Hatena::ブログ(Diary)

Nash Bridgesの始末書 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 

2006-11-15 水を電気に変える力!

次元の魔女〜世界を革命する力〜

卵の殻を破らねば、雛鳥は生まれずに死んでいく。

我らが雛だ。卵は世界だ。

世界の殻を破らねば、我らは生まれずに死んでいく。

世界の殻を破壊せよ。

世界を革命するために!

まず、はっきり言っておきたいのですが、誰がどれほど真剣に反証実験をやってみせたところで、江本グループは決して主張を撤回しません。単に「科学ではなく、ファンタジーだ。だが、事実だ」という主張を繰り返すだけでしょう。あるいは超心理学でいう"山羊・羊効果"のように「水に対する感謝の気持ちがない人がどれほど実験しても、水は本当の姿を見せてはくれません」とでも言い出すか。なにしろ、事実ではないと認めてしまえば、彼らはこれまで築いてきたすべて(つまりビジネスですが)を失うわけですから。実験できちんと反証すればよいというのは「科学のルール」に則って議論できる人に対してのみ有効な話で、そもそも「科学のルール」の外で何かを主張している人には通用しない話です。

これは「ふぉーりん・あとにーの憂鬱: 誰が屏風の虎を追い出すか?」で47thさんも指摘している。「科学のルール」は科学のルールが支配する世界でしか通用しない。別の世界で生息するルサンチマンに「科学のルール」は通用しない。なぜなら、ルサンチマンの世界において、科学のルールは勝利則ではなく、敗北則だから。負け犬の世界においてファクトはファンタジーに永久に勝てない。いや、勝てては困る。すっぱい葡萄が、本当は甘い事を認めることになってしまうのだから。

で、出てくる対抗策は世界の創造者であるルサンチマンではなく、「世界の住人」を狙うことが一つ。とりあえず、加藤典洋メソッド」と名づけよう。

でも、だから反証実験は無意味とは思わなくて、全く逆の見解。

これは言うなれば「似非科学vs科学」の異種格闘技なわけで。科学者同士の揉め事とは別の戦略が必要だと思う。

科学者の仕事はファクトを積み上げる事であって、誰かを説得する事ではない。異種格闘技に有効なのは、「ひたすら科学者らしく振舞う事」。相手は科学者じゃないからこそそれを一番嫌がる。

ボクサーに対するキックボクサーローキックの様に、効果的で嫌らしい。

このメソッドは空気を作り出すのが目的。どっちが勝っているかなんて解説する必要はない。科学の世界側からの、そんなマッチョな自己主張はいらない。観客が勝手に判断すればいい。そういう意味で、「ひたすら科学者らしく振舞う事」がこのメソッドでの肝であり、「如何に感じさせるか」が描き手の技量のみせどころ。

次は清涼院流水メソッド」。これはもう「語り得ぬことは語り尽くして語りたくなくせ!」というメソッドです。殺しまくれば殺しは異常で無くなる。名探偵がワンサカでてくればメイタンテイ化しゲシュタルト崩壊・みたいな? :-P

これはもう、観客が飽きるまでやりつづける消耗戦。「負けたもん負けや」なわけです。

ただし、これらのメソッドでは世界間での抗争をメタ的に観戦できるだけの冷静さが観客に求められる。方法論的に、仮想的第三の世界を構築し、外から観察するだけのメタスキルが必要。

というわけで、ルサンチマン世界で信者している住人には効かない。そうなったら、ルサンチマン世界に侵入し、内部から破壊するしかない――ルサンチマン世界のセカイ律である「ファンタジー」をぶっこわすことによって。

このファンタジー破壊をいかにするかが問題。科学世界のセカイ律である「ファクト」をヘタに振りかざすと、相手を利することになるからね。つまり、なんとでも言い逃れされると困るの。言い逃れの回数=ルサンチマン世界の再創造回数なので、ますます怨恨が強められてしまう。だから再創造させずに、逃さず、漏らさず、一撃必殺のみ!!


じゃぁ、「異世界を飛びまわる次元の魔女から魔力を奪うにはどうしたらいいのか?」


まずは、medtoolzさんの爆破メソッド。信者ですらヒク、「爆破」を行なうことによって教義へ疑問を抱かせる。成功すれば、魔女の写殺爆殺完了。ただし、爆破が内部犯を装った外部犯とバレルと殉教者化し、逆効果の可能性有り。

次は、「コスモ破壊メソッド」。要は、このトンデモ占星術とおなじで、内なる宇宙(精神)が外なる宇宙(コスモ)に影響を与える事が出来るという錬金術なわけよ。このコスモをファクトによってスペースに変容させようとするのが科学者の方法論。ま、信者には効かないんだけど。

そうなると、コスモをコスモのままにして、内なる宇宙との繋がりだけを断ち切るしかない。どーやるんだろうねぇ〜。こればっかりは、もう、ホムンクルスのお父様にお願いしてアメストリア式錬金術の無効化方法を教えてもらわないと無理っぽ。挙句の果てに、実は錬丹術でした!なんてオチがあったら悲劇だな。

まぁ、そうなったらそうなったで「墓所の主」よろしく、「世界設定を全部暴露」しちゃうってのもアリかなぁ?裏の意図から勝利条件、何から何まで全部丸ごと黙示禄を完全公開、絶対運命黙示禄!みたいな?要は、「マジックのネタを暴らして興ざめさせるメソッド」

終に、万策尽きた時は、「最期が来るまで待ちましょうメソッド」

no title

他方で「水からの伝言」を信じてしまった人は、本来ならば適切な医療サービスを受けるべきところ、効果のないカウンセリングしか受けられず、苦しみから逃れられない(あるいは逃れるにより時間がかかる)ということになってしまいます。多少はプラセボ効果もあるかもしれませんし、苦しまない境地に至ることはできるのかもしれませんが、おそらくは有意に健康状態は平均的に見て悪くなるでしょう‐例えば、平均寿命に差が生じるとか。

死して屍、拾う者なし。

でも、放置した結果、地球教化しちゃうと困るよなぁ。叩き過ぎて原理主義化しても厄介だし……。『ワールズ・エンド・ガーデン』みたいなオチもなぁ……自業自得だけど良心が痛むわ。

関連リンクがまとまってる=>シム宇宙の内側にて 水伝に反証実験を要求する人の科学リテラシーは信者と同レベル

文系思考様式からの批判=>http://www.cm.kj.yamagata-u.ac.jp/blog/index.php?logid=3571

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nash-bridges/20061115/p1