini を購入。近所の電気屋の在庫一掃セールで21,384円也。

f:id:molamola:20150705120907j:image:right

2015年02月22日(日)

2014年05月10日(土)

変形ロボはいらんなぁ

バンダイの変形ギミック付き太陽の塔ロボ、これはいらんわ。

普通の超合金にしてくれたら良かったのに!

2013年05月20日(月)

デジタル一眼レフの売り上げが伸びているらしい。

 http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130510/1049159/

 

 記事によると、スマホの普及で写真を撮る楽しさに目覚めた人が増え、ステップアップとしてミラーレスを飛ばして一眼レフに行くケースが多いとのこと。

 

 ほんまかどうか分からへんけど、わし自身スマホ(iPhone4s)と一眼レフ(ニコンD7000)を使い分けてると、その感覚はなんとなし分かる。「しっかり写真撮りたいときは一眼レフ、そうじゃなきゃスマホ」というのは合理的で快適。

 

 色々な考え方があるとは思うけど、一眼レフにはやはり光学ファインダーがあるのが良い。少なくとも「電源オン・オフ」と「起動時間待ち」から解放されて撮影に集中できる。

 電源は一日中オンにしておいて、10分くらいしたら待機状態・シャッター半押しで復旧とかにしておけば待ち時間は無い。電源入ってなくてもファインダーは覗けるんやし。

 

2013年04月11日(木)

iPhoneが急に充電されなくなった

バッテリー残量が50%を切ったあたりでコンセントから充電をおこなったのだが、何もしてないのにバッテリーは減り続けてとうとう1%に。(0%にはならない模様)

充電ケーブルを抜いて挿すと充電中アイコンが表示されるので通電はしているはず。

 

丸一日充電を続けるもバッテリー残量は変わらず。

アップルのサポートページに「電源ボタンとホームボタンを同時に10秒押し続けてリセットせよ」というのがあったので試してみる。

しばらくすると無事、充電は100%に戻った。

 

ちゃんと直ったのかどうか不安だが、まぁそういうこともあるやろて。

 

 

アップルのサポート情報はこれ。「iPhoneバッテリー残量低下イメージが表示され、反応しない」の項に載ってる対処法・・・の最終手段。

   ↓

http://support.apple.com/kb/TS2802?viewlocale=ja_JP

2013年02月11日(月)

25年振りの通天閣

f:id:molamola:20130211142239j:image

 今日は長女が風邪気味だったので、長男だけ連れて通天閣へ行くことにした。

 

 長男にとっては初めて。わしは25年ぶりくらい。(昭和60年代ですな)

 登ってみて、あまりの様変わりに驚いた。

 

 25年前の通天閣エントランスフロア。スペースを持て余すように、古本手品セット等のワゴンがポソポソと点在。そして隅には日立家電がやる気なさげな感じで展示。昭和30年代か40年代造作をそのまま放ったらかしたようなくたびれた場所で、まさにタイムスリップしたかのようだった。周囲の新世界界隈を含めて、観光客どころか若い人もあまりおらんかった。失礼ながら、この街とタワーは寂れて行く一方なのだと思っていた。

 

 ところが今や、所狭しと並んだ土産物屋とキン肉マンミュージアムの前を入場待ちの長蛇の列が埋め尽くして身動きもままならん状態。全体的には、すっかり小綺麗な昭和レトロ風味のパビリオンになっていた。新世界界隈も観光客で大賑わい。

 まぁ街にとってはええことなんやろけど、なんか「ほら、レトロでディープな大阪ですよ!」と押し売りされてるような違和感が拭えないのはわしが年を取ったから?

2013年02月04日(月)

ウルトラセブンと恵方巻き

 WOWOWで毎週やってるウルトラセブンハイビジョンリマスター版を長男が楽しみに見ている。が、小2にもなると見方が少しひねくれてくる。

 

 「このセット、良く出来てるなぁ」

 「この目玉とか、どうやって光らせてるん?」

 「あ、今の特撮カメラを横にして撮ったんちゃう?」

 

 理由のひとつは、わしが去年一人で見に行って来た『館長庵野秀明 特撮博物館』(http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/)の図録を熱心に読んでるからというのもある。

 なおこの企画展は巡回展が決まっており、まず4月から6月愛媛

 

 で、節分の恵方巻きをかじりながら長男がしていた願い事というのが「次に大阪で開催されますように」だった。なんか他にないのか。

2012年11月08日(木)

iPhone用のキーボード物色中

やはり長文打ちたいときもあるので、iPhone用のキーボード物色中。

 

使いやすさで言えばアップル純正に勝るものは無いが、持ち運ぶにはやや大きい上ちと高い。実売6000円くらい。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B005DPEY8G/

http://norari-kurari.com/2010/07/keyboard/

 

純正でなければ1740円で買えるモノもあるが、ちと不安。US配列やし。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B004N6R38Y/

 

任天堂DSキーボード安価(1850円)で結構良いという意見もある。

http://www.amazon.co.jp/dp/B004QL7LY2/

http://www.iphone-girl.jp/iphone-accessories/190537.html

 

ケース一体型のエレコムTK-FBI033(2600円)が落としどころか?これだと前に使っていたウィルコムW-ZERO3[es]に近いイメージになるが、結局タッチタイプはできないし中途半端かな。

http://kakaku.com/item/K0000329408/

2012年08月09日(木)

HTML5の重要性と問題点

 

■なぜ今、HTML5なのか――モバイルビジネスに与えるインパクトを読み解く(ITmedia)

http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1208/08/news099.html

 

HTML5がなぜここまで重要視されているのか、そして何がネックなのかコンパクトにまとまっていて分かりやすい。

メリットPCスマホタブレットといった垣根を飛び越えて(OSにも依存せずに)アプリが作れること。

デメリットメリットの裏返し。特定のOSや機種専用のアプリと比べて実行速度で劣り、固有の機能も使えないこと。

 

かつてJavaが世に出たとき、OS依存しないアプリが作れることから「これでWindowsの牙城が崩れる」などと言われたがそうはならなかった。しかし現在、スマホタブレットという新しいデバイスが爆発的に普及するに当たりマイクロソフトがスタートダッシュでコケてしまったおかげで(*1)、奇しくも様々なプラットフォームが混在するようになってしまった。そこで期待を一身に集めているのがWebOS化したとも言えるHTML5・・・というところか。

 

(*1)スマホタブレットマイクロソフトはかなり前から取り組んでいたが、普及には至らなかった。iPhoneiPadが登場して一気に市場が形成されたというのは周知のとおり。さらに2番手として続いたのはAndroidで、マイクロソフトは華麗に周回遅れ中。果たしてWindows Phone 8Windows RTで巻き返しなるか?

2012年08月07日(火)

NASのLinux化

 

家庭用バックアップ王道はやっぱりNASかな。いまどき2TBでも1万2千円とかで買えるし。(1TBなら1万円以下)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00620MD16

 

同じのを2台買って、片方はバックアップ機にして毎日深夜に同期取るようにしておけばそれなり安心できるかも。

同時にパッチを当てることさえしなけりゃファーストサーバよりは屈強かと。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2600L_W2A620C1000000/

 

あと、バッファローNASはちょっといじれば普通のLinuxサーバになるので色々と遊べそう。

http://qyj03714.blog.so-net.ne.jp/2009-11-11-1

http://blog.livedoor.jp/hiroumauma/archives/1521258.html

 

しかし1万円そこらでディスク2TB内蔵のサーバが手に入るとは、ほんにいい時代になったもんだ。

2012年07月31日(火)

コマ撮りが気に入った子供たち

 すっかりストップモーションアニメが気に入ってしまった子供らに、その後も週に1回くらい作らされている。

 ただ話の展開も人形を動かすのも全部子供らがやっているので、わしは三脚カメラ据えたらあとはシャッターを押すだけ。

 撮った写真Macビデオ編集ソフト(iMovie)に取り込んでアフレコBGM追加、テロップ追加という作業もルーチンワーク化してきた。

 

 こないだの日曜は、ちょっと嗜好を変えて外で子供らを題材にして撮ってみた。

 足を動かしていないのに道路の上を滑るように移動するという、8mmフィルム自主映画などで良くあったアレ。(『電柱小僧』の動画などを検索してみてください)

 予想通りこれも子供らに大いに受けた。

  

 ほんま簡単に作れるので、お子さんをお持ちの方は是非お試しあれ。

 

 (撮影)

  ・1歩づつ前に進んでもらいながら、それを写真に撮る

   (撮影する際は、気を付けなど同じポーズにする)

 

 (閲覧)

  ・パソコンに取り込む。(1つのフォルダにまとめる)

  ・Windowsの場合:1枚目の写真を開いて「→」ボタンを連打

  ・Macの場合:写真を全選択してから開き「→」ボタンを連打

  ※デジカメの背面液晶再生して「次へ」ボタンを連打するだけでも可

  ※少し手間をかけるなら、標準のビデオ編集ソフト(WindowsならムービーメーカーMacならiMovie)に取り込んで加工

2012年07月16日(月)

お手軽クレイアニメ

 長男(8)がクレイアニメの『ウォレスとグルミット』はどうやって作ってるのかと聞くので、「あれは粘土で作った人形を少しづつ動かしながら写真撮ってるんや」とざっくり説明。

 しかし説明するより見せた方が早いと思ったので「実際に粘土人形作ってやってみるか?」と言ったところ「やるやる!」と大乗り気。さっそく粘土恐竜を作り始めた。

 恐竜だけでは寂しいので、長女(4)のシルバニアファミリーにも登場してもらって撮影開始。一コマづつ動かす作業はわしがやったが、1枚撮るたびに子供たちは大騒ぎ。合計70枚の写真を約1時間かけて撮影

 

 さぁ次は編集や。子供らが早く早くとせっつくので休む間もなくバタバタと作業開始。編集と言ってもiMovieにすべての写真ドラッグドロップして、写真1枚当たりの再生時間コンマ秒に設定するだけ。恐竜がしゃべっている(口を開けて閉じる)ところだけコピーペーストで増やしてやったら長男は「すごい!こんなんできるんや!」と驚くことしきり。

 そんなこんなで出来た動画は約1分。

 

 最後はアフレコ長男恐竜役で、長女はシルバニアファミリーのお父さんウサギ役。わしは効果音係にされてしまった。

 3テイク録音して3つ目を採用し、あとはBGMをつけておしまい。(iTunesに入ってる曲から選択できる)

 

 以上、トータル2時間ほどで完成。

 チープなこと極まりないが長男も長女も大満足したようでとりあえずは良かった。長男は「次は3分、その次は5分の話を撮るんや!」と張り切って何やら脚本を書いている。しばらくこのブームが続くのかも。

2012年07月09日(月)

長男のおもちゃ箱掃除

 何が何やら雑然としている長男(8)のおもちゃ箱掃除を敢行。

 ひとつひとつ「これはいる?」「これはいらん?」と確認して、いらんものは粗大ゴミ行きの袋に。

 

 ガラクタと化したなんだか分からないもののほか、幼稚園の頃熱中していたシンケンジャー仮面ライダーダブルブロマイドシール・小物などを処分。(変身アイテムソフビ人形はまだキープ。仮面ライダーオーズ以降はキープ)

 

 そんな中、車輪は取れて塗装もハゲハゲになった阪急電車ミニチュアモデルが出てきた。

 長男が3歳くらいの頃いちばん気に入っていたおもちゃで、それゆえいつも派手に遊び倒していて、外出時も持って行くわ一緒に寝るわで傷み具合が半端ない。他にも新幹線とかオーシャンアローとかあるのだが、阪急だけが極端に傷んでいる。

 

 でも、いまの長男にとってはそれも昔の話。「これ、いらん」とすげなくゴミ行きを選択。

 成長してる証やけど、ちょっと寂しいな。

 

 そんな訳でこのボロボロの電車は、わしの思い出として取っておくことにした。

2012年06月20日(水)

フジタ写真機店

 大阪福島に『フジタ写真機店』という古い写真屋があって、近くに行くことがあれば覗いていたのだが、先日行ったらなくなっていてちょっとショック。(Googleストリートビューで「大阪市福島区福島5-8-11」を検索すれば店の佇まいはまだ確認できる)

 昭和30年代からやっている写真屋で、店長さんは昭和11年生まれ。店内には昭和30年代から現在までの周囲の写真が飾られていてちょっとした博物館だった。

 

 検索したら記事をひとつ発見。

http://www.osakacity.or.jp/pdf/publications/freepaper/0612.pdf

2012年06月10日(日)

映画スターウォーズは、どこから見るべきか

 小さい子供がいる家は「スターウォーズ、エピソード1と4どちらから先に見せてやるか」で、みな悩むのではなかろうか。

 うちは夫婦協議した結果「やっぱり4からやろ」ということで落ち着いた。

 

 長男(8)は楽しんで観ていたが、長女(4)は「なぜ?」を連発して落ち着かんことこの上ない。

 デススターのシーンだけでも、

 

 「なんで星やのに星ちゃうのん?」(星の形した基地や)

 「なんでお船が星に近づいてるのん?」(吸引ビームや)

 「なんで船の中に誰もいてへんのん?」(隠れてるねや)

 「おっちゃん、どこ行くん?」(ビームの電源切りに行かはるんや)

 「なんでおっちゃん消えてしもたん?」(知らん)

 

 まぁなんでも疑問に思うのは良いことだ。

2012年05月14日(月)

実家の片付け

 母が実家を手放してうちの近くのシニア向けマンションに移ることになり、先月から週に1度くらいのペースで片付けに行っている。

 家具から何から大半のものを処分しなければならないので結構大変。

 なんというか、オーディオとカメラとゴルフと園芸が好きだった(そして物を捨てられない)父が残したものが大量にある。4年前に父が亡くなってから、母が処分したりわしと弟で引き取れるものは引き取ったりしていたがまだ色々ある。

 今日はLPレコード(主にクラシック)をダンボール8箱分と、古いカメラ用品をダンボール2箱分持ち帰って来たが、さぁどうするか。わしの成長記録を撮るのに使っていた(父が大学時代から使っていた)カメラ用品とか、なかなか捨てづらい。

 

 

母の日

長男(小二)が考えた母の日のプレゼント。

「いつもありがとう」と書かれた手紙の下に、粘土の丸い玉。「仕掛けがしてある」と予め聞いていたので家内がそれを開けてみると、出てきたのは紫色の石。

部屋の隅には水彩絵の具とパレットが放置してあり紫色をあれこれ試行した跡が。

 

靴のサイズだけはそろそろ家内に追いつきそうな長男だが、まだまだ幼いなぁ・・・。

2012年04月24日(火)

富士フイルム、写真用フィルムの値上げを海外で発表。国内は実施未定

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120423_528689.html

 

 関連記事で「REALA ACE」が発売終了してるのに気付いた。

 http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120227_515000.html

 http://fujifilm.jp/information/articlead_0151.html

 

 「REALA」の頃から常用フィルムだったが・・・この5年くらい使ってなかったな。

 出たときはその発色にほんまビックリした。肌色とか、赤色とか、微妙な色とか、それまで他のフィルムでは見たことないような色が出てた。昔は「リアラ仕上げ」という専用のプリントサービスがあって、これを頼むと真価を発揮するという代物だった。

 

 これに対抗してコダックが「EKTAR」を出して、同じく「エクター仕上げ」という専用サービスをやっていたが、こちらは実にコダックらしい渋い仕上げだった。

2012年04月23日(月)

カーステレオで『アビイ・ロード』を聴こうと思ったら

偶然FMでカム・トゥゲザーが流れてて出鼻をくじかれた。

次に何がかかるか気になったのでそのまま聴いてたらサムシングがかかった。まさかアビイ・ロード全曲オンエアか?と思ったらそこでおしまい。

そんな訳でCDセットしてカム・トゥゲザーから仕切り直し。