Hatena::ブログ(Diary)

はい、チーズ! 

20110927105848 夫婦と黄色いアニキと黒猫妹のこがねいろな日々@京都。

2017-05-19

ちゃり散歩始めました。

「あたたかい」〜「あつく」 に。
f:id:murana:20170518100020j:image:w450
でもアイロン台の占拠は日課のアニキです。

これまで歩くことを第一としてたっぷりと歩いてまいりました。

ただ最近は加齢という摂理で身体のあちこちにがたが…
特に膝痛は年々悪化で今では外出時も仕事の時も両膝にサポーター装着。
そして毎朝痛め止めを服用の日常となっております。
とうぜん歩行距離と回数も減少の一途に。

…ということで始めました。ちゃり散歩。
それまで乗っていた電動アシストちゃりを廃車して
f:id:murana:20170504084505j:image:w450
連休前半に超軽量ボディーの折りたたみをネットで2台購入。
輪行も視野に入れて特に軽さを重視いたしました。

まずは近所(往復約10キロ)に弁当持参のピクニックランへ
f:id:murana:20170504165845j:image:w450
それからはあれやこれやとプチカスタマイズを楽しんでいます。
f:id:murana:20170518190115j:image:w550
頑張って走ります。ぼちぼちと。



そして月曜日は京都の三大祭りのひとつ「葵祭」でした。
かあさんに遅れること2年。ようやく三大祭り見物ミッション完了です。
f:id:murana:20170518193038j:image:w500
左上、先導は人馬ともに警察官です。@北大路橋。
ロケーション設定ミスで祭り写真はこれまでとします。


祭り見物の後はいつもの京都府立植物園です。
f:id:murana:20170518191738j:image:w450
花にぎやかな時季となりました。
f:id:murana:20170515232348j:image:w640
森の緑が空気と調和して深呼吸が気持ちいぃ。
f:id:murana:20170518191713j:image:w550

ここには友達がいます。お嬢さま似です。
f:id:murana:20170515213932j:image:w500
愛想良しの「くう」ちゃん。こどもは大嫌いのようです。
f:id:murana:20170519172848j:image:w500
ベロベロ〜。またね。

こちらもベロベロ〜、つばめ嬢。
f:id:murana:20170519181647j:image:w550
本日収穫したキャットニップ(手前のブレブレ緑)検品ちぅ。

2017-05-12

あくまで個人の意見と思い出です。

今回は本文と写真は一切関係なく…
ただただ個人的かつ感情的なひとりごとです。
どうぞ写真のみをご覧になって本文はスルーして下さい。

f:id:murana:20170507172604j:image:w550
咲くと玄関前へと移される君子蘭も満開。

お隣の国では新大統領が選出されました。
そして対日政策がどうこうで一喜一憂する国のトップたち。
もしかしたらマスコミなのかもしれませんけど…

f:id:murana:20170507132723j:image:w450
山野草の小鉢植えも玄関前展示に昇格です。


今朝の新聞では、新大統領は一昨年にとりかわされた「日韓合意」を国民に受け入れられていないので見直すとかどうとか。
それに追随して、マスコミ報道でよく慰安婦像の前でインタビューに応える激昂の女子大生らの映像を目にします。
いつまでも平行線のままで個人的にはこれ以上の関係改善はもういいような気もします。
現実的にはお互いの国を行き来して遊んだり商売したりはしているのですし。

1988年、東京に続いてアジアでは2度目となるオリンピックソウルで開催されました。
それは1981年に名古屋との招致活動に勝利して開催が決まったそうです。
そして、日本も経済大国として?開催に向けてインフラ整備を支援することとなって、愚生も電力会社系の企業からODA機関へ技官として出向して約2年、基幹送電線の構築にある特殊な架線技術係に在籍していただけで無理矢理赴任させられました。

f:id:murana:20170508191347j:image:w550

サラリーマンとして個人的な事情(結婚直前など)は受け入れてもらえるはずもなく…当時はまだ民主化されておらず治安も悪く「歴史教科書問題」で反日感情も高まっていた時期でしたので尚更です。
着任してすぐに感じたのは当時の韓国国民は「克日」意識が高く技術の習得には皆真剣で、そうなるとこちらもそれに応えるべく必死な毎日でした。
そして事件が起きました。もう少しで任務完了という時期にまた前記の「歴史教科書問題」がぶり返したようだったのです。今では考えられませんが当時は日本からの情報(新聞等)は一週間ほど遅れて手元に届いていたのでした。
ある朝です。ホテルの窓から下を見るとなんと群衆がなにかを叫びながら日の丸を燃やしていたのでした。なかなか事情が呑み込めなかったのですが、毎日行動を共にしていた後に親友となった通訳兼世話役のキム君から説明を聞いて事態を掌握しました。しかしながら危険な為にホテルの部屋からは出られずにキム君から差し入れでしのぎ一週間が経過していよいよ生命の危険を感じたのが部屋の水道、電気が止められてキム君からの連絡も途絶えたのでした。廊下にもいつも人の気配がしています。恐怖でした。
実は群衆を見た初日に我々チーム4名は連名で当時の全斗煥大統領に嘆願書を書きキム君に託していたのでした。ただあまり期待はしていませんでしたが…

f:id:murana:20170508191336j:image:w550

その日の深夜に、戦闘服の数人が部屋に入って来て日本語で「空港へ向かいます。手荷物はひとつで」と言われて階段で地下行き、待っていたのはびっくり装甲車
窓が小さくて外の様子はよく分からずにしばらくして空港へ着いたのでした。
そこには同じ様に派遣された技官が数チームいて初対面ながら皆で抱き合ったのです。
それは全斗煥大統領がこの少し前に国賓として初訪日していたこともどうやら命拾いの要因だったようです。

…という思いをしたからどうのとか、だからどうやぁ。という話ではありません。
ただ少し関係がギクシャクするとこの経験したことを思い出します。
国同士が仲良くすること…って難しんですねぇ。

以上、つらつらとどこかに痞えていたことでした。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

f:id:murana:20170508191930j:image:w550
「……。」

2017-05-03

愛らしい江戸猫たち。

行ってまいりました。

f:id:murana:20170503124038j:image:w450
猫をモチーフとした浮世絵招き猫の世界を中心に、
人々を熱狂させた古き良き「猫ブーム」の諸相が紹介されています。
f:id:murana:20170502135012j:image:w450
愛猫家でもあった浮世絵師歌川国芳作を中心に
家庭の愛玩猫に野良猫、書物浮世絵に表される自由奔放な
色々の猫の姿を堪能しました。

うちの子たちも参加しました。
f:id:murana:20170502193933j:image:w450
ここだけが撮影可となっています。
広いスペースですがまだ貼られている写真もまばらにて…

すぐに
f:id:murana:20170503092824j:image:w450
発見しましたよ、園長先生!

また増えたコレクション。
f:id:murana:20170502230523j:image:w550

GWの谷間のせいか混雑もなく「江戸猫」を堪能いたしました。

最後は我が家の「平成猫」
f:id:murana:20170501230347j:image:w450
ポジション、姿は変われど…目力全開!
f:id:murana:20170430230628j:image:w550
いつもの「ごはん待ち」の絵でございます。

2017-04-25

奈良散歩。

毎年恒例、玄関先のモッコウバラが開花です。
f:id:murana:20170425085918j:image:w500
ほかの花たちも気持ち良さそうに陽を浴びています。


こちらも、ほぼ毎日恒例となったお嬢様の密着サービスです。
f:id:murana:20170423081750j:image:w450
あまり寛いでいるようには見えませんが…
この時だけ、両手でのおさわりOKとなります。


正月から忙しく休みもままならなかったかあさん、
昨日より今月いっぱい、大型連休となりました。
実は愚生も、仕事での大トラブル発生!
しばらく現場の作業を停止といたしました。詳しくはまた後日。

ということで昨日、仕事ではちょいちょい訪れる
奈良」へ散歩に出かけました。
f:id:murana:20170425173955j:image:w500
お得なチケット利用で観光施設も割引き特典がありました。
f:id:murana:20170425185852j:image:w550
いきなり散歩終了後で呑んで絵ですが、1割引。
f:id:murana:20170425174210j:image:w550
帰りの特急車内での一杯用の柿の葉寿司も1割引。

さてと、散歩。
さわやかの陽気で夫婦共々、修学旅行以来の奈良観光でした。
昨日は有名どころ中心といたしました。
f:id:murana:20170425082314j:image:w500
東大寺
f:id:murana:20170425085817j:image:w500
大仏
f:id:murana:20170425085820j:image:w500
脇を固める方々も威風堂々です。

f:id:murana:20170425085908j:image:w500
春日大社

f:id:murana:20170425085810j:image:w500
若草山

f:id:murana:20170424173520j:image:w450
奈良公園の鹿
f:id:murana:20170424173457j:image:w450


f:id:murana:20170425085911j:image:w500
唐招提寺

f:id:murana:20170425085915j:image:w500
薬師寺

どうです、この東京からの修学旅行コースのおさらい。
法隆寺も行ければ完璧でしたが薬師寺でタイムアップ。

今回の奈良散歩は平日ながらこの通りです。
f:id:murana:20170424143719j:image:w450
東大寺近辺でじっくり観察しましたが…
この山門を過ぎて大仏様までの道のりでは全員が
海外からの観光客(9割以上が東洋人)だったのには驚きました。

次回、マニアックな奈良散歩にまた行きたいと思います。


そうそうこう見えても爆睡中のチーズも…
f:id:murana:20170418201016j:image:w450
自ら志願しての保育園入園から6年にもなりました。はやいねぇ。
←六年前。

2017-04-19

頼りになるアニキ。

まずは毎年愛でる山科疏水の桜です。
f:id:murana:20170409192530j:image:w450
先週の日曜日です。

今では街中の見頃は過ぎました。


先週の出張中にしっかりと留守を守るように
お願いしたので気合いのアニキです。

f:id:murana:20170417124836j:image:w550
じっと息を潜めて…
f:id:murana:20170417124856j:image:w550
神経を研ぎ澄まして見張り…
f:id:murana:20170417124906j:image:w450
我が家の平和を守ったのでした。通過する黒い影には悟られています。

そして帰還したとうさんに…
f:id:murana:20170415103130j:image:w450
その労をねぎらわれたのでした。

お嬢さまは思い出したように…
f:id:murana:20170415160855j:image:w450
「お泊まり仕事、お疲れちゃん!」的な晩酌のお供。


また来月の出張の時もお願いね。
f:id:murana:20170412092323j:image:w450