Hatena::ブログ(Diary)

青空学園だより

2018-02-24 2月の終わりに このエントリーを含むブックマーク

nankai2018-02-24

今日は午後半日かけて味噌の仕込みをした.こちらは言われるとおりするだけなのだが,豆を炊いてつぶし,糀と塩に混ぜ,大きな瓶につけ込む.はいりきらず,小瓶いくつかにも入れた.豆は五升はあっただろうか.これを縁の下の物置に収めた.こうして半年寝かせると,実にうまい味噌となる.もう10年以上毎年この時期に仕込んでいる.この味噌の美味さをしれば,もう市販の味噌は食べられない.

それから,大阪梅田へ.第4土曜定例の梅田解放区である.地元の駅で知りあいに会った.「お仕事ですか」と聞かれた.「少し」と答えた.これは私にとって,仕事の一環なのだと言ってから思った.梅田では20人くらいの人が,しばらくの時間を語り歌う.4月からは第2,第4土曜にやってゆくとのこと.それは園君のこのツイッターにもある.園君はこの日は東京であった.私は,かつては,毎週金曜日の関電前集会に行っていた.そこでもいろいろ考える良い機会であった.その金曜行動でかつて見かけた人にここでも会う.梅田解放区は,体力の問題と用事が重なるという問題はあるが,出来るときは行こうと思う.

例年この時期は授業が少なく,その時間に青空学園の諸々を制作してきた.去年今年は2年生の授業が週1回はあり,今年の先週は,シンポジュウムなどいろいろあって時間がすぐに過ぎた.今週は比較的時間があった.『神道新論』の再校や表紙などその他のことで,出版社とやりとりしてきた.本がだんだんと形になってくるのは不思議なものである.このように一日いろいろ考えることができるのは久しぶりである.

この1年半ほどは,今回の『神道新論』にまとまってゆく寄稿文を考えたり,それらを一つにまとめはじめたりと,こちらの方にほとんど気持ちがいっていた.それはよかったし,今しかできないことをやってきたのだが,それが一区切り着いて,次の課題が形をとるまでの間『高校数学の方法』を読みなおしている.それは夏までにまとめる講究録の準備も兼ねているのであるが,更新履歴を見ると,『高校数学の方法』は2009年 10.19にPDF版を7.2版にして以来手をつけていなかった.

それで久しぶりに少し書き加え,2回直したので7.4版とした.今後『高校数学の方法』の一つとして,論述の力をつけるための,基礎的な考え方,実地の訓練などをつくってゆきたい.この分野は,日本の教育ではまったく手薄である.それがまた,先般のシンポジュウムの討論をふまえたこちらの仕事である.この枠組や段取りを考えはじめているところである.

青空学園をやってきて,もう18年だ.長い時間が経った.このあいだ,それぞれPDFのページ数をメモして合計したら,3300ページあった.これをすべていつでも公開している.そのなかで『高校数学の方法』は青空学園の高校生向けの著作として代表的なものであるが,2001年から2002年の頃この主な部分をつくっていた.これを50代にやっておいてよかった.今ならとても無理だろう.学校で習ったことの上に高校生が考え方を勉強する書物としては,原理的に言って『高校数学の方法』以上のものは有りえない.そして,『高校数学の方法』を増訂できたら,そこに書いたものをまとめ,もう少し高い立場からこれを深め,シンポジュウムの講究録をつくりたい.

これは先のシンポジュウムでも話したのだが,4月から全国の小学校で「道徳」が成績が評価される「教科」となる.これでまた不登校生が増える.道徳の時間に手を挙げてハイハイと答える生徒が,休み時間に誰かをいじっている.まわりもそれをはやしている.社会の縮図だ.何をやっているのだと,意識化できればまだしも,その前に体が拒絶し,朝起きられなくなる.要因は千差万別だが,不登校は学校と世のあり方への,体をはった抗議なのだ.不登校の子は皆まじめだ.

40年ほど前に教えた子らのクラス会にゆく.「僕らは勉強は苦手だったが,不登校生はいなかった.いつからこんなになったのか」と聞かれる.長期に欠席する生徒は,戦後政治の総決算をかかげた中曽根行革の数年後,90年代から増えてゆく.いわゆる格差を拡大した小泉改革を経て,人を金儲けの資源としか見ない新自由主義が世にゆきわたったアベ政治の2015年,病気を理由とせずに30日以上欠席した小中学生は,全国で125,000人を超えた.アベ政治は,実は学校もこのように変えてきてしまったのだ.

この5年のアベ政治は,アベという個別の政治家のそのゆえに起こったことなのか.そうではない.いま日本政治に起こり続いているこの政治は,決してアベという政治家個人の問題ではない.資本主義が行きづまり,終焉に向かわざるを得ないというこの土台を,経済成長を前提とする既成の枠組で何とかしようとするかぎり,アベ政治は出てくる.経済第一でゆくかぎりアベ政治は必然である.経済から人を第一とする世に転換してゆかないかぎり,次は見えてこない.

人と人がつながるさまざまの取り組みをしているものたちが,自覚的につながってゆくことが始まりだ.『神道新論』もそのためにと書いた.古来より今に伝わる神道にはその智慧が秘められている.それを日本語の基層から取り出すものである.経済第一の世に代わる世を様々のところで準備し,それがつながらなければならないところにきている.2月の終わりの時期に,それをつくづくと思う.

2018-02-18 二つの集会 このエントリーを含むブックマーク

nankai2018-02-18

この木金土は二つの集会に参加した.一つは,13〜16日に京大数理解析研究所で開かれた,「教育数学第3回シンポジュウム」である.4年前のことは「言葉と数学は人間の条件」にある.私はそのうち15,16日に参加した.16日の午前にはこちらも「高等数学の教育において何を伝えるのか」ということで,いまの大学初年の数学教育の問題や,高校数学の教科書の問題を実際の経験から話した.また,不登校の問題から,今の日本の教育の基本的な問題にも話しを広げた.持ち時間が70分だったので,報告の題名にふさわしいところまでは語れなかったが,それは講究録の中で書きたい.これを夏までにつくらねばならない.まったく,これはこの方面での遺言のようなものだ.

青空学園で私を知った,四国高松の高校の先生がわざわざ私の話を聞きに京都まで来てくれていた.驚いたが嬉しくもあった.一緒に昼食を食べながらいろいろ話した.彼は戻ってすぐにDVDRを注文してきてくれた.その後,16日午後の討論をふまえて考えたが,こちらは青空学園においている『高校数学の方法』に,「日本語で書く論述」についてまとめ,その練習問題もつくらねばならないことがわかった.高校生,大学生の論述力の低下は,いろいろ語られていた.日本語は言葉である以上,論理をもち正確で巌密な論証を書くことが出来る.しかし日本の教育の中で,それが目的意識的に教えられることはほとんどない.ここを埋めるものをつくっておかねばと思った.

そして17日夜は,「人民新聞編集長・山田洋一さんを支援する会」の結成集会であった.16日の午前に神戸地裁で初公判が開かれた.こちらは京都にいて参加できなかったが,その日の午後,彼は釈放された.尼崎小田の集会会場の入口にいると,ちょうど彼がはいってきて,「よう」と抱擁.元気だった.というか,集会での彼らの話を聞くと,人民新聞は休むことなく発行され続け,その輪は広がり読者も増え,この弾圧は逆に彼やわれわれを鍛え,独立系の新聞として大きく飛躍する契機となった.まったくそうだと,つくづく思う.おそらく権力はそれを見てこれ以上拘留してもよけいに運動の輪が広がると判断したのだろう.イスラエルに住み,「イスラエルに暮らして」を人民新聞に掲載し続けている日本人のガリコ恵美子さん,門真市議の戸田さん,豊中市議の木村さんも参加し発言していた.山田さんがかつて活動していた尼崎の昔の仲間がその時代の映像を見せてくれたのも,関生労組の報告も,初めて聞く話でよかった.参加者は120人ということで大いに盛りあがった.

16日の集会と,17日の集会,参加者は今の世でいえばまったく違う人らである.私自身は,16日の集会の参加者の多くのようないわゆる学者ではない.この20年,私自身は青空学園をやっている者であるというところに立って,この世の中のいろいろなことをやってきた.その結果として,この2つの集会のその両方に係わり,内容的にはそれをつなぐところにいる.2つの集会の参加者に共通しているのは,それぞれの立場,位置からの,今の日本,あるいは近代日本に対する批判,これではダメだという観点である.

それをつなぎ,その明治維新から百五十年の近代日本を問うということで出版を準備している『神道新論』,その再校が13日に来ていて,この間それに朱を入れる時間がなく,ようやく今朝一通り終えることができた.昨夜の集会には,この本の出版をすすめてくれた杉村さんも来ていて,終わってから一緒に食事をすることができ,副題などいくつか残っていた課題についてヒントをいただいた.2日ほどかけてもういちど見直し送れば,三月末には出せそうである.18年ほどの青空学園の積みあげがあってのことだが,2016年の七月に雑誌に寄稿文を書いてから1年半ほどで一冊の本にするところまできた.

この本は,日本語の近代造語ではない基本的な言葉から近代日本を考えることが主題である.2つの集会のいずれの参加者にも問題提起になる.どれだけ伝わるか,こちらの力も問われるところである.そしてまた,一冊にまとめればまとめたで,次の課題が出てきて,考えるべきことは尽きない.山田さんが,三ヶ月独房にとらわれて,人とのつながりの意味を識ったという趣旨のことを語っていたが,近代の果てに,ようやくわれわれはそういうことを考えるところに来ているのかも知れないと思った.

2018-02-03 S1会と祇園白川,吉田神社 このエントリーを含むブックマーク

f:id:nankai:20180203145445j:image:w220:rightf:id:nankai:20180203193438j:image:w260:left今日は理学部1組の同窓会のS1会があった.朝から家で豆まきをし,それから『神道新論』の校正に取り組んで小一時間,時間が来たので京都へ行く.阪急四条河原町で降りて,平安神宮西側にある会場の和食店まで歩いた.四条通りから三条通りの方へ,川端通りと東山通りの間を,祇園白川に沿って歩いた.ここはこれまで通ったことがなかった.こんな街があったのだと,京都の街の風情を味わいながら歩く.京都の街は自分の体の一部のような感じであるが,それでもこの祇園白川は知らなかった.吉井勇の歌

かにかくに 祇園はこひし寝(ぬ)るときも 枕のしたを水のながるる

は知っていたが,あの歌の「したを水のながるる」川は高瀬川かと思っていた.ほんとにこの街を知らなかった.何ということかと思う.昔下宿していた京都市左京区北白川.その白川が,ここまで来て鴨川に流れていることも知らなかった.白川は,江戸時代はもっと川幅も広かったようだが,疎水ができて分断されていたのだ.京都には,まだまだよく知らない街があるのだろう.祇園白川の街に出会ったことがこの日一番の収穫であった.

それから三条通りの交差点で東山通りを渡り,平安神宮の方に歩いて岡崎にある京料理の店の会場に行く.午後の1時からはじまり3時半頃まで,それぞれ近況を語りながら,ひとときを過ごした.S1つまり理学部1組のクラスはフランス語クラスで,50人強であったが,今日はそのうち11人参加であるから2割,よく集まり50年が経ったとは思われない.古希を迎えての集まりである.

f:id:nankai:20180209143312j:image:w260:leftこの前は,「S1会」に書いたように,2016年の暮れに近い頃であった.私が参加したのはこのときからであるが,世話人の人に聞くと,もうずいぶん前から集まっていたそうだ.こうして昔の同級と京都であうことになるとは,思ってもいなかった.「旧友に会う」に書いた彼も来ていた.明日から中国に行くと言っていた.皆で会食しながら,それぞれ喋った.あの時代にいろいろ進む方向を考え,独力で勉強して司法試験に通り今も名古屋で弁護士をしている人は,当時の経過と,そして今,福島の原発事故から名古屋などに避難している人の裁判などもやっているとのことであった.私も,ここに参加するに至った経過は話しておいたが,2011年2月に数理研の研究会に行ってS5だった彼に再会したのがはじまりだ.そのときのことは「人に会う(続)」にあるが,この流れは必然だとも思う.

f:id:nankai:20180203193429j:image:w260:rightその後,茶店でお茶を飲んで解散し,皆と別れてから,東一条まで行って,吉田神社に参ってきた.吉田神社節分祭は昔も行ったことがあるが,多くの露店が並び賑わう.今日も本当に多くの人出であった.吉田山の尾根を南の方向に歩いて東に曲がり去年も行った真如堂が向こうに見えるところまで行った.去年の新緑の頃,あちら側まで行った.そのときのことは,「新緑の候」に書いた.それからこのときと同じ道を歩いて東山通りに出て,京大病院前からバスで東山四条までゆき,戻ってきた.しばし京都にひたっていた時間であった.次に京都に行くのは,2月15,16日、数理研での研究会である.

明日は,雨が降らなければ,7時半から公園の掃除である.それを終えて,なんとか明日中には校正の基本を済ませたい.多くの提案をしてくれた作品社の担当者にはほんとうに感謝している.そして,月曜からは,いろいろ動かなければならないことごとがある.これは先日も書いたように,今の市と地域との関係の中で出来るだけのことをすることだと考えている.

2018-01-28 今年最初の梅田解放区 このエントリーを含むブックマーク

f:id:nankai:20180127191205j:image:w260:leftf:id:nankai:20180127183805j:image:w260:right昨夜は定例の梅田解放区の集まりがあった.本当に寒かったが,20人近い人が集まり,街ゆく人に呼びかけ,トランペットが2つ,小太鼓1つで歌い,声をあわせる.土曜の夜の梅田界隈は,多くの人が行きかう.福井で反原発の運動を続けている人が,地震列島で次に地震があればどうなるのか.街ゆく皆さん,それを考えてほしい,と語っていた.立ち止まる人,写真を撮ってゆく人などもいるが,過半はそのまま通り過ぎてゆく.それでも声は届いている.

梅田に行くのに阪急電車に乗ったが,車内放送で「体の不自由な方など見かけられましたら,…などお声かけをお願いします」と,それも録音音声でしょっちゅう流す.聞くに堪えない.人が人を助けるのに何も阪急に言われることはない,放っておいてくれと思う.阪急電車は,その放送がどんなに偽善的で,聞くものを不快にしているかさえ分っていないのだ.

官僚の書いた作文を読むアベ首相の国会答弁などもこの偽善典型だ.やっていることと読んでいる内容がまったく逆である.おまけに読み間違いがよくあるのでここまで落ちているかと思う.今の世を写して,このような偽善的な言葉が日本中にあふれている.彼らの使う偽善言葉の典型福島地震の後に出てきた「絆」で、あの頃からひどくなった.もし,彼らが本音で語れば,辞任した松本文明内閣府副大臣のように「それで何人死んだんだ」となる.その本音を,偽善の言葉で覆いかくしている.これが今の世の有様である.

それに対して昨日語っていた人は,それぞれ自分の言葉で語る.こんな世のあり方にこれではいけないと思うものどうし,あるいはまた生きづらさをかかえるものどうし,心をこめて語りあい,そして言ったことには責任をとろう.大きく世が動く時代こそ,そういう言葉でつながろう.こちらは写真を撮ったとき以外は,横断幕をもっていて喋らなかったが,人の語るのを聞いていて,このように考えた.

定例的な街頭行動は,2012年から2015年まで毎週関電前に行っていたのが思い出される.あれは自分にとってもいろいろ意義深いことであった.昨日は朝一で『神道新論』の初校ゲラも届き,その校正もはじめなければならず,問題づくりの原稿仕事も締め切りに追われてはいるのであるが,街頭に立って考えることが,自分にとって大切なので,いってきた.そうしてよかった.そして明日からまた二年生の授業や三年生の直前講習であり,役所などとの交渉ごとも入りそうであるが,これからも他の予定と重ならないときはこの梅田解放区の取り組みに参加したい.できるうちだという思いもある.

最近,市との交渉ごとがいくつかある.市は地域から,下から政策を組むということをなかなかしない.こちらの意図を汲まないことも多々ある.しかし考えてみれば,アベ政治が上から下まで行きわたっている今日,各市町村も行政とはそういうものであるかもしれない.そういう全体状況も個別の積みあげであるから,できることはしておきたい.また,不登校の子の居場所づくりで学校の対応を聞いて思うのは,とりわけ公立中学のことであるが,学校というものがかつてのような,いろいろな子らがそれぞれに居場所をもてるところではなくなっていると言うことだ.そして,学校の教師自身が,そのことが見えないまでに,今の世の偽善におかされていると言うことだ.近代日本の結末は,福島の核惨事だけではない.日本中にその惨事を見ることができる.

これを革めるときは必ず来る.しかし,それがいつかはわからない.それだけに,ひとつの遺言としての『神道新論』は残しておきたい.いまは編集者がくれた貴重な提言を一つ一つ吟味して校正を確定している段階である.また,2月16日には,数学の方でも研究会で少し喋るが,討議をふまえてその後まとめる講究録は,高校数学の方面での遺言になるだろう.今年前半,この二つはしっかりとやっておきたい.

2018-01-17 阪神淡路大地震から23年 このエントリーを含むブックマーク

今日は阪神淡路大地震から二十三年である.あの日のことは,十一年前に「阪神淡路大地震から12年」にも書いたが,昨日のことのように思い起こす.阪急電車の高架が倒れ,西宮北口から歩いたこと,神戸に出るのに瓦礫の間をバスで通ったことなども思い出す.が,今から考えればアスベストの舞う中を,動いていたことになる.アスベストの潜伏期を考えると,これからあの当時の影響が出てくるかもしれない.明日は,西宮でアスベスト問題に取り組んでおられる上田さんが,19時20分頃より ラジオ関西にて「阪神淡路大震災とアスベスト問題」について約10分間出演される.

また,ここ「鎮魂か商魂か、それが問題だ〜阪神淡路大震災から23年」に,西宮に住んでいた小田実さんのことが載っている.私の本棚に,この市民立法の運動をふまえた1998年の小田さんの本「これは「人間の国」か」がある.そのIIIは「「棄民」から事態,問題を考える」である.この本で提起されていたこの国の問題は,福島の地震とそれに続く核惨事おいて,さらにあきらかになった.しかし,事態は変わるどころか,安倍政権はこれをショックドクトリンにして,第2次内閣を発足させ,そして今日に続く国家の私物化と腐敗の政治を続けてきた.小田さんは今日を見越しておられたのかもしれないが,しかし今を生きるものとして小田さんに申し訳ないと言う気持ちである.

五年前の「阪神大地震から18年目に」では,ちょうど人民新聞のことを紹介した.山田編集長の福島取材が読み応えがあった.ここに再掲しておく.「[福島・二本松]引き裂かれる被災者」,「[飯舘]帰りたいけど帰れない」,「[二本松]未来見据えた地域戦略構想中」である.このような記事を書いてきたその山田編集長は年を越えて今も神戸拘置所にとらわれたままである.まさに今の政治が編集長を拘束しているのだ.編集に携わることを妨害し,人民新聞とその周りの人のつながりを断ちきろうとしている.籠池夫妻が今も拘留されているのと同じである.逃亡のおそれも証拠隠滅のおそれもない.ただただ喋られたら困るのだ.しかし,山田さんの,獄中より届いた年頭挨拶:弾圧の中に射している一筋の光 警察・検察に「ギャフン」と言わせてやるぞ! は読むのもに力を与える.

人民新聞への弾圧は,これを発動した彼らアベ政治の中枢にいるものの意図とは逆に,いかに今の権力が腐敗し警察政治まで私物化しているかを明らかにした.彼らはこれを隠そうとするだろう.こちらは少しでも多くの人に事実を伝える.2月17日には「山田編集長を支える会」が結成される.北摂から尼崎の地で,戦後ながく地道な活動がなされてきた.私もいろいろ世話になった.1991年には彼らの訪中団の一員として,東北地方から中央部の蘭州まで旅した.そのときのことは「十六年目の中国」にある.宝塚の市長をはじめ,いわゆる市民派政治家,議員も少なくない.豊中の木村議員はいま中心になってこれを担っている一人である.このような人民運動の広がりを,アベ政治は一番恐れている.ここはこちらも踏んばりどころなのだ.この集会には参加する.詳細は「山田編集長を支える会」結成!/2月17日尼崎集会へ参加をと、人民新聞編集長・山田洋一さんを支援する会にあるので,行ける方はぜひ参加してほしい.

しかしそれにしても,明治維新から百五十年にして,近代日本の政治がその支配機構の上から下の末端まで,こういうところに行きつくとは思ってもいなかった.そしてこのような世のあり方は必ず革めなければならない.またそのときは来る.しかしその時期は分からない.アベ政治の土台にあるのは資本主義ゆきづまりである.ということは,明治維新百五十年はまた,資本主義を越える理念と実践が試されるときでもあることを忘れないでゆきたい.そして,自分にできることとして,この事態を私なりにもう少し考え,言葉に残しておかねばと思う.その一端は『神道新論』に書いた.これは三月か四月に作品社から出る.しかし,それはまだまだ問題提起の段階である.これを自分自身への提起と受けとめ,少しでもそれを掘り下げ語りたい.いのちあるかぎりそれを試みるということだろう.人生とはそういうことだと思う.

numapynumapy 2018/01/23 07:14 スキーから帰った朝、8時のニュースで真っ赤な画面を見ました。
ちょっと辛かったです。もう23年ですかぁ・・・

nankainankai 2018/01/23 09:51 早朝だったので家族も皆家にいました。新幹線はまだ動いていませんでした。伊丹で新幹線の陸橋が倒れ、阪急高架も倒れているので,動いている時間だとたいへんでした。
市場などの火事がすごかったです。倒壊した集合住宅もたくさん見ました。
東北の地震もそうですが,まさかと思うことが、実際に起こりました。