NAKAMOTO PERSONAL このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017年09月24日(Sun) 一日一言「天を相手にせよ」 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

九月二十四日 天を相手にせよ


 明治十年(西暦一八七七年)の今日、西郷南州翁が城山で戦死した。西郷(隆盛)は「敬天愛人」を貫いたが、それは次の言葉から生まれた。


  道は天地自然の道にして、人は之を行ふものなり、故に天を敬するを以て目的となす。天は人も我も同一に愛す、故に我を愛する心を以て人を愛すべし。

  人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして己を尽し人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ぬべし。


── 新渡戸稲造(『一日一言』)

西郷隆盛の人望が驚くほど厚かった根本理由 600人が『ついていきたい』と後追い辞職」(東洋経済

 → http://toyokeizai.net/articles/-/187631

西郷軍と官軍…140年目の『和解』 西南戦争の戦没者慰霊塔が完成」(産経新聞

 → http://www.sankei.com/west/news/170923/wst1709230055-n1.html


人を相手にせず、天を相手にせよ。

天を相手にして、己を尽し、人を咎めず。

 もしわが国の歴史から、もっとも偉大な人物を二人あげるとするならば、私は、ためらわずに太閤西郷との名をあげます。二人とも大陸方面に野望をもち、世界を活動の舞台とみていました。ともに同国人とはくらべものにならないほど偉大でしたが、二人の偉大さはまったく相反していました。太閤の偉大さは、思うにナポレオンに似ていました。太閤には、ヨーロッパ太閤に顕著なほら吹きの面が、その小型ながら、かなりあったのです。太閤の偉大さは、天才的な、生まれつきの精神によるもので、偉大をのぞまなくても偉大でありました。しかし西郷は、そうではありません。西郷の偉大さはクロムウェルに似ていて、ただピューリタニズムがないためにピューリタンといえないにすぎないと思われます。西郷には、純粋の意思力との関係が深く、道徳的な偉大さがあります。それは最高の偉大さであります。西郷は、自国を健全な道徳的基盤のうえに築こうとし、その試みは一部成功をみたのであります。

── 内村鑑三(『代表的日本人』)

代表的日本人 (岩波文庫)

代表的日本人 (岩波文庫)


海舟に曰く、

 坂本龍馬が、かつておれに、「先生はしばしば西郷人物を賞せられるから、拙者もいって会ってくるにより添え書きをくれ」といったから、さっそく書いてやったが、その後、坂本が薩摩から帰ってきていうには、「なるほど西郷というやつは、わからぬやつだ。少したたけば少し響き、大きくたたけば大きく響く。もし“ばか”ならおおきな“ばか”で、利口なら大きな利口だろう」といったが、坂本もなかなか鑑識のあるやつだよ。

── 勝海舟『氷川清話』

氷川清話 (講談社学術文庫)

氷川清話 (講談社学術文庫)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20170924

2017年09月23日(Sat) ライダイハン、韓国がベトナムでしてきたこと このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

20日の『産経抄』より。


「【産経抄】ライダイハン…慰安婦像を建てる韓国ベトナムでしてきたこと 9月20日」(産経新聞

 → http://www.sankei.com/column/news/170920/clm1709200003-n1.html

 裸の少女が焼き殺されている。すでに殺された別の少女の手首や足首は鎖につながれていた。ベトナム各地に残る慰霊碑に描かれた壁画である。北岡俊明さんと北岡正敏さんが現地で撮影し、雑誌「正論」の平成26年7月号のグラビアで紹介していた。

 ベトナム戦争韓国は、30万人以上の兵士を送り込んだ。2人によれば慰霊碑は、韓国軍による民間人大量虐殺の動かぬ証拠である。慰霊碑には、殺された犠牲者の名前が一人一人刻まれていた。

 「ライダイハン」の問題は、韓国軍ベトナムで犯したもう一つの罪といえる。韓国軍兵士らと現地の女性との間に生まれた子供たちを指す。性的暴力も横行していた。韓国軍の撤退により、ライダイハンは置き去りにされる。

 韓国ベトナムの間に国交が結ばれたのは、1992年である。その際ベトナムが「過去」を問題視しなかったのをいいことに、韓国政府は、軍による民間人虐殺や婦女暴行について、一切謝罪をしてこなかった。自らの「歴史問題」からは目をそらしながら、日本の慰安婦問題を言い立てる。「ダブルスタンダード」の付けが回って来たといえるだろう。

 ライダイハンの被害実態を解明し、韓国政府謝罪を求めようと、ロンドンで民間団体が設立された。設立イベントで披露された「ライダイハン像」は、在ベトナム韓国大使館前への設置も検討されている。韓国は自国内だけでなく、海外にも慰安婦像を建てて、日本の評判をおとしめてきた。まさに「ブーメラン現象」である。

 ただ、突き放してばかりもいられない。韓国国内では、ベトナム戦争に関係のない団体までもこの問題に介入している。韓国社会の混乱にほくそえむ、北朝鮮の影が見え隠れするからだ。

「ライダイハン、韓国社会に衝撃 ベトナム派兵、徐々に汚点 対日批判」(産経新聞

 → http://www.sankei.com/world/news/170919/wor1709190019-n1.html

ベトナム戦争に派兵された韓国兵士の女性暴行『韓国政府謝罪要求』英国で団体設立混血児問題で像制作」(産経新聞

 → http://www.sankei.com/world/news/170919/wor1709190010-n1.html

悲韓論 (一般書)

悲韓論 (一般書)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20170923

2017年09月22日(Fri) 一日一言「自分の心と勝負する」 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

九月二十二日 自分の心と勝負する


 自分の行っていることを世間の劣っているものと比べるから、それほど悪いとは思わないが、神や聖人と比較するまではいかなくても、自分の心に照らして、まだまだ上があることを知ると、いっそうの努力が必要となる。


  人は善し己は悪しと思ふにも

      何処も無為の住家なりけり

 

  人を責め己をゆるす心こそ

      凡夫仲間の大馬鹿と知れ



── 新渡戸稲造(『一日一言』)



開高健にも曰く、

ええか、男はナ、

上を見て生き、

下を見て暮らさないかんのヤ、

そういうこっちゃ。

オーパ! (集英社文庫 122-A)

オーパ! (集英社文庫 122-A)

開高 健の名言 (ロング新書)

開高 健の名言 (ロング新書)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20170922

2017年09月21日(Thu) 銀河を包む透明な意志 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

……われらに要るものは銀河を包む透明な意志 巨きな力と熱である……


われらの前途は輝きながら嶮峻(けんしゅん)である

嶮峻のその度ごとに四次芸術は巨大と深さとを加へる

詩人は苦痛をも享楽する

永久の未完成これ完成である

理解を了へばわれらは斯(かか)る論をも棄つる

畢竟(ひっきょう)ここには宮沢賢治一九二六年のその考があるのみである

── 宮沢賢治(『農民芸術概論綱要』)



昭和8年(1922)9月21日 宮沢賢治 没。


宮沢賢治記念館』 http://www.city.hanamaki.iwate.jp/sightseeing/kenjimm/

宮沢賢治記念会』 http://www.miyazawa-kenji.com/

『2005年08月04日(Thu) 「3日目」』 http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20050804

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20170921

2017年09月20日(Wed) 一日一言「人間の欲」 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

九月二十日 人間の欲


 権利や義務も、主張することはもっともなことではあるが、言ってみると、これは満たされることを求める学問上の理論にすぎない。欲でつながっている社会では当たり前のことではあるが、せめて、夫婦、親子、親友の間では愛情とまごころをもって接しなければならない。


  兄弟が田を分取りの争ひは

      田分けものとや人のいふらん


  親友の仲も互いに敵となる

      欲ははげしき剣なりけり

── 新渡戸稲造(『一日一言』)


自ら損な立場がとれた時、初めて人間となる。

 権利を主張することが民主的な生き方であって、それが人間の最も望ましい生き方などと、私は思えない。私自身、弱いエゴイストだけれど、人間というものは、自分が損のできる人にならねばならないと思っている。できるかどうかは別として、そうありたいと願うのである。損な立場がとれた時、人間は初めて、動物ではなく、人間になれるからなのだ。

── 曾野綾子(『自分をまげない勇気と信念のことば』)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20170920

2017年09月19日(Tue) 病床六尺 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

「きょう19日糸瓜忌 松山で追悼の集い」(愛媛新聞

 → https://www.ehime-np.co.jp/article/news201709199807

 「子規逝くや十七日の月明に」(高浜虚子

 19日は、来月生誕150年を迎える俳人正岡子規(1867〜1902年)の命日糸瓜(へちま)忌。午前10時から愛媛県松山市道後公園の子規記念博物館で追悼の集い、午後1時半からは同市末広町の正宗寺で子規忌法要が行われる。


1902年(明治35年)9月19日 正岡子規


脊椎カリエスに冒され、体中が腐り膿が流れ出る。

7年もの間、六尺の病牀の中、自死への逃避と闘いながら、もがき苦しみ続けた。

 ○病床六尺、これが我世界である。しかもこの六尺の病床が余には広過ぎるのである。僅(わず)かに手を延ばして畳に触れる事はあるが、蒲団(ふとん)の外へまで足を延ばして体をくつろぐ事も出来ない。甚(はなは)だしい時は極端の苦痛に苦しめられて五分も一寸も体の動けない事がある。苦痛、煩悶、号泣、麻痺剤(まひざい)、僅かに一条の活路を死路の内に求めて少しの安楽を貪(むさぼ)る果敢(はか)なさ、それでも生きて居ればいひたい事はいひたいもので、毎日見るものは新聞雑誌に限つて居れど、それさへ読めないで苦しんで居る時も多いが、読めば腹の立つ事、癪(しゃく)にさはる事、たまには何となく嬉しくてために病苦を忘るるやうな事がないでもない。年が年中、しかも六年の間世間も知らずに寐て居た病人の感じは先づこんなものですと前置きして

病牀六尺 (岩波文庫)

病牀六尺 (岩波文庫)



だが、ある日、悟る。

 余は今迄禅宗の所謂(いわゆる)悟りといふものを誤解して居た。悟りといふ事は如何なる場合にも平気で死ぬる事かと思って居たのは間違ひで、悟りといふ事は如何なる場合にも平気で生きて居ることであった。

── 正岡子規『病床六尺』

いかなる場合にも平気で生きる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20170919

2017年09月18日(Mon) 敬老の日 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

 実は、どんなに用意しようと、私たちはやがて目がかすみ、耳が遠くなり、すべての機能が悪くなる。本当の老年の到来を迎えた時、私はたった一つの態度しか思いうかべることができない。それは汚辱にまみれても生きよ、ということである。

 「風になぶられるしなやかな髪、みずみずしい唇」の少女の日も、それは一つの状態であった。目も耳もダメになり、垂れ流しになりながら苦痛にさいなまれることも、しかし、やはり一つの人間の状態なのである。願わしい状態ではないが、心がけの悪さゆえにそうなるのではないのだから、どうして遠慮することがあろう。

 人間らしい尊敬も、能力もすべて失っても人間は生きればいいのである。尊敬や能力のない人間が生きていけないというのなら、私たちの多くは、すでに青春時代から殺されねばならない。

── 曽野綾子(『戒老録』)


今日は敬老の日

「【主張】敬老の日 尊厳を忘れぬ言葉遣いで」(産経新聞

 → http://www.sankei.com/column/news/170918/clm1709180001-n1.html

 「おじいちゃん、どっちに行きたいの」「名前呼ばれるまでちゃんと待てる?」「やればできるじゃないの」−。街角や電車内、病院などで、お年寄りに対するこのような言葉遣いを耳にしたことはないだろうか。

 家族や旧知など気心の通じた仲なら親近感があって好ましい場合もあろうが、相手構わず高齢者を目下か子供のように扱う物言いは、悪意がなくても、いや、たとえ好意からであったとしても、高齢者自尊心を傷つけることがある。

 高齢者と接する機会の多い病院や介護施設などでは、とくに注意が必要だろう。施設に入所した人が、自らの年齢の半分にも満たないような若い職員から幼児言葉で話しかけられたことで心を閉ざし、長らく施設になじめなかったといった例も見聞きする。

 日本看護倫理学会は看護職向けのガイドラインで、高齢者の尊厳を守り、高めるための行動として「理由なしに高齢者をちゃんづけや愛称で呼ばず、その人の名前を呼ぶ」ことなどを提唱している。距離感を縮める目的でのくだけた言葉遣いも、度を越せばなれなれしく不快な印象を与えよう。

 高齢者は一般的に社会的弱者と位置づけられることが多い。確かに現役世代に比べ身体能力や所得などで不利な立場にあるのは否めない。その意味では高齢者を弱者としていたわり、保護していく社会の仕組みは重要である。

 ただ忘れたくないのは、高齢者を大切にするのは彼らが弱者だからではなく、豊かな経験と知恵を培ってきた人生の先輩だからであるとの視点だ。高齢者の中には、これまで家族を支え、日本の復興と成長にも貢献してきたと自負する人が少なくない。

 そこに思いを致せば、ぞんざいな言葉遣いなどできようはずもない。相手や場面に応じて過不足なく敬語を使いこなすのを難しいと感じる人も多かろうが、言葉の端々まで敬意と思いやりを行き届かせれば、おのずと相手の心に響く会話ができるに違いない。

 「うやまう」と訓じる「敬」は左部分(音はキョク)が「引き締める」意を表すことから、「はっとかしこまってからだを引き締めること」(漢字源)だという。

 身を引き締め、折り目正しい言葉遣い高齢者に接する大切さを改めて思ってみる。そんな「敬老の日」にしたいものである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20170918

[ new profile diary racing book music photo bbs link mail top ]