スマートフォン用の表示で見る

占星術

一般

占星術

せんせいじゅつ

太陽・月および太陽系の諸惑星地球を除く)の、地球から見た位置を基に、個人の性格等を判断する占い。

天体黄道十二宮*1のいずれに位置するか、が主要な判断要素であるが、天体相互の位置関係*2や、地平線・南中*3との関係も判断要素とされる。

天体等の位置関係を円形の図に記号を用いて示したものをホロスコープと呼ぶ。

俗に言う「星占い」は、生誕時の太陽の位置が黄道十二宮のいずれに位置するか、という一点に注目したものであり、占星術のごく一部に過ぎない。

*1:一般に「牡羊座」「山羊座」などと呼ばれるもの

*2アスペクトという

*3:それぞれアセンダント(ASC)・MCという