Hatena::ブログ(Diary)

WebLab.ota このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-01-10

最近のアニメのキャラデザと10年前のアニメのキャラデザ

| 01:58 | 最近のアニメのキャラデザと10年前のアニメのキャラデザを含むブックマーク 最近のアニメのキャラデザと10年前のアニメのキャラデザのブックマークコメント

美少女アニメ(?)に限定するけど,今と10年前のキャラデザ比較する.

最近

f:id:n_euler666:20100111013959j:image:w650

最近つってもかなり幅があるけどw

10年ぐらい前

f:id:n_euler666:20100111014000j:image:w650

どこが違うのか?

    • 鼻の影が少なくなってる
      • 10年前:鼻を立体として描こうとしてる
      • 今:ニュアンス(点とかちょっとした影)で鼻を表現してる
    • 顔の立体感を出すための影も少なくなってる

まぁ10年前のアニメの鼻にすべて影があったとか,今のアニメの鼻すべて影が少ない……とは言わない.

上図も結構作為的に作ってる.

それでも昔と比べて影が減ってる.



アニメ放送開始本数を年度別で比較する - WebLab.ota

通りすがり通りすがり 2010/01/11 04:21 次は20年前・30年前との比較に期待。
美少女アニメ自体少ないかもしれないけど、20年前だとらんまとかレモンエンジェルあたりがあるかも。

mattunemattune 2010/01/11 09:50 10年くらい前の方の後藤圭二率の高さにワロタw
この10年前のセレクションだと、
湖川友謙の思想がAIC・山下明彦を通じて蔓延していたとわかりますねw
とゆうか、右下のプリンセスナインとナデシコの絵はさすが師弟というそっくりっぷりw


つか、最近の方の堀口悠紀子率もやばいかw

nanasinanasi 2010/01/11 11:14 あと、頬骨からあご先にかけたラインが直線的だったのが、今はふっくらしているのが多いと思います。

sasasasa 2010/01/11 12:18 20年前ならダーティペアとかプロジェクトA子とか。マクロスもありか。

なんとなくなんとなく 2010/01/11 13:02 10年前というなら、ワンダフル版デジキャラット、ToHeart1期、鋼鉄天使くるみ、ハンドメイドメイ、ラブひなといったあたりだと思うのだけど、その辺は意図的に抜いてあるんだろうなぁ

XDXD 2010/01/11 15:10 最近と10年前というよりは、2000年代と90年代という感じのまとめ方ですね。
中年には、「2000年」が10年前だという事実がちょっと怖い…w

60〜70年代:劇画調などのリアル画風と手塚的デフォルメ画風が別系統扱い
70〜80年代:リアルさと可愛さを兼ね備えた(オタ好みの)画風が確立されていく
90年代:オタ的な尖鋭的進化が極まる
00年代:「可愛い絵とは」の原点へ回帰、模索中
というのが、ごく大雑把な個人的印象です。

s0met1mes0met1me 2010/01/11 18:28 思い切りシロートですけど,上の選択で比較する限り,昔の方が鋭角つかシャープなタッチつか相対的には大人っぽい印象.
対して最近の方がソフトで幼い感じ.

ただこれ流行とかもあるかも知れないけど,コストつか手間の問題もあったりするのかなぁと,そこはかとなく思ったり.もしくは絵そのものはそんなに描きこむ必要無いって方向性とか.

名無し名無し 2010/01/11 18:45 10年前は 2 0 0 0 年 でしょ・・・・。
とうとう90年代として区別されるよなってしまったのかぁ。

ところで2000年から2010年はやっぱり00年代っていうんでしょうか。
読み方はダブルオー…なワケないか

nattounattou 2010/01/11 20:21 多分、最近と10年前のアニメキャラデザ、嗜好の変化もあるけど最大の違いはアナログかデジタルかの違いかと感じる。今のアニメはほぼデジタルだけど、90年代はまだアナログなんじゃないかと。
デジタルになったばっかの頃は塗りにムラがなくって、冷たい印象があった。今はもうなれたというか、昔のアニメが逆に見辛くなったな。

あと、GONZOやシャフトはデジタルを活かした演出をしているよね。

誰かこの辺りをもっと掘り下げてくれないかな〜。

n_euler666n_euler666 2010/01/12 00:43 >次は20年前・30年前との比較に期待。
比較して何が見えてくるんだろう?今の俺にはちょっとわからん.
誰かがアタリをつけてくれたらやるかもw

>10年くらい前の方の後藤圭二率の高さにワロタw
もうちょっとバランス考えて選んだ方が良かったですねw

>あと、頬骨からあご先にかけたラインが直線的だったのが、今はふっくらしているのが多いと思います。

>昔の方が鋭角つかシャープなタッチつか相対的には大人っぽい印象.
>対して最近の方がソフトで幼い感じ
これは上図をみるとそんな感じするんだけど,CCさくらとかto heart,作品内の妹キャラとか見ていくと,そーでもないんじゃなかろうか?とか
「ふっくらしてる」って何を計測したら出てくるんだろう?
影なら「量」とか「面積」だけど・・・・直線的ってのも計測するのが難しそうw

>というのが、ごく大雑把な個人的印象です。
この辺を説得力持って言えれば面白そうなんですけどね〜
私も似たような印象をもってますが

>誰かこの辺りをもっと掘り下げてくれないかな〜。
wwww

通りすがる通りすがる 2010/01/12 01:41 塗り?の違いも大きいんじゃないかな
少なくともここに挙がってる奴だと
髪の光沢の描き方かなんかが違うっぽいし

はーはー 2010/01/12 01:52 Kanonはアゴ版と比べると面白い

通りすがり通りすがり 2010/01/12 03:22 目の中の白い光(ハイライトっていうのか?)も少なくなってるよね

ななしななし 2010/01/12 05:05 なんていうか、最近のはより癒される感じのデザインになっている気がする。

時代遅れ時代遅れ 2010/01/12 07:05 スレイヤーズ、セイバーマリオネットJ、VS騎士ラムネ&40炎のような輪郭が鋭いようなアニメ的な感じの絵柄って激減したよね。個人的にはすごく好きだから残念
もっと詳しい分析があったら見てみたいですね

うーんうーん 2010/01/12 12:20 単に10年前の後藤圭二のデザイン特徴を述べているだけかと。
千羽由利子なんかは10年前から「最近」のデザインで描いてるわけで。
むしろ、同じキャラクターデザイナーのデザインが時代と共にどういう変遷をしているかを見た方が面白いのでは?

うんうん 2010/01/12 12:36 もう10年さかのぼるとさらに影は多くなりますな。
三段ぐらい当たり前だったね。

ふうふう 2010/01/12 13:14 こうしてみると、笑ったときの口の形がずいぶん違う。

ふうふう 2010/01/12 13:14 こうしてみると、笑ったときの口の形がずいぶん違う。

yukitoyukito 2010/01/12 13:18 今のアニメでも、遊戯王とかでは10年前の画風の名残が色濃く残ってますね
特に加々美や原が作画監督の時は、陰影がつきまくってて顕著にそれが分かります

n_euler666n_euler666 2010/01/12 16:08 >千羽由利子なんかは10年前から「最近」のデザインで描いてるわけで。
まぁ鼻は「点」だけど,頬の影(顔の立体感を出す影)は結構入ってるんだよね.

>三段ぐらい当たり前だったね
ああ,そーゆー違いがあったか,なるほど

姉ファルファから姉ファルファから 2010/01/12 21:33
原色→パステル

輪郭、顔の中のライン
角ばってる→丸っこく

目の位置
顔半分より上・寄り目→顔半分より下・離れ目


より柔らかみ、温かみ、丸み、無垢さが強調され、絵の中でも日本人の幼型成熟の好みが露骨に表れるようになってきた。
つまりサンリオ化。
全体的に、目鼻立ちの比率もキキララやキティちゃんの顔にどんどん近づいていってる気がします。

seisakuseisaku 2010/01/12 22:06 現場の事情もあるんじゃないでしょうかね。
作画を簡略化して、効率を上げて納期に間に合わせる、
を優先してデザインされることもあるでしょう。

TVシリーズと劇場版でも事情が異なるでしょう。
予算が安いですから枚数を抑えるとか、ね。

   2010/01/13 00:09 オレは昔のほうが魅力があるように感じる。
ってか、今のアニメは家族で見ずらいw

ちなみに、ミンキーモモが好きだった。20年前の作品か。あまり見たことなかったがなんか好きだった。
元気で優しい、そして面白い。あのころの少女キャラクターはいい味出していた。

ぽ 2010/01/13 01:24 どちらもセレクトが恣意的過ぎるような・・・
特に「昔」の方。

トゥーンレンダリングとかトゥーンレンダリングとか 2010/01/13 20:45 立体を描写するために影を描いた昔(セル画)に対して、今(CG)は影のない絵を立体で動かせるって点を考えると面白いかも。

単に単に 2010/01/13 22:23 効率よく早く書くためのキャラデザになっただけなんじゃないかと。

ロスペドロスペド 2010/01/14 15:17 ヴァンドレとGKは古くないだろ。

ソコツネソコツネ 2010/01/15 01:37 根本的に。
10年前はフルデジタルではなく、描いた線をトレスマシンでセルに写る鉛筆の描写が要求されます。
セルから解放されたことで、キャラクターデザインにしてもかなり自由度が増したのでは。
もちろんその制約の名残は残っているのでしょうが、この呪縛の影響は大きいですよ。
(それが良い結果につながった作品と、そのせいでどうしようもなくなった作品がありますけどね)

WATERMANWATERMAN 2010/01/15 23:00 昔の絵柄とされている作品はストーリーもハードというかコッテリとした感じの作品ですね。それに対し今の絵柄とされている作品はストーリーも軽めです。
キャラの鼻を高くし陰影をしっかりつけると強い意志と大人びた感じを持たすことができ、鼻を低く陰影をつけないと子供っぽい感じになります。
最近の作品でもマクロスFや空の境界なんかは比較的鼻を高く描いていますね。

通りすがりの作監通りすがりの作監 2010/01/17 12:23 10年前とは違いデジタルになったことでブラシが簡単に使用出来るようになり、ほっぺのピンクのとことか、目の中の色塗りの変化が出しやすくなって線画の段階から線を減らすことができるようになった。あと、ブラシの効果で絵が全体的に柔らかく見えるようになった。髪の毛の色塗りもブラシを使えるようになったおかげで、まなびのような不思議な髪の塗りも表現出来るようになった。昔と今のエヴァなんかを比べてみるとわかりやすいかも、キャラデザそんなに変わらんけど色使いがだいぶ違うから。

もんとろもんとろ 2010/01/18 17:41 影について
近年アニメーターのレベルが高くなり、線で質感を十分に表現できるようになったことで、影を付ける意味というものを考えるようになったのではないでしょうか
日本のアニメーションは線で表現してますし、面である影を使う場合にはそれなりの理由が無いと使わないということではないでしょうか。
そういえば細田監督の作品も影を使いませんね。細田監督の考えを研究すると分かるかもしれません

通りすがり通りすがり 2010/02/17 21:08 頬の高さと頬から顎までの長さが全然違うね
目のハイライトもかなり小さくなってるし
10年前のは上に一つどーんと大きいハイライトが入っているけど
最近のは横から線のようにピッと入れられたハイライト+小さいいくつかのハイライト
目じりや睫毛の強調も少なくなっている

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/n_euler666/20100110/1263142708