Hatena::ブログ(Diary)

nikkokisugeの日記

2018-06-23

ラグビーテストマッチ 日本代表 vs ジョージア代表

まぁ、日本が強豪国相手に完封勝ちしたなんて歴史の中であるのでしょうか??

思い当たる節がない。はい、今日はそう思わせていただきましょう。いや、過去にありますよなんて事実を言わないでください、そんな無粋なことは!! と思うような試合でした。

えっ、どんだけの点数の勝利だったかって、う〜ん忘れたけど、、、28-0だったっけ、何を勿体ぶってんの、キスゲは。はい、あいすみません。

関取の栃の心を思い起こしてください、あんな頑丈でいかにも堅そうな肉体、スクラムは世界一といわれるほどの屈強さ。しかし、なんのことはない、まぁ、互角に戦った(ちょっと盛ってますm(__)m)

地の利はあったかもしれないけど、タフな試合に勝ち抜いた日本の選手達に拍手を。そしてジョージアの選手の皆さんにも拍手を。トヨタスタジアムジョージアは来年のW杯では試合があるとか、このグランドの感触をその時に活かしてください。

この夏のテストマッチは日本2勝1敗。先週のイタリア戦は惜敗でしたが、そこで連勝できなかったのは、実力であります。それを明日に繋げることに意義があります。

サッカーも、本当にごめんなさい。3戦全敗と覚悟をしておりました。戦う前からの弱気。それを選手達は払拭してくれました。明日ですね、第二戦セネガル戦は。

応援します!!

2018-06-20

岐阜県 西穂山荘トレッキング

愛ちゃん岐阜に来てまった!

6/15金曜日は梅雨最中。東京から車で中央道長野自動車道松本IC〜平湯〜栃尾新穂高ロープウエイのすぐそばの宿までと、この日は移動日にあて、明日の登山の好天候に期待を掛けます。

まぁ、翌朝は霧がひどくどんなものかと思っておりましたが、ロープウエイに乗り上がっていきますとみるみる霧は晴れ、西穂高口駅(標高2,156m)からは雲海の奥に白山が見えました。

f:id:nikkokisuge:20180621021919j:image


f:id:nikkokisuge:20180621024446j:image:w360:left

いままで槍ヶ岳は写真やテレビでしか見たことがないので、生槍ヶ岳に感動です!










30分程高山の空気に体を慣らし登山道へ。目指すは西穂山荘です。約200mの登りでコースタイムは1時間ちょっと。これなら大丈夫。

f:id:nikkokisuge:20180621042722j:image


登り始めはよいよい、だんだん石がゴロゴロと険しさが増していきます。

f:id:nikkokisuge:20180621041454j:image


f:id:nikkokisuge:20180621025811j:image:w360:left

土曜日とあって登山者はちらほらいます。雪渓も結構多く、一気に登りなので結構きつかったです。岐阜で一番高い笠ヶ岳に背中を押されながらひたすら登ります。笠ヶ岳岐阜県高山市にある飛騨山脈標高2,898mの山。美しい山ですね。






f:id:nikkokisuge:20180621030046j:image:w360:left

1時間半で西穂山荘にとうちゃこ〜。公式HPによれば「西穂山荘は、北アルプス穂高連峰西南端にある西穂高岳標高2909m)への登山基地となっている山小屋です。当山荘は標高2.367mの高地にありながら、北アルプス南部では唯一通年営業している山小屋として知られています。」

眺めは最高です。お昼に山荘名物味噌ラーメンを。味は濃いですが塩分補給にとスープも完食。トマトも二個食べて食欲旺盛。


小一時間休憩してから下山。下りは1時間ぐらいで出来るでしょう、と思っていましたが、熱中症とも違うしんどさに襲われます。頭も痛くなって足が進まない、、、これって高山病でしょうか。登りは平気で昼食も平らげ、空気の薄いのにも慣れたはずなのに、それでも高山病に掛かるのか。そういえば私は2,000m級の山にあんまり登ったことないんだわ。休み休みの下山、登りの倍近く2時間も掛かりましたが低地に着いた頃にはその症状もすっかり治まりました。

美しい花々、左が衣笠草・右が猩々袴、抜けるような青い空に白樺の緑の葉が美しかったです。

f:id:nikkokisuge:20180621035719j:image


この後は上高地に向かいました。二日続けての梅雨の晴れ間の好天候。有り難うございました。

2018-06-11

落語名人会 at 江東区文化センター

f:id:nikkokisuge:20180611144703j:image:w360:left

桂雀々さんはテレビでは見るのですが実際は見たことないのでかねがね機会があれば行きたいと思っていました。そうしたら6/10日曜日に柳家さん喬さん、桃月庵白酒さんと3人で出るというので行ってきました。

生憎の台風接近による雨ですが、昼間はまだまだ弱く出掛けるのを迷うほどの降り方ではないからか、すでに前売りでお金を払っているからか(笑)、満員御礼といっていいほどのお客様の入りでした。











f:id:nikkokisuge:20180611144658j:image:w360:left

前座は柳家緑助による古典落語「やかん」。自称物知りのご隠居さんと八五郎の物の名の由来をご隠居が答えて噺は進んでいきますが、やかんの命名の由来やいかに? 川中島の合戦まで時代は溯り、ある武士が兜の替わりに水わかしを被って兜の替わりにした。水わかしに敵の矢が当たって・・・・が由来だそうです。

私の前のおじさまの頭がふたりとも○○だったので、ついつい目がいってしまいました(すみません)



白酒師匠は「化け物使い」。人使いが荒くて使用人が3日と居着かない。「お暇をいただきたい」とみんな辞めていく。そんなご隠居にも、やっと我慢強い使用人杢助が来て3年も続きます。ところが隠居は引っ越すという。その家は化け物が出るとうわさの家でした。化け物が大の苦手の杢助は暇を貰って出て行く。噂通り夜になると化け物が日替わりで出てくる、化け物はちっとも恐くない隠居は化け物にも用を言いつけこき使います・・・・・


雀々さんご登場。まぁテレビで見るのと少しも変わりませんね。声も身振りも大きくて賑やかです。一瞬のうちに会場をさらいます。枕も面白く、自分が修行中の話になります。上方は東京のように「前座見習い」「前座」「二ツ目」「真打ち」という階級がなく、同期である正蔵こぶ平)を目安に彼が前座になれば僕も前座かな、二つ目になれば二つ目という具合に階級を自分ながらに定めていたそうです。で、こぶ平が真打ちになったときは「ちょっと早すぎるんとちゃう!?」と思ったそうです。会場は溢れるばかりの笑い。(しかしながら正蔵師匠はいじられキャラですね)。その勢いのまま「代書」へと。


雀々さん余韻で客席がざわついておりますが、静かにご登場はさん喬師匠雀々さんの関西弁の大声に慣れてしまって、最初はさん喬さんの声が小さく感じましたが、そこはさすがの大御所、静かに客を引き寄せる。「動」から「静」へとお見事な場の転換・つなぎでした。

「笠碁」は3代目柳家小さん大阪から持ち帰ったネタだそうです。雀々さんが枕で5代目小さん師匠の話をしてましたので、思うにさん喬さんは雀々さんの後を受けて、今日の演目を決めたのではないかと想像いたします。う〜ん、奥が深い。さん喬さんは品が良い、上方でいうなら米朝さんにも匹敵するのではとファンの私は思うのであります。

2018-06-10

ラグビーテストマッチ 日本代表 vs イタリア代表

昨日のラグビーテストマッチ 日本代表 vs イタリア代表。大分銀行ドームで行われました。現地へは行かずテレビ観戦でしたが、大いに盛り上がりました! 34−17(前半17−14) での完勝!!

イタリア世界ランキング14位ですが、6Nations(イングランドアイルランドスコットランドウエールズフランスイタリア)に参加して強豪との対戦で力十分です。世界ランキング11位の日本がそんな急上昇のイタリアを迎え撃っての攻防、どちらも力抜くことなく見応えのある試合でした。

スーパーラグビーサンウルブズの強化の成果をここに出したっ! という感じでした。南半球ヨーロッパラグビーはスタイルが違いますが、共通して言えることは今やオフロードパス(タックルされながらパスをする)の技を磨かなくては戦えきれないってことでしょうか。イタリアもそこはよく使ってきていましたよ。日本はまだまだ使い切れていませんが、それをマスターすれば、もう世界は日本のもの! って感じる今日この頃です(ちょっとほら吹き)

トライを決めたのは前半マフィ・福岡(60mの独走トライ)、後半レメキ(練習を重ねたサインプレーが実を結んだ感じのトライ)・松島とで4トライ、そして田村優のコンバージョンキックも成功しました。田村の顔つきはずいぶん精悍になりましたね。甘い感じの男前さんでしたが強さが加わっておりました。

倒れても倒れてもボールを離しては拾いを繰り返し前へ進む、姫野も忘れてはいけません。代表デビューしたのは昨年の秋です、今や立派な日本代表選手です。

試合終了後のインタビューで福岡が「3連勝でしめたい」(来週イタリア戦、その次ジョージア戦)と言っておりました。頼もしい限りです。イタリアも修正してくることでしょうが、日本も今日の弱点を修正するんでございましてよ、あっははははは。

今回はスタジアムに行っての観戦は出来ませんが、テレビの前で代表のウエアを着て応援します!

2018-06-01

どうですかねぇ〜91

家の近くに中学校がありまして、朝ウオーキングには必ず通る道です。運動会を控えて種目の練習に生徒も教師も熱が入っています。その中でムカデ競争、つい10日ほど前はどのチームも2m進んでは崩れの繰り返しでしたが、今朝見てびっくり。みんな進歩していました。

女生徒と男生徒とで別々にそれぞれ大体16人くらいで1チーム。こういってはなんですが、女生徒のチームの方が上手ですね。統制が取れているというか、みんな真面目にやっているというか、こころが一つになっているというか。男子はあんまり真面目じゃないです(笑)。転ぶのを楽しんでいますもん。決してわざと転んでいるわけではありませんが。転んで悔しがっていない。まだまだ本気を出していないだけっす(笑) いいんですよ、スポーツは先ず楽しまなくちゃ、ねっ。足はともかく「いち、にぃ。いち、にぃ」と掛け声は元気よく揃っています。

しかし女子は掛け声から違います。「まだまだ行ける、まだまだ続く。まだまだ行ける、まだまだ続く」と黄色い声が一つになって、トラック1周倒れることなくにスピードも安定してゴールでした。きっと本番の運動会でも良い結果を残せるでしょう。男子生徒、君たちもガンバレェ〜。

オバサン、掛け声に元気貰いました! ありがとう!

どうですかねぇ〜、我々老人も「まだまだ生きる、まだまだ続く」と口に出して鼓舞しようではありませんかっ!!