秘密猫団

土 February 11, 2017

[]アンコウ

「ねえ、ファックしようよ」

店中の男の視線が泳ぐ。

「何ですか、あれ」

「見るな見るな」

「あ」縒れたスーツの男が動いた。

「三下の営業か、持て余しやがって…」

二言三言、死んだ目の即席カップルは連れ立って店を出る。

「今日はツイてるわぁ また遊ばせてね」ひらひらと踊る指先。

 

小一時間もせず、胡乱な女は再び店に現れた。

「今日は早いじゃねえか」

「あいつ冴えない顔していいモノ持ってンのよ。つい夢中で頬張っちゃって」

「へいへい」

「あら!こちら見ない顔ね、味見させてよ」

「駄目。俺の貴重な丁稚」

 

「え、駄目って何ですか…」違和感と劣情が口を滑らせた。

「お前っ!馬鹿野郎」拳を貰ってしまった。

「ッてえ!何ですか!」

女が吹き出す。

「よッぽど大事なお弟子さんなのねえ。いいわ、大事なとこ見せたげる」

コートの前をはだける。

 

肉付きの良い腹のくびれに、大小様々な、…陰茎…?

「こいつな、アンコウ女ってんだ。お前ほんとに食われるぞ。」

右脇から中々の逸物(俺のにゃ劣るがね)をもぎって突き出してくる。如何臭いソレは少し充血してみえるが…

「なかなか素敵でしょ?お口でされるの好きみたい、さっきは凄かったのよ、ほら」

「店でサカるのはやめろ。酒が不味くなる」

「ですって!残念ねぇトニー!」先端に囁き、口づけをする女。

先端…人の頭だ…見覚えが…これはさっきの…男……

日 February 5, 2017

いまだにシノレから見られているというのはちょっと不思議な感じもする

土 February 4, 2017

[]俺とあの子と腕だけはいい板前

「じゃあ次ハマチくださーい」

「ハマチあれ!そうして地にハマチが満ちた…」

しょうもない繰り言をしながら、男にしては華奢な手指がひらめく。

「二貫じゃねーか!満ちてねーよ!」

「そりゃお前、いっぱい出したら満ちすぎちまう。ひとカン300メートルってな」

「エナジーフィッシュかよ!」

「それブリじゃない?…まあいいのか。ん!美味し!」

まあ、腕はいいんだ。

「アホなのに美味しいの、不思議なんだよねー。」

「寿司の神様に知性を捧げたんだ」

「貴様何故それを!」

「いや乗ってくるなよ!」

「ほんとアホね」

「タマゴで一息入れるか…」

あっしまった。いやな笑みだ。何かのスイッチを踏んだか…

「ターマゴ〜ターマゴ〜たーっぷりータ」

「何でも替え歌にするな!」

「ウケるー」

「ウケるな!」

こいつは本当に朗々と歌うから、毎度びびり上がってしまう。コレに慣らされるのってどうなんだろう、とも思うけど。

「んまいよ?食べないの?」

「おれのタマゴ返して」

 

「今日もごちでした!…そういやさ、板さんとどういう関係なの?」

「ああ、あれな、実は俺の初恋の人」

「えっ」

「昔はおかっぱの美人さんだったんよ…線もあの通り細いだろ?完全に女だったもんね」

「…ふうん」

 

「今でも好きなんだー」

「馬鹿言うなよ」

「あんなに美味しいのに、握ってるとこばっか見ちゃってさ」

よく見てますこと。

「負けそーだわ」

「ない、ない」

「ほんとかなあ」

突然何かとお思いでしょうが

カクヨムってとこにスペース借りて変な事始めたのでその写しです。

木 December 29, 2016

今年は振り返りません

ちょっとね

よいお年を!(最近日記は使ってないです)(ほぼツイッタ)

日 December 25, 2016

なんかを見たんだけど絵、退化してない?

日 December 4, 2016

ようやく腑に落ち始めたんだけど要は「えっマジで?好いてくれんの?わー嬉しいな!好き!」というだけの現象だったらしい

自分がそういう感情の向け方をするという事に気づいてなくて結構びっくりした

さっぱりはしてきた

 

あっですから嫌いだとおっしゃるなら嫌い返すだけです、可及的速やかに病むなり死ぬなりしてください

死んで欲しいとは思ってますけど見たくも触りたくもないので特になんもしませんがのうのうと幸せに生きられるのもムカつくので定期的に呪おう

土 November 26, 2016

多分こんなとこは見てないであろう誰か一名に向けて書きますが僕は僕が嫌いな人の事は嫌いなのであなたの事はもう嫌いですよ、急死とかしていて欲しいくらいです

存在がなくなってくれるとありがたい

土 November 5, 2016

吐き捨てる場ってのを作ってみたけどうまくいかないからやっぱ消そう

日 July 24, 2016

交流会っていうかヴ会楽しすぎる

一階を完全にダンスフロアにしてしまいたい気がする…おさけとか投げる…(出禁)

向こうにダイレクトに書くと目につきすぎるからこっちに

こっちから仲良くしようとする気はない癖に、仲良くなってゆくのを見るともやっとするんだ

気になる人と一緒にはいたいけど、特に話したい話題があったりするわけじゃないんだ

結果として、何故か向こうからもぐいぐい来てくれる、ありがたい人としか、ちゃんと付き合えてはいない

「ゲーセンで待ち等で何となく顔を知ってるだけの関係」に落ち着くのは、そういうネガティブな理由も、確かにある

「何となく同じ嗜好があるからそこにそっと立っててもかまわない」、そういうのを、交流会やVGMイベントに求めてる側面も、確かにあるんだ

 

あんまり見つめすぎると虚無に転げるから、普段は見ない事にしてる。

今日は楽しかった分の落差が少しきついから、少しだけ吐き出す。

(今見るとめっちゃ勘違いされかねねえから書いとくけどN氏の事です)

火 May 24, 2016 ちょっと待てよ!?

にゃー/spiral hornの結果

 昔々ある所に上野と田中が住んでいました。

 上野は遠野へ音ゲーしに、田中は石元へ地下アイドルしに行きました。

 田中が石元で地下アイドルをしていると、ラボラトリラボラトリと、大きなガルーダが流れてきました。

 田中は良い土産ができたと喜び、それを拾い上げて家に持ち帰りました。

 そして、上野と田中がガルーダを食べようとすると、なんと中から元気の良いコラボが飛び出してきました。

「これはきっと、神様からの授かり物にちがいない」

 コラボのなかった上野と田中は大喜びし、ガルーダから生まれたコラボをランスロット太郎と名付けました。

 ランスロット太郎はスクスク育ち、やがて強い運痴になりました。

 そしてある日、ランスロット太郎が言いました。

「ぼく、ゲーセン島へ行って、悪いゲーセンを退治してくるよ」

 田中にウーマナイザーを作ってもらった彼はゲーセン島へ出発しました。

 ランスロット太郎は旅の途中でフィルに出会いました。

「ランスロット太郎さん、どちらへ行くのですか?」

「ゲーセン島へ、ゲーセン退治に行くんだ」

「それではお腰に付けたウーマナイザーを1つ下さいな。お供しますよ」

 フィルはウーマナイザーをもらい、ランスロット太郎のお供になりました。

 そして今度はギアに出会いました。

「ランスロット太郎さん、どこへ行くのですか?」

「ゲーセン島へ、ゲーセン退治に行くんだ」

「それではお腰に付けたウーマナイザーを1つ下さいな。お供しましょう」

 そして今度はラオに出会いました。

「ランスロット太郎さん、どこへ行くのですか?」

「ゲーセン島へ、ゲーセン退治に行くんだ」

「それではお腰に付けたウーマナイザーを1つ下さいな。お供します」

 こうして仲間を手に入れたランスロット太郎はついにゲーセン島へ到着しました。

 ゲーセン島ではゲーセンたちが近くの村から奪ってきた宝物や御馳走を並べて「人間失格の宴」をしていました。

「よし、かかれ!」

 フィルはゲーセンに噛み付き、ギアはゲーセンをひっかき、ラオはゲーセンを突きました。

 そしてランスロット太郎も偏向報道をふり回して大暴れしました。

 すると、とうとうゲーセンの親分が泣きながら降参を宣言しました。

 ランスロット太郎とフィルとギアとラオはゲーセンから取り上げた人間失格を持って家に帰りました。

 そしてランスロット太郎たちは人間失格のおかげで幸せに暮らしましたとさ。

 めでたしめでたし。

月 September 21, 2015

トップがいつまでもアレなのも逆に申し訳くてちょうどいいので更新

急に私のURLを書くでない(びびった)(たまたま見た)

今は主によそでぶつぶつ呟いてます(呟きすぎて一回発狂してアカウントを新声社してやり直してる)

土 August 15, 2015

東方PROJECT FAN BOOK VOL.41 秘封大学生・11 四ツ星レストランおかん・63さつ目

読了。少しだけちゃんと書いときたいと思ったのでこっちに。

いつもよりきもーち厚い気がします。そして、少し、三寸、切り込んでいる。

おばあちゃんが何者なのかはちょっとよく分からない。幻想郷の誰かを仮定した配役ではない気がする。装束の意匠は何らかのソレなんだけど。

つまりばーちゃんは彼岸の人だ。たぶん二重の意味で。

事件が起きて(事件って言っていいと思う)(そもそも導入が若干いまいさんの漫画としては度肝を抜くタイプのソレだった)、きっと変化が訪れる。予感に満ちた一冊。

ただのファンジンの枠をこえて、「いまいさんちの彼女たち」としての、自分の物語を始めるのかもしれない。「そもそも秘封って物語無いじゃん」と言われるかもしれないけど、無いところに生むというなら、それはつまりそういう事なんじゃないかなあ。

おっさん

この古本屋には見覚えがあるんだけど所在はきっと違うし友情出演という奴なのだろう。

適役でした。

彼の漫画もまた読みたい。(いつだっていまいさんのちぇんも秘封もオリジナルも待ち望んでいるのさ)

ばーちゃん

どうしても西の魔女が死んだを思い出しちゃうんだけど、モチーフにしたような形跡はないし、同じテーマを語る上で同じ存在感になっちゃったってだけの話だと思う。

なのでここでは西の魔女が死んだを既読でこっちをまだ知らないという人に対して「アイ・ノウ感がすごいんだって!読んで!」と誘うに留める。I know.

わかさぎのおひめさま

吹いた。そーゆー使い方するか!

追記

妙な書き方した、語弊があったかもしんない。

予感に満ちたと書いたけど、「予感を楽しめる」と言った方がいいかもしれない。

ジュブナイルにおける「旅立ち前夜を主題にする」的なお題の置き方あるじゃないですか、あんな感じ。エウレカのアオと言ってもいい。

いきなり12で完結しても、12が出なくても、もしくは12で10以前と同じ空気に戻っても、それはそれで。「予感を楽しむ」に関してはたぶん11でちゃんと締まってます。

また見てねー。